イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おでん大会!
体重が増えて困る~とか言ってる割には最近食べるネタばかりのような気もしますが・・・・。

今度は卓上鍋を使っておでんをしました~。冬と言えばおでん!しかもものすっごい寒いイギリスで、練り物系をたっぷり入れてのおでんなんてできると思わなかったぁ~。これもロンドン近郊の日本食スーパーのお陰です。
DSC_4135.jpg

こうやって苦労して食べると美味しさもひとしおのような・・・。といいつつ、大根や卵以外は全部買ったんだけど(爆)

子供たちも大根や練り物系なら食べられるので、あとは野菜とおにぎりを用意して放置。

れいなはお友達の名前を少しずつ言えるようになってきました。産まれたときから(お腹にいたときから)一緒だった幼なじみが数人いて、毎日のように会っている今日この頃(笑)。『○○ちゃんに会いにいくよー』と言うと「○○!」と連発しながら大はしゃぎ。外で会えばもう突進。

こんな友達がれいなにできるなんてすごく恵まれてるなーと思います。それに、私自身もママ友に恵まれて、大変な育児も何となくこなしながら、ここまで来られたような気がします。冷静に考えてみると、日本人ママばっかりで、イギリスに来てもうすぐ3年、現地の友人は一人もいません。これでいいのか!?

スポンサーサイト
page top
お米のその後
以前、近くの中華スーパーで買ったお米があまりにまずくて困っていると書きましたが、結局カレーやピラフ系に使っても使い切れない&炊きあがった匂いから嫌ということで使わずじまいでした。

友人がもらってくれることになり、捨てずに済みました。

そして代わりにおいしいお米!を探して奮発したのがこれ。

ライスワ●ンのオンラインショップで売っていた「ゆめにしき」。こしひかり品種で、イタリアで作られています。

kome_yumenishiki.jpg

いろんな種類が売られているので、今回は「高いもの」がテーマ(笑)ちょっとケチったってしょうがない。また痛い目にあうかも知れないし。

気になるお値段、5kgで£12(約2000円)。もっと高いものもあったのだけど、とりあえず試しということで。

味は・・・ものすごくおいしい!!! ほぼ日本で買えるお米の味でした。

でも5kgだからすぐなくなっちゃうんだろうなぁ。大切に食べなくては。
page top
ほうとうと秋の味覚たち
日本は朝晩涼しくなり、少しずつ秋めいてきたとか。イギリスは『少しずつ秋めく』ということがなく、9月くらいからがんがん寒くなり、今では最高気温が13度とか。朝はもっと寒い。とはいえ、葉っぱが色づいていたりして秋だなぁ~というか、寒くなったのねぇ~と目でも実感できる。

さて、イギリスのスーパーは日本よりも野菜/果物の種類が多い気がします。多分輸入物がとても多く、1年を通して同じものがあるからだと思うのだけど、それでもこの時期にしかお目見えしないのがカボチャと栗。

いわゆる日本のカボチャは" Squash(スクウォッシュ)"の仲間で、ラベルをみると"Green KABOCHA"という種だそう。いつも行くスーパーでもあったりなかったりの貴重品。この前見かけた時に4個買い占めました(笑)

サツマイモも sweet potatoはあるけれど、中がオレンジ色で、水分が多くてお料理にはイマイチ使えない。焼き芋にすらできません。と思っていたら、日本のサツマイモのようにちょっと細身で長いのを発見。White Flesh Sweet Potatoとのことで切ってみるとほんとに白い。日本のみたい。

サツマイモご飯と、サツマイモの煮付けをしてみたけれど、崩れることなく成功!日本のよりもホクホク感が足りないけれど、これでサツマイモも手に入ると思うと嬉しいな♪

さて。今日の夕食は「ほうとう」です。そういえば去年の今頃も作ったような。簡単なのに、なぜか1年間作らずじまいでした。 生ほうとう麺が実家の近くのスーパーに出回るようになって数年、ほうとうは我が家の冬の定番でした。

でもこっちだと乾麺すら手に入らない(当たり前か)ので、作ることにしたのです。
IMGP7541.jpg
ちょっと不格好だけど、ほうとうだからOK!

秋らしい食材で♪
IMGP7539.jpg

IMGP7543.jpg
薄味なら、れいなも食べられるので今日はみーんな揃って同じメニューです♪
page top
生?
秋といえば、いろんな食べ物が思い浮かぶ、食いしん坊な私ですが、この前スーパーで目の端に入っていた栗が気になって買ってみました。一人暮らしをしていた頃、実家に帰る時のご飯リクエストの1つが栗ごはんだったな~(笑)

栗を剥こうとカウンターにおいておいたら、ダンナがめざとく見つけて食べてました。しかもナマで!! 「栗は生でも食べられるんだよ」ってコリコリ・・・リスかよ(笑)お腹痛くならないの?

というわけで、ちょっとだけオーブンで焼いておやつに♪


IMGP7226.jpg


ほくほくで甘かった~。

そして残りは根気よく剥いて剥いて栗ごはんに!!ああ、日本に売ってる「生剥き栗」が欲しい!手も肩も痛くなりましたよ、次から次へと栗をむいて・・・。やっとできました。

IMGP7240.jpg


今晩のご飯は、栗こはん、肉じゃが、ふろふき大根でした。なんだか日本にいるみたい♪



↑ポチッと一票お願いします♪


page top
里芋と大根ゲット
IMGP7217.jpg


お友達が近所のスーパーに大根と里芋が売っていると教えてくれたので、早速買いに。野菜売り場の「エキゾチック」コーナーに置いてありました。エキゾチックて・・・大根と里芋は見栄え的にはエキゾチック落選。地味すぎるし。
大根はオランダ産らしかったけど、超!ひょろっとしていて日本じゃ売れない細さ。「大」根じゃない。そんなに土に栄養がなくてももっと太くなるだろうに。ブリストル市街まで行けば中華系のお店にもっと太いのがあるらしいのだけど、行くのがめんどい。なので近くのスーパーでも手に入るだけありがたいのでウハウハでかごに。里芋も10個ほど購入。

他のスーパーでも変わったものを買うとレジの人に『これなんですか』と聞かれる。変わった物って言ってもカボチャ。こっちの人はカボチャ=オレンジだからか、外側が緑だと同じ形でもアワアワしてしまうらしい。あとでレシートを見たらカボチャじゃなくて、「野菜」で打ってあった。だからカボチャだって言ったでしょ。

今回も大根を見て「コレなんですか」って。テキトーに『カブの一種です』って答えたら流されて台帳チェック。Mouliとかいう怪しげな名称がついていた。ムーリー? かなり違うイメージ。

今晩の献立は、里芋の煮っころがしとほうとう風豚汁。なぜ「ほうとう風」かというと、カボチャが入ってるから。

ダンナはほうとうが大好き。Ho-tow ってたった2音節なのに、名前は覚えられないけど。前回日本から帰ってきた時は、ささがきごぼうと生ほうとう麺を密輸。そりゃうまかった~。でもほうとう麺を手打ちする根性はまだないので、ダンナはうどんで代用。私は白米で食べました(笑)


↑ポチッと一票お願いします♪

父の日・ギフト・花束・母の日

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。