イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
サファリへ
週末はお天気がよかったイギリス、気温も18度近くまであがったとかで気持ちがよかったです。せっかくなので1時間ほど離れたところにある、Longleat Safari Parkへ行ってきました。

最近れいなが好きなDVDが、ベビーアインスタインのWorld Animals。以前虜だったDVDと比べて、野生動物が色々出てきて結構ダイナミック。

これとジャングルの絵本のお陰で動物のベビーサインもたくさんできるようになりました。
*ゴリラ
*サル
*ゾウ
*ライオン&虎(は同じサイン)

あと、動物の鳴き声をまねるのは
*ウマ
*犬
*牛
*ひつじ
*やぎ
*ブタ
*にわとり
*ヘビ
英語の絵本からおぼえたので、ウマの絵を見て何と言ったと思います?

「Neigh(ネイ)」です! 私も初めて知ったのだけど、ウマはそういって鳴くそうです。いや、ヒヒーンだろう・・・・。そのほか、羊はバーで、やぎがマー。絵本を見たときしか言わないものもあるけど、だんだん言葉が出てきてるんだなーと実感。

話がそれましたが、ネットでチケットを購入すると10月末までは15%オフということを発見したので早速購入。 Longleatはサファリだけでなく、Lord Bathが住んでいるお屋敷もあり、子供向けの遊び施設もあり、なかなかお得(れいなにはまだ早いものが多いけれど)。

サファリは日本のような車で進むところと、ちょっと車から降りられるところがあります(初めのところだけ)。

れいなは手をつないで歩くのが好き。
DSC_3613.jpg
「興味のあるものを見つけたらまっしぐらだけどね」

放し飼いの鳥を間近で見て釘付け。
DSC_3616.jpg
このあと、ロープが揺れてしりもちついてました(笑)

さて、本命のドライブスルーサファリ(笑)、ゆっくり進むのでれいなもカーシートから出しました。

DSC_3623.jpg
こんな風に窓に釘付けなのは・・・

DSC_3626.jpg
サルがいっぱいいたから!でも窓にサルが飛びついてきたられいなはビビってダディにしがみついてました(笑)

DSC_3640.jpg
Longleatにはこんなお屋敷もありますが、今回は時間がなかったのでまた今度にしました。私たちが購入したパスポートは、敷地内の全アトラクションにアクセスできて、しかも1日で回りきらなくてもいい、というもの。ちょっとお得な気分☆


スポンサーサイト
page top
通じないことには始まらないし
イギリスではParent & Toddler Group (親と未就学児の集まり)があちこちで開かれていて、予約制のもあれば、都合が合う時に行くことができるのもあります。教会や集会場のようなところで開かれることが多く、おもちゃや本が置いてあって、200-300円くらい払ってコーヒー付きというのが一般的。

れいなもよく行くのですが、そういうところで最近悩むのが言葉。私の希望としては、れいなには日本語もネイティブ並みに読み書き&しゃべりができるようになってほしいと思っています。これはとても大変なことだとは分かっているけれど、半分日本人だからって日本語も半分じゃあ困るな~って。

なので私はれいなに一切英語を使いません。というより、英語が口から出てこないという方が正しいかも。不自然すぎて英語で話しかけられない。1日のほとんどを私と過ごすため、今は圧倒的に日本語の理解度が英語の理解度を超えてます。

でも、悩むのがトドラーグループにいるときや日本語を話さない人とやり取りする時。おもちゃを譲ってもらった時にれいなは「ありがとう」のサインを自分ですることもあれば、私が「ありがとうは?」というとそのサインをすることもあるのだけど、そこで私が突然 “Say Thank you"って言ったられいなは「はん?」と思うだろうし、サインもできないかな~?なんて。 ダンナが"Thank you "って言うとれいなはありがとうのサインをするので、Thank you = ありがとう だということは分かっていそうなのだけど。

相手はありがとうのサインを見ただけじゃそれがありがとうの意味だというのは分からないので、私が何かいわないと通じないし、かといって私がそういう場面でれいなに英語を話すようになれば、これから学校に行ったりする中で「ママ英語分からないから、日本語で話して」作戦は使えないんじゃないかと思うし。

きっと考え過ぎなんだろうけど、日本語を話さない人の中にいるときは私もれいなに英語で話しかけた方がいいのかな~?でもれいなの英語理解度は日本語よりもずっと劣ってると思う。だから私に英語でいわれて余計分かんなくならないかも不安。

みんなどうしてるんだろう?

<本日のれいな>

DSC_3603.jpg
「私、パパとお出かけするの!!」 私のところに帽子とコートを持ってきました。

DSC_3604.jpg
置いていかれて怒りに任せてバッグを投げたれいな。このあとバッグを蹴りました!

page top
離乳食完了~幼児食へ・・・
れいなは5ヶ月半で離乳食を始めて以来、偏食もアレルギーも特になく、もりもり食べてくれてとても助かってます。

最近では取り分けもできるので楽になってきたかな~と思いつつ、やっぱり味付けや調味料が気になって外食するときはレトルトものか家から作って持参してます。外食ものでも、ソースは外したり、お湯で薄めたりすれば大丈夫なのかな?

日本の離乳食の本では「1歳半くらいまでに離乳食を完了し、幼児食へうつりましょう」とあって、かつ「幼児食も引き続き薄味で」ってなっているので離乳食と幼児食の違いがよくわからない私・・・。

イギリスではもっと大雑把というか、「薄味」とか「味覚を育てる」とかいう感覚はないみたいで、前に読んだ冊子では「1歳にもなればあなたが食べてるものと同じものを与えられるようになります.これで楽になりますね♪」って。友達がどこかで読んだ記事では、子供はまだ味覚が確立されていないから別に良質のものを与えなくてもいい、みたいに書いてあったらしい。子供にこそいいものを食べさせなくちゃ将来的にダメなんじゃないのか?!

イギリスの外食=家庭の味とは言わないけれど、それでも天と地ほどの差はないはず。そう考えると・・・味,濃くないか?!?! 義母が作るマッシュポテト、おいしいけれど見ていると入れてる塩とマーガリンの量が半端ない。それにどっぷりグレービーをかけて食べる家族達・・・れいなにはまだまだ取り分けしたくない。

ちなみに本日の夕食。ちょっと手をかけました(これでも・・・)
DSC_3591.jpg

*ごま塩ご飯ボール
*青のりと桜えびの出し巻き卵
*蒸しズッキーニ
*蒸しカボチャマッシュ
*フルーツカスタード
ちょっと色合いが寂しいけど、完食してくれたのでママはハッピー♪

こっちのパブやレストランのお子様メニューも 「フィッシュ&チップス」とか、「ソーセージ&マッシュポテト」とか・・・・もっとお子様プレートみたいに、主食とおかず・野菜ってバランスよくできないものか?!っていうのは求め過ぎ??

というわけで、どうやって離乳食→幼児食→ママ達と同じものを食べるって持っていけばいいのか・・・悩み中です。

そんな悩み中の私を尻目に・・・
DSC_3592.jpg
「何むずかしい顔してるの?一緒に踊ろうよー(おかあさんといっしょを観てます)」

静かにしてると思ったら、いろんなものを引っ張りだしてすごいことに!
まあいつもこんなだけど(笑)
page top
サルと何とかは高いところがお好き?!
ロフトからものを出そうとダンナがはしごを置いたところ・・・
DSC_3564.jpg
突然がんがんのぼり始めました。

DSC_3565.jpg
「まだまだ行きますよ」

結局自力で上まであがりました。そしてダディの懐中電灯(といってもデカイ!懐中には入りません・・・)を持ってご満悦。

DSC_3575.jpg
「ママ、あそこに何かいるよ~」

このはしご、屋根裏のロフトに入るためのものなので結構高いんです。
どれだけ高いかというと、
DSC_3577.jpg
これくらい。187cmのダンナが余裕で通れるドア枠にこんなに接近!

歩くのがしっかりしてきたので今度は上に行きたいらしい・・・公園でもどんどんいろんなものに登るので見てるこっちがはらはらです。

ところで9月29日は結婚記念日でした。平日だったし、プレゼントもなしでいいね、と話していたのだけど、ダンナはきっと何か買っているだろうと思い、ダンナの好きなアップルパイを焼きました。
早く帰ってきたダンナ、やっぱりチョコレートとシャンパンを買ってきてました。よかった、プレゼント用意しておいて(笑)

最近れいなが寝たあとは私が翻訳をしているため、私がダイニングテーブルに座っていて、ダンナがソファに座ってそれぞれネットというパターンがほとんど。その後も私はネットを続けてることが多いので、夫婦の時間が全然ないことを反省。 れいなが産まれる前は仲良かったんだけどねぇ~とダンナもよく言ってます(苦笑)

でもれいな中心の生活になってて、夕食~れいな就寝は怒濤のように過ぎていくし、その後洗い物をしなくちゃいけないし(ダンナもちゃんと手伝ってくれてますv)・・・と毎日心の中でいいわけしつつ、一番なりたくなかった「お母さんとお父さん(妻と夫ではなく)」になってしまってるなぁとちょっとショックを受けてます。

何か秘訣はないかなぁ?


page top
子供って・・・・って私もか?
子供ってものすごい寝相で寝ますよね。気づいたらベッドの中で180度回ってたり。
なのでスリーピングバッグがものすごく重宝してます。今はまだそこまで寒くないので肩のパッチンボタンをしないで横のチャックだけ閉めてるのだけど、気づくと脱出してる(笑)

というわけで今日はギリシャで撮影したれいなのおもしろ寝相です。

DSC_3543.jpg
ギリシャにいる時にあまりに砂浜が熱くて、偽クロックスを購入。本物クロックスでサイズもぴったりのがあったんだけど、€30(約4600円)もしてて、イギリスで買うよりもずっと高い!というわけで€6(約900円)のちょっと大きめの偽物(しかも色がピンク・・・)にしたのです。

話がそれましたが、れいなはその靴を気に入ってしまい、即日『靴』のサインをマスター。朝起きるとすぐに『靴』のサイン。シャワーのときも脱がせると激怒、シャワー出て足を拭くために脱がせても発狂・・・というわけで寝る時もお昼寝のときも履いたまま。寝てから脱がせてました。

ボールもお気に入りで、『ボー!』を連発。一緒にベッドへ・・・。誰も取らないって。

そして極めつけはこれ。ダンナが笑って呼ぶから見に行ったら・・・
スーパーマン
スーパーマン。飛んでます。

真っ暗だったのだけどどうしても撮りたくて、起きるの覚悟でフラッシュ撮影(笑)
隣にはもちろんボール。

私も結構寝相悪い(れいなのスーパーマンの足の形はいつもやるし、腕も上に投げ出してたり頭の後ろで組んでたりすることしょっちゅう)ので遺伝かな?そういえば母も結構面白い寝相で寝てたような。
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。