イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
止めないのは悪いママかしら・・・
だいぶ前からやっていた遊びに新たな動きが加わりました。

まずソファにのぼって・・・窓際にのぼり、座ります。
DSC_0204.jpg

そして体勢を整えて・・・
DSC_0205.jpg

ジャーンプ!!!
DSC_0206.jpg

DSC_0208.jpg
「満足じゃ!」

前は窓の外を見るために立ち上がるだけだったのですが、最近このような遊びを編み出した様子。半年くらい前に自分でのぼるようになって、さすがに怖いので周りをクッションで防御して、近くでみてたのだけど今まで一度も落ちたことがありません。

でもやっぱり心配なのでとりあえずこれをやってるときは近くについてますが、本人は全然気にすることもなく、「もー(もっと)」と言っては繰り返してます。

天気が悪いとき家にこもりっぱなしで体力も使わないだろうからこれはこれでいいのかな~・・・なんてのんきに構え過ぎ??

※一日家にいたので布おむつだったため、タイツのみで過ごしてました・・・


スポンサーサイト
page top
つもった~!
結局1日降ったりやんだりで朝起きたら少し雪がつもってました。イギリス各地では電車/バスが不通になったり、全国で3000校が休校したりと大騒ぎのようですが、うちの周りはせいぜいくるぶしまで積もったかな?くらい。北部やロンドンの方では40cm積もったとか。

でもさ・・・私が子供の頃は雪が膝とかまで積もっても学校はあったし、先生たちもちゃんと学校に来てたけどな~。こんなんで休校なんて甘いと思うのは私だけ?子供の頃にコロラドに住んでたことがあったのだけど、そのときの積雪は学校が閉鎖になっても仕方がないくらいのものだと思ったけど・・・

ところで、今日はいつもなられいなのトドラーグループの日なのですが、朝からでかけないといけないため、道路が凍結してたり、もらい事故があったりすると嫌なので家にいました。

その代わり、お天気がよかったので向かいのフットボールグラウンド(といっても地元の草サッカー場だけど)にれいなを連れて行きました。

こんなに雪が降ったのはれいなにとっては初めて。昨日は雪の舞う中嬉しそうな顔で手を出していたけれど今日はどうかな?

DSC_0193.jpg
「まぶしいよ~」

グラウンドのサイドにあった小屋みたいなところに一時避難。
DSC_0199.jpg

かと思ったらあっという間にはるか彼方へ。
DSC_0201.jpg

20分くらい遊んで帰ってきましたが、本人も楽しんだ様子。でも雪遊びのために防水セットを着せて、長靴ライナー&長靴を履かせ・・・帰ってきて脱がせて・・・と準備と後始末が大変でした~。やっぱりパパが家にいるときに一緒に出かけた方がラクチンだなぁ。せめて庭があればよかったのにな。

でもそのお陰か、今日は1時間以上お昼寝してくれたのでママも自由時間がもらえました♪


page top
嵐の前の?
産まれてから数ヶ月間のれいなはまさに悪魔の申し子、Baby from Hellのような子でした。なんたって抱っこしてないと5分と寝ず、出産2日目で退院してきた私はれいなを抱いてソファにもたれて寝ること2晩(添い寝という発想がなかったのです、このときは)。傷も痛むし散々なスタート。

その後も抱っこしてれば何時間でも寝てくれるのに、置いたら最後5分で起きるし、友達のところに遊びに行っても抱っこしっぱなしの日々。 夜も抱っこしてゆらゆらして・・・が1時間とか。置いたら起きちゃった!とかも当たり前で初めの数ヶ月は大変でした。

それが4、5ヶ月あたりからベッドでも寝るようになったり、置いておいても遊んでいられるようになったり、トントンしてあげていればベッドの中で寝付くようになり・・・8ヶ月頃にコットトレーニングをしたときも初日から難なく寝付いてくれて楽になりました。

今ではお昼寝は誘うとコットに持ち込むおもちゃやぬいぐるみを抱えて自らベッドルームへ。今日なんかおもちゃを入れてから 「プップ」とお尻をたたくので試しにおむつを替えてみたら・・・してました!!そしてコットに入れられたれいな、40分ほど遊んで、寝られなかったと見えて私を呼び出したので救出(笑) お昼寝は最近こんな感じで寝付けばラッキー、寝付かなければ救出に行く感じです。

夜も本を読み終えるとアンパンマンを抱えてベッドルームへ一目散。お休みを言ってスリーパーを着せたらあとはもう寝付くまで泣きもしません。 このまま朝まで約12時間、ぐっすりです。楽になったもんだ。

例のお年頃になりつつあるので自我が出てきてるとはいえ、昼間もかんしゃくを起こしたり、だだをこねたりすることがほとんどありません。

今日もミッドワイフの検診があったのだけど、約20分私が採血されたり、ミッドワイフと話してる間もおもちゃで遊び、「帰るよ~」と声をかけたらおもちゃをしまって手をつないで退出。

無理に何かやらせようとすると思い切りのけぞったり泣いたりすることはするので、よっぽどのことがない限りなるべく誘ってれいながその気になるようにはしてるからなのかも知れないけど・・・

それにしてもここまで私の「NO」を聞き分けてくれるのも何だか怖いような気がしてます。今まで厳しすぎたのかなぁとか考えちゃったり。

それとも、2人目が産まれたら赤ちゃん返り大爆発&ちょうど魔の2歳児にさしかかるのでそれも大爆発のダブルパンチを食らうのかしら・・・れいなが今とてもいい子で扱いやすいのはもしかして嵐の前の静けさ???

何だかれいなのいい子っぷりを素直に喜べない母なのでした・・・。

みんなで食卓を囲めるように、ハイチェアを卒業してブースターチェアを椅子につけました。
れいなもこの方が楽しそう。
DSC_0190.jpg

この方達がれいなのお供。寝るときも起きてからも一緒。アンパンマンは特別待遇なのでお出かけにも一緒についていきます。
DSC_0191.jpg




page top
やっぱりこれでしょう!
天気がよかった土曜日、近くにあるNational Trustの1つ、Dyrham Parkへいきました。

年間会員なので、特別イベントなど以外は入場無料なのですが、冬は邸宅やカフェなどが閉まってる場合がほとんど。ここも例に漏れず、公園(といっても邸宅を囲うだだっ広い敷地)が開いてるだけでした。でもれいなにはそれでも十分。

木の枝に座って見下ろしてみたり、
DSC_0108.jpg

ダディの帽子を奪ってみたり、
DSC_0103.jpg

脱走してみたり(笑)・・・
DSC_0145.jpg


でも何と言っても一番楽しかったのはこれみたい。

DSC_0170.jpg

ダンナは「おい、いいのか?」って聞いてきたけど、防水具一式着てるんだもん、子供にこれをやらせてあげなくてどうする!

この笑顔を見よ(笑)
DSC_0178.jpg


でもどうか普段着のときにはやらないでね~

page top
子供は風の子!!
このところ、イギリスはちょっと暖かいです。といっても日本のみなさま、こちらは最高気温3度とか5度とかです・・・。父が「今日は15度くらいだったよー。明日は寒くなるんだって。9度とか」と言ってましたが、ああ、日本に帰りたい~と思ってしまいました。暖かいんだろうなぁ。

日が出てるときはなるべく外に出て(ちょろっと散歩でも)れいなを太陽に当てようと思ってるのですが、やっぱり寒くてすぐにへこたれちゃってます。。。

DSC_0045.jpg
親子で何だか情けない顔をしてます・・・

とはいえ、こんな満面の笑みだとつい公園にも連れて行きたくなっちゃう。
DSC_0049.jpg

子供は風の子っていうけど、ほんと手が冷たくなってもほっぺたが真っ赤でも全然帰ろうとしないんですね~。私の方が『早く帰ろうよぉ』状態です。

来週もちょっとでもお天気がいいといいな。

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。