イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
なんでいつも
再び日本に帰ってきました。事情が事情なのであれなのですが・・・。それは置いといて、最近フライトで隣に座る人が変な人なことが多い。

11月に帰ってきた時には、イギリスへの帰りの便で隣になったイギリス人風の人が変な人。どう変かと言うと、2人席だったから座る時に目が合ったので一応目配せというか挨拶というかをしたのだけど、速攻無視。あら、外国の方なのに珍しいわ、と思い直して座ったのはいいのだけど,一番前の席だったのでテーブルが肘掛けの中。

彼は即座にその上に肘をかけて眠り始めた。なのでドリンクとナッツはテーブルなしで済ませたのだけど,食事の時はさすがに「この中に私のテーブルがあるので・・・」と言って起こしてみた。なのにテーブルを出した瞬間に肘をガーン!と乗せてまた寝始めた・・・むむむ!!そのおじさんは食事にもいっさい手をつけない割に、ノースウェストからもらったらしいおせんべいおつまみみたいのをぽりぽり食べてた。10時間フライトなのに・・・。結局私のテーブルは常に出しっぱなしで邪魔でした。

そして昨日のフライトでは,ひたすらお酒を飲みまくる外国人。まずはジントニックが「ジン」と「トニック」に分かれて出されず、初めから乗務員が混ぜてきたことに文句をいい、さらにがんがん赤ワインを頼んでは「呼んでから30分もするのになぜ来ない」と文句を言う。そんなことはありません、さっき飲み終わったばかりじゃん。呼んで5分くらいしかたってないじゃん。

あげくの果てには自分でワインをこぼし、「30分も呼んでるのに誰も拭きにこない」って・・・こぼしたばっかりでしょ、しかもまたお代わり?しまいにはチーフパーサーがきて「かなりお飲みになっているようにお見受けしますのであと30分くらいしてからお持ちしようかと思いますが」といわれたら、このおじさんは何と言ったか?!

「最後にワインを飲んだのは2時間前だ」

そこに半分こぼしたワインはさっき飲み始めたばかりでは?!?!あなたの目の前にあるのは何ですか?

吐く息も臭いしクレーマーだしとても迷惑。

結局は最後に出される朝食とともにまたしてもワインを頼んでた・・・なんなの?

今度のフライトではどうかまともな人の隣に座れますように・・・。
スポンサーサイト
page top
25kg+更なる荷物のその後
日本からこちらに戻ってくるときに行きは11kgだったスーツケースが25kgになり、さらに入らなくて特大エルベももって帰ることになったと書いたけれど、チェックイン時のその後のお話をちょっと。

KLMだったのだけど、どっこいしょと両方乗せたらなななんと、28.8kg! が~ん、これはきっと超過料金取られるな。でも5時間アムステルダムで乗り継ぎがあるし、なるべく身軽にいきたい私。

やはりお姉さんは「あ~」という顔をした。「20kgまでですので・・・」と言いかけた彼女に畳み掛けるように「あ、でも私シルバーエリートクラス(マイレージのクラス)なので」と食い下がる。でもシルバーでも25kgまでなのでどっちにしても 4kg弱の超過料金を取られたら2万は超える。

やはり答えは「それでも3kgオーバーですので・・・」

しかしここからが今までと違った。「では手荷物をちょっと拝見しますね~、シルバークラスだと12kgまでOKなので、エルベの分は手荷物持ち込みと仮定して今回は超過料金なしにしますね。」だって!

すごすぎる。シルバーエリート会員のなせる技か。あと2000マイルでゴールドになれる。ゴールドは30kgまでOKな上、ラウンジも使えるので5時間の時間つぶしももうちょっと快適になるだろう。ってその前にどっかの移民のようにどっさり故郷からものを買って帰るのをやめるべきなのか?
page top
モルジブ報告ーその2
家族でモルジブに行って以来、新婚旅行はモルジブの水上ヴィラとずっと思っていたので、願いが叶ってとても幸せ。

こんな夕日やこんな夕焼けがヴィラのバルコニーから毎日見える。

sunset.jpg


20061010203920.jpg


挙式の前に彼と2人でスパに行ったのだけど、スチームルームと外にあるバスタブでリラックした後、2時間みっちり全身マッサージしてくれて、思わず寝てしまった・・・
spa.jpg


ヴィラとレストランはちょっと離れていて毎日お散歩気分。リゾートは砂に覆われているので裸足で歩いている人も多い。ちょっと写真はぼけているけど足下にいたのをみつけたヤドカリ。結構大きかった!
20061010203905.jpg

page top
モルジブ報告ーその1
モルジブから帰ってきました☆

式は期待以上のものとなり、滞在したリゾートはこれまで泊まったどこよりも良かった♪
天候にも恵まれて、11日間を夢心地で過ごしましたー。

というわけで、報告第1弾は滞在した水上ヴィラについて。76室のうち30室が水上ヴィラで、海が見えるバスタブ、海に突き出たバルコニー、バルコニーからじかに海に入れるなど、本当に至れり尽くせりのつくり。

海からみたヴィラたち。
villa5.jpg


バスタブからの眺め。夕日も見える。
villa4.jpg


Four poster bed。天蓋もどきの造りになっていた。
villa3.jpg


サンベッドの他に、こんなソファも。庭に欲しい!

villa.jpg


黒い影、実はエイなんです。手が届きそうなところまで泳いできます。足下にはフグやサメもいました。

villa2.jpg

page top
バースへ行ってきました。
引っ越しが延びて(さらに延びて9月末に入れるか?な状況・・・)しまったので平日ダンナにくっついてブリストルにホテル住まい。暇なので隣の街のバースへ行ってきた。

バースはとってもきれいな、まさに「イギリス」なところ。コンパクトにいろんなものが詰まっている。

IMGP5667.jpg

↑後方の橋は、フィレンツェのベッキオ橋みたいに、内側にお店が並んでる。

24時間乗り降り自由な観光バス(1800円くらい)に乗って説明を聞きながらメインなスポットを見て回った。ブリストルでもすでにやったけど、気になったところで降りてまたバスに乗れるから結構いい。

IMGP5668.jpg


↑大聖堂。大きすぎて全然写真に入らなかった。


IMGP5670.jpg


小さいお店がいっぱい入ってるマーケット。

これからもいろんな街を回ってみようと思っているものの、車の方が楽だからついダンナに頼ってしまう私・・・
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。