イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
卵爆発事件
夕食を作っていたときのこと。全ての用意を済ませ、あとはゆで卵でも・・・と思ったそのとき、悲劇が襲うとも知らずに伊藤家の食卓か何かで観た”ゆで卵をレンジでチン”をしたのですがこれが大失敗。

いつも通りコップに水を入れ、卵を殻ごと入れてレンジに。8分かけて部屋で他のことをしていたら爆発音が!行ってみたらレンジのドアが開いており、冷蔵庫と床と玄関(1Kなので)が卵の破片(と水)まみれ・・・・

ぬおおおお しかも臭い。夕食お預けで拭きにかかったはいいけれど、あちこちから水と破片がたれてすごいことに。

部屋は卵臭いし、夕食は冷えるしゆで卵は食べられないしで散々でした。

でもなんでいつもうまく行くのに今回はだめだったんだ??と数日考えていましたがたったさっき気づきました。いつもは卵をアルミホイルに包んでいたのでした・・・・

卵をそのままレンジにかけるのはもっと危険ですが、アルミなしでも爆発します。レンジのドアが開くほどに・・・・のぞいてなくてほんとよかった

スポンサーサイト
page top
友達って
イギリスへ発つ前に会おうと言ってくれる友達が何人もいて嬉しい限りです。今日もかつての同期とランチしました。彼女は型にはめられるのが得意ではなくて、自分で事業を始めて頑張っている子。事業をおこしてそれを大きくしていくのにはやっぱり根性がいると思うのに、彼女はいつものほほ~んとしていて、苦しいっていう感じがない。仕事の話、たわいもないいろんな話をして元気をもらってきました。

これからもよろしく、です。
page top
引っ越し第1弾
今日UKの引っ越し先に船便を送った。そのための箱をオンラインで購入下はいいけれど、”特大”がでかすぎた!確かに特大が良かったの、ちゃんと計って買ったの、でも・・・この大きさは何だぁぁぁ

郵便局が取り扱ってる船便の最大重量は30キロ。この箱の大きさだと余裕で超えてしまう・・・・というわけで箱縮小作戦! 弱っちいカッターで頑張って切ってみた。形がちょっとぼこぼこしてるけど・・・とりあえず縮小してつめました。

集荷に来てくれた人に計ってもらったら25キロと27キロ。セーフ! 合計25000円でした。2か月後、UKで受け取るときにちゃんと箱の原型を留めているといいけれど・・・・
page top
リニューアル!
12月にイギリスに引っ越します。というわけでちょっと気が早いけどブログのタイトルも変えました。イギリス北部、ヨークシャー地方へ引っ越すのでこのブログ名です。今後ともよろしくお願いします。
page top
Between a rock and a hard place
以前TVで取り上げられていたらしく、見た方もいると思いますがアメリカのユタ州にクライミングへ行って落ちてきた岩に右手を挟まれたAron Ralstonさんが脱出するまでの自伝を読みました。邦題はアーロン・ラルストン奇跡の6日間。

単独で出かけた、ぎりぎりまでどこにいくか決めていなかったためいつもなら友人に行き先を告げるのに告げずに出かけた、など不運が重なったとも言える事故。それでも強靭な意思と冷静な分析力で生き延びるためのオプションを1つずつ試していく。岩をどけようとしたり、救出がくるまでには最低何日かかるかを計算したり、生きようとする意思がとても強い人だと思いました。

本のクライマックスはもちろんいかにして脱出したか。あまりに重すぎる岩はどけられないことを悟った彼は最後には想像を絶する行動に出ます。あまりにリアルな描写なので想像しないようにしながら読みました。自分と向き合うための経験になったと彼は書いているけれど、生きていることを感謝し、周りの人たちにも感謝しながら一生懸命自分の人生を生きようと思わせてくれる本です。

page top
耳鳴り
ハッピーでもラッキーでもない出来事が・・・3日前から突然耳鳴りがし始めました。どんな感じかと言うと、耳鳴りのする方の耳だけ塞がれた感じ&扇風機に耳を近づけたときに聞こえる”う~ん”と言う感じの音がずっとしています。個人差があるんでしょうけどね。
病院で検査したら耳鳴りの耳だけ聴力低下、神経性のものだろうとのことで、血行を良くする薬をもらいました。

でも通訳という仕事上、“聞く”ことは避けられない・・聞こえない側の耳の方に座っている人と私の間に音を発するものがあるとびっくりするほど聞き取れません。しかも今日からヘビーローテミーティング開始。朝から夕方までぶっ続けでやるはめに。終わった頃には耳鳴り度アップ・・・どうなるのでしょうか、私の耳は・・
page top
ラベットラ・ダ・オチアイ
言わずと知れた、予約の取れないイタリアン、ラベットラ・ダ・オチアイへ行ってきました。奇数月の第3日曜日の正午に電話予約開始という恐るべきレストラン。何とか夜9時の予約ゲット。 

お店はこじんまりしていたけれど満員。聞いていたように、前菜・パスタ・メインそれぞれ選ぶのに困るくらい選択肢が多い。前菜は白レバーのパテとサラダ、パスタは牛ほほ肉の赤ワイン煮のリガトーニ、メインは的ダイのムニエルをオーダーしました。パテは滑らかでしっかりレバーの味、パスタは赤ワインがちゃんとお肉にしみていて、歯ごたえのあるパスタとマッチしてました。メインがいまいち・・かなぁ。前菜とパスタ、パスタでもいいくらいかも。

6300円のワインを頼みました。メニューにないのを出してもらったのですが、癖のない、でもしっかりしたおいしいワインでした。

スプマンテのハーフボトルも頼んで2人で16000円なんてびっくりするくらいお手軽・・・なのに予約が取れないから手軽に行かれない・・・
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。