イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
帰国してまだ一度も
毎日のように行っているスタバに行っていない、ということに気がついた。 なんでだろう。何でか思いつかない。いつもは通りすがりにもふらっと入って飲むのに。

飲むといってもいつもラテだけど。甘いやつとかフラペチーノも飲みたいんだけど、お試しサイズくらいで十分なため、ショートでさえ頼んだあとに必ずラテを頼んでしまうのでお金がもったいない。

そういうときはいつもダンナを誘惑して彼に甘いやつを飲ませて、私はそれを味見☆ むふふ

そろそろスタバ行ってくるか!
スポンサーサイト
page top
挑戦?
高校以来ずっとお願いしている美容師さんがいる。今や母も妹も、友人も通っていて、私も12月に渡英以来髪を切らずに日本に帰ってくるのを待っていた。

9月末に式を挙げるため、髪は揃える程度にしてもらったのだけど、長年のよしみで(?)今回お願いしたのは「アップのやり方」。モルジブでやるのだけどヘアメイクさんがいないため、自分でやらなければならない。

電話でお願いしたときには苦笑い混じりの「いいですよ」の返事。
それはなぜかというと、私はブローすらできない髪不器用だから・・・。昔から「ブローしなくても内巻きに入るように切って」とお願いしてきたため、ばれていたよう。

夜会巻きの伝授をお願いしたのだけど、「もっと簡単なやり方を考えといたよ。カーラーもいらないから」って。ずいぶん考えてくれていたらしい。

どれだけ不器用なんじゃ~!

でもほんとに不器用なんです。髪が多いのもあるんだけど。
今日から毎日練習します。
page top
同窓会第4弾☆
大学時代のサークル仲間とランチ。キハチカフェで久しぶりにパスタを食べました。でもパスタよりも前菜の鴨のサラダがおいしかったかな。10年熟成のバルサミコドレッシングが甘くて美味でした。

彼女はその頃からつきあっていた彼とこの秋結婚予定。同じサークル仲間としては2人が結婚することはとっても嬉しい限り♪ 私の結婚パーティーの翌週に結婚式をする彼女なのだけど、何とかして再来日して出席したいものだと今から企てることにしました。

色白できれいな彼女のことだからきれいな花嫁さんだろうな。私はモルジブ帰りでパーティーをやるため、ガングロならぬ全グロであること間違いなし・・・。

page top
同窓会第3弾☆
またしても2人ランチだけど。昨日会った M とも一緒に働いていた頃の Y ちゃん。出張前とのことでランチをすることができた。

Y ちゃんおすすめの CHAYA @ 伊勢丹へ。マクロビのお店とのことで、コースを頂いた。お野菜のおいしいこと♪ やさしい味がして、体がリラックスしてる感じ(言い過ぎ?)そして手に筋が立つほどナッツゴロゴロで切れないナッツタルトをデザートに頂いた。ほんと、切りにくかった!

Y ちゃんはとっても魅力的な女の子で、生きることを一生懸命しているなといつも感じる。そして楽しそう。悩むこともいっぱいあるのにキラキラしてる。そんな私は彼女のくるくる動く瞳と唇に引きつけられてしまうのでした~。

やっぱりgirl's lunchは楽しいわ☆
page top
あわわわわわ・・・
母は実家をリフォームする際、お風呂に凝った。1つはジャグジー付き、もう1つは総檜風呂(これは元からあっただけ)。バスタイムのリラックス♪と思いジャグジーでバブルバスをしようとた~っぷり入れてスイッチON!

ええええええええええええ・・・・。大変なことになってしまいました。
どうやら気合いを入れて液体を入れすぎたらしく、こんな状態。
(何でか知らないけど写真がどうしても縦にならず・・・)

IMGP5460.jpg



しかもこの泡、卵白のようにしっかりしてて全然消えない。
リラックスできた一方、泡を消すのでまたストレス発生なのでした。
page top
同窓会第2弾
同窓会と言っても前の会社で通訳の同僚だった M ちゃんと2人でのランチ。M ちゃんとは河口湖Runや三浦のハーフマラソンのお仲間に入れてもらったこともある走りつながりでもある。

6月末に女の子を出産予定の彼女、とても小柄な体にお腹がぽこっとくっついていた。M はとっても元気そうで、お腹のチビちゃんともとっても幸せな関係を築いているようだった。

結婚のお祝いにカトラリーセットを頂いた。想像していた以上に豪華なセットだった♪ 日頃に使うのもったいないよー(笑)重かっただろうにありがとう!大事に使います☆

M の話を聞いていたら私も赤ちゃんが欲しくなってしまいました。ママと赤ちゃんのつながりってパパにはない特別なものが絶対にあると思う。女の子に産まれてきてよかったなーと改めて思ったのでした。

元気な赤ちゃん産んでね~☆☆
page top
ハメハメハ
母が入院中のため、実家に帰ってきたというのに3度の食事&洗濯アイロンをしている私。今日は窓を開けてアイロンをしていたらどこかの小学校の運動会の練習が聞こえてきた。

テーマ曲はハメハメハらしい。家は高台にあるためか、歌詞や先生の指示まで聞こえてくる。『ハメハメハー♪ハメハメハー♪ハメハメハメハメハー』

「はい、『ハ』ははっきり!」「離れて、離れなさいっ!」と先生の必死な声以上に気になったのがハメハメハ大王の子供たちの登校態度。多分2番だと思うのだけど、ハメハメハ大王の子供たちも名前は『ハメハメハ』で、学校があまり好きではないらしく、『風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休みで』という全くもってなっていない子供たちらしい。

昔NHKのみんなの歌でやっていたなーと思いながらすっかり聞き入ってしまった。おかげで1日中頭の中でこの曲が回っておりました。

ちなみに退場の曲は「ひょっこりひょうたん島」まあ、流れとしてはいい感じかも知れないけど・・・。どうなんだろう。

それにしてもどんな振り付けなんだろうか。とっても気になる。
page top
今度は親知らず
歯医者さんに歯石を取ってもらいに&虫歯チェックのためにいってきました。子供の頃から家族ぐるみでお世話になっているお医者様なのだけど、お願いしても麻酔をあまりかけたがらない。それはそれで結構いいと思うのだけど私は麻酔依存派なのでいつもさけていた。

とりあえず今回は大丈夫だろうと思っていってみたら、「あらあら親知らずがありますねー抜きたいねー」だって。親知らずが痛んだことがなかったため、私には生えていなかったのではないかと思っていたら、ちゃんと出てきていたらしい。

「歯磨きできないところが絶対に虫歯になりますので抜きましょう~(にっこり)」と恐ろしい台詞が。「ええええええ。そんな心の準備してきていません(びびりすぎ)」とすがってみた。

さすがに親知らずを抜くときくらいは ばっちり麻酔をかけてくれるだろうと思うけど、この先生は『痛かったら言ってね』といいつつ、痛いと言っても『まだ大丈夫』『ほーら、大丈夫だった』と麻酔をかけてくれないお方なので何をされるか分からない。

妹はアメリカで全身麻酔で一気に抜いたらしく、それを聞き知っていた先生は「さすがにそういうことはイギリスではしないだろうからもう少し待ってみても大丈夫ですよ」とのことで何とか恐怖のスプラッタ劇は避けられました。

はーよかった。その他はきれいですって言われたので一安心。
page top
足にコブ
年末から右足の親指の付け根当たりにこりこりしたコブができていました。小豆より小さかったのに、今では枝豆の大きい粒くらいに。もともと激しく外反母趾なのと、週2、3回走っているからそれを防ぐどころか煽っているんだろうけれど、痛くないしイギリスで病院にいっても「はん?」とお家に帰されるのではと根拠のない不信感のため日本に帰ってくるまで放置していた。

この年で半年放っておいてもまだ生きているということはガンではない(何かあるとすぐガンと騒ぐ私)だろうということであまり焦ってはいなかったし。

そして本日病院へ。「あー”ガなんとかかんとか”ね」とお医者さまはあっさり。”ガなんとかかんとか”の本名は忘れた。病院出るまで覚えてたのに。要は筋に水がたまってゼリー状になったものらしく、「大きくなったら針入れて水抜けば大丈夫」とのこと。

「針入れて大丈夫」って!大丈夫じゃない!もちろんその必要性は緊急ではないことを3回くらい確認したのはいうまでもなく。

今後このコブと生きていっても何の問題もないらしい。自分がじゃまじゃなければ。右足に発生したこのコブ、50年後にはどれくらいの大きさになっているのかしら・・・。わたくし、共生することにいたします。

page top
同窓会第1弾☆
日本に帰ってきてやっとお友達と会うことができました。
記念すべき第1弾は中学高校時代のFB仲間。2年ぶり?くらいに会ったのだけど、やっぱりすぐに昔に戻れるのが嬉しかった。

ピザのおいしいレストランで6時から10時までしゃべり倒し!あっという間にすぎた楽しい時間でした。まだまだしゃべっていたかったくらい。

結婚のお祝いをもらっちゃいました♪ どうもありがとう!向こうでは写真を飾ることも多いので是非使わせていただきます。ハート形のチョコレートは彼に分けないで食べちゃえ~と思ったけど、彼の好きなホワイトチョコだったのでもって帰ります(何ていい妻!)

IMGP5444.jpg



Yは臨月で、イギリスに戻る前に赤ちゃんに会えるかも!?と期待している私。Yちゃん、頑張って産んでね☆
page top
にこにこ&あっさり
今日ダンナ(むふ。まだ慣れない☆)が先にイギリスに帰国した。成田空港に送りにいったのだけど、去年遠距離をしていた頃の悲しい見送り(されるのもするのも)とは打って変わって結構あっさりだった。

成田エクスプレスの中でも、「あと2時間でまた離れちゃうんだ」みたいな気持ちもなく、ふつーにお出かけしてる気分でおしゃべり。出国ゲートにいく前に空港内をぶらぶらして、時間になったから「じゃあイギリスでね☆」と別れを告げて(詳細はご想像にお任せいたします)彼は帰国の途についたのでした。

去年の11月にも日本に遊びにきた彼を見送ったのだけど、12月に私がイギリスに引っ越すことになっていたので、「もう空港で見送りはなくなるね」と話していたことを思い出した。「あのときの言葉嘘じゃーん」とお互いに笑い合ってのお見送りになりました。

3週間会えなくなるのは寂しいけど(しかも新婚なのに!)私の母の体調も実は思わしくないため、親孝行をしっかりしておこうと思うのでした。

page top
第1ステージ続きがありました
第1ステージはまだ完了ではなかった・・・。市役所で特別婚姻受理証明書なるものをもらって、ビザ申請をするというシメをすっかり忘れていた~。

英国大使館では婚姻受理証明書でも賞状形式のものしか受け付けないとのことで、入籍から3日後の今日、市役所に取りにいってきました。ほんとに表彰状の紙に「誰々と誰々が結婚したことを証明します」というのが書いてある仰々しいものだった。賞状を入れるケースまでくれるというので、大使館に送るのでといってお断りしておいた。

今まで用意してきた書類一式とともに封筒に入れ、申請費£260に相当する54,600円を同封し、現金書留で発送。これで大使館側が書類のチェックをして、問題がなければ願わくば郵送でビザを発給していただけるととてもありがたいのだけど・・・。

賞状をみたダンナは「もう一通発行してもらって額に入れて飾ろうよ~」だって。やだ!しかも1400円もするんだよ~!でもおそらく発行してもらうであろう・・・。
page top
第1ステージ完了
5月16日、午前10時過ぎに入籍しました。
入籍届けって緑色の用紙だと思ってたんだけど、茶色だった(緑は離婚届?ドラマの見過ぎかも)。苗字の変更もして、晴れて夫婦に。

彼は「この包装用ペーパーみたいな紙で?」と首を振っていたけれど、市役所の前でとりあえず写真をぱちり。

これでMR & MRS なんだねーとしみじみしたりにやにやしたり。

どんなに大変なことがあってもこれからは夫婦としてお互い支え合っていくんだな、と改めて噛み締めた次第なのでした。そして両親に今まで以上に感謝した日でもありました。

これで金曜日に婚姻受理証明書をもらって、大使館に送って、ビザを発行してもらって・・・・9月末に式・・・まだまだ先は長いのね~☆

page top
第1ステージ完了
5月16日、午前10時過ぎに入籍しました。
入籍届けって緑色の用紙だと思ってたんだけど、茶色だった(緑は離婚届?ドラマの見過ぎかも)。苗字の変更もして、晴れて夫婦に。

彼は「この包装用ペーパーみたいな紙で?」と首を振っていたけれど、市役所の前でとりあえず写真をぱちり。

これでMR & MRS なんだねーとしみじみしたりにやにやしたり。

どんなに大変なことがあってもこれからは夫婦としてお互い支え合っていくんだな、と改めて噛み締めた次第なのでした。そして両親に今まで以上に感謝した日でもありました。

これで金曜日に婚姻受理証明書をもらって、大使館に送って、ビザを発行してもらって・・・・9月末に式・・・まだまだ先は長いのね~☆

page top
ウェディングドレス
今日は両親とドレスを見に行きました。初めは母と行く予定が、車の方が楽だろうということで(?)父が運転手となり3人で。

そのドレス屋さんのHPをあらかじめ見ていたのでいくつか気になるものは既にあり、それを現物で見せてもらったり、その他カタログから気になるものを出してもらったりして試着開始。

5着出してもらったのだけど、1着目に着てみたのがHPでピピっときてたもので、やはりいい感じ。一目惚れってやつ?

ドレスを着たり選んだりするのは楽しみではあったけど、実際に着てみると「おお、結構いけるじゃん自分!」と思ったりしてなかなかの盛り上がり(苦笑)。昨年秋に結婚したMちゃんが「試着するまでドレスなんて別にねーって思ってたけど、着たら俄然やる気が出てきた!」って言っていたのを思い出した。

やっぱり女の子はドレスを着るときれいになるものなのかしら?それとも馬子にも衣装ってやつ??

欧米では教会のバージンロードを歩くときに初めて夫となる人にドレスを見せるそう。その前に花婿が花嫁の姿を見るとバッドラックらしい。というわけで彼も9月末までお預けなのでした。 写真も撮らせてくれたんだけど、それも見せられないんだもんねー☆
page top
いよいよ
いよいよ日本への一時帰国が明日になりました。ちょー楽しみ!
彼は超大好きな六本木へ繰り出すのが楽しみらしい。金曜日は私も一緒にオールの予定なので楽しみというか今から心の準備中。最近めっきり飲まなくなったからなー。

実は飛行機に乗るのが大好きな私。KLMは悪くないし、乗り換えの空港も大きくてお店もカフェもいっぱいなので楽しみ。

東京滞在で何よりも楽しみなのが家族との時間と友達に会うこと。そしておっかいもの~♪ 「あ~アフタヌーンティーにあるのにぃ」とか「あのお店なら売ってるのに!」と思うことが多々あるので、たんまり買い込んで帰る予定。

・・・・って大事なことを忘れてはいけない!

入籍しにいくのが一番の目的だった~
来週早々には「お嫁さん」になるんだ~。「最近黙り込むことが多いけど、マリッジブルー?」って彼は心配して聞いてくるけど、私は待ちきれない。黙り込むのは疲れててしゃべるのがめんどいか自分の考えに浸っているか、彼にむかついているか(おい)なだけ・・・。単純な私。

でも私の性格からすると、行動を起こしてから後悔したり我に返ったりすることが多いので・・・いやいや、さすがに入籍してからマリッジブルーはないだろう。。。と思いたい。
page top
Carlisle
彼の店舗訪問にくっついて、スコットランドにほど近いカーライルへ。彼が仕事を終えるまでの半日、観光をしてきました。

まずカーライル城へ。お城には観光客がいなかったため一人きりでくらい場内を回る。牢屋跡などは真っ暗で足あとが響き(自分のなんだけどさ)びびりまくって結局地下と1階だけみて2階と最上階はギブ。
IMGP5365.jpg


街の教会に行ったらなんとランチタイムコンサートをやりますとのこと。バイオリン&バッハの組み合わせときたら行くしかない!ということで教会の祭壇の前で行われた演奏を聴いてちょっといい気分に。音楽院の同級生がかいたという作品もあったのだけど、弾きながら歌うという未だかつてみたことのないスタイル・・・。あんなに耳の近くで全然違う音が聴こえてきながら、別の旋律を発声するなんて気がおかしくなりそうじゃないのかな?
IMGP5371.jpg


そして2時間半のドライブはこんな感じののどかな風景でした。

IMGP5359.jpg


カーライルの人々も親切&穏やかだったし、お天気もよくて、ほんとに気持ちのいい1日でした。専業主婦の生活からちょっと一息つけた感じ☆
page top
結婚式
友人の結婚式に行きました。イギリスの結婚式は初めて。
まず教会で式。信者ではないけれどカトリックの学校に通ったためミサに参加して英語でのserviceに興味あり。式の間に英語で「また司祭とともに」と参列者が言うのを聞いてちょっと感動したりして(ちなみに、”and unto you”だった)
IMGP5322.jpg


そして外で写真撮影。
IMGP5336.jpg


ホテルに移動しての披露宴ではまず食事をしてから花嫁の父、新郎、そして新郎の介添え役のような Best Manのスピーチがあって終了。
2次会はディスコのような雰囲気。新郎新婦の First Dance が披露されてからは会場はブッフェと踊り場と化して午前1時まで宴が続きます。

IMGP5353.jpg


とても仲良しなカップルだったのでとうとう結婚するのを見て幸せな気持ちになりました。そして両親への感謝、友達への感謝など、自分の姿を重ね合わせてしまいました。
page top
Leeds United!
彼は大の「リーズユナイテッド」ファン。残念ながらプレミアリーグの1こ下のチャンピオンシップリーグなのだけど、今年はそれでもホームゲームは隔週くらいで行っていた(もちろん私も・・・)

チャンピオンシップリーグの上位2チームは自動的に来シーズンプレミアリーグに上がれる。合計3チーム上がれるのだけど、3位から6位のチームの中で最終的に勝ち残ったチームが3チーム目のプレミアリーグ昇格となる。リーズはシーズン終了時に5位だったのでPlay offに参加することになった。

というわけでまたまたとても暖かい本日、20時キックオフでプレストンと対戦。80分近くまで1-0ダウンで彼も彼の友達も爪を噛み噛み噛み・・・。スタジアムも今年初の満員で、サポーターの歌もすごかった。後半も終わりに近づいた頃1-1に追いついたのだけど、最後まで集中力が持たなかったのか引き分け~。

普段おとなしくて温和な彼が bastard やら fuxxing sxxt やらすごいヤジを飛ばす唯一の場、それがフットボールなのでした。それを見てるのがおもしろい!

今度はプレストンのスタジアムで月曜日に試合があります。平日なのでプレストンまでは行かれないけど、彼は放送を見るため、パブに行くであろう。私?テレビを見にパブに行くほどのファンではありません。試合に行くときはリーズシャツを着ていくけど☆
page top
鍛えられてます
ヨークシャーでも春本番になってきました。
朝起きると晴れてる日が多いし、日差しもあったかくなって、昨日なんて半袖でも暑いくらい・・・。

といっても気温は20度をちょっと超えたくらいだったらしい。それって全然暑くないじゃん・・・イギリスの気候に慣れてしまったらしい!

東京の天気予報を見ると22-25度くらいみたいだけど、ここの天気に慣れてしまった私にはどのように感じるのだろうか。

このところ毎晩のように日本に帰った夢&友達に会う夢をみるのでとにかく帰るのが楽しみ☆ スーツケースガラガラで行って、帰りはパンパンで帰ってくる予定!
page top
どうやって?
Art Historyの1つ目の課題に取り組んで3日目。ある絵画について、750ワード程度のエッセイを書くのだけど、久しぶりに書いたエッセイに苦労してます。

学生だったときにはレポートやら卒論やら書いてたし、留学してた頃、レポートを書くのは大変だったけど求められている文字数を満たすのには苦労しなかったはず・・・。それがどうしたことか!手を加えてもまだ500ワードちょっと・・・。選んだ絵についての批評などがあまりないというのも手伝ってか、もう書くことがない。 

もう一度課題を読んでみよう。あ!「どんなに短くてもいいけど750ワードを超えないように」だって~

なーんだ。というわけで課題1つ目はクリア☆(こんなことでいいのだろうか) 先生からの返信が怖い・・・。
page top
3連休
日本は大型連休のまっただ中だけど、イギリスは5月1日メーデーが休日の3連休だった(私はこっちに来てから日々連休・・・)。

結構天気もよかったのだけど、ピクニックに行くほどではなく、諦めて家でだらだらしていた。朝ゆっくりおきて、ブランチをして、DVDを観て・・・夕食後散歩に行く(すでに夜8時頃まで明るい)、そんな3日間。

平日は彼は朝7時前に仕事に行って夕方6時前には帰ってくるので一緒に過ごす時間は多いと思うのだけど、こんなに2人で過ごしたのは久しぶりだねー、とお互いにしみじみ。

「婚約者」でいるのもあと2週間! あと10日で日本に帰国♪♪、そして14日で入籍・・・「人妻」になるのか~。とても楽しみだけど、「婚約者」ってちょっとセクシーな響きじゃない?もったいないなー(苦笑)
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。