イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
バレンタイン
昨日はバレンタインでしたね。そしてうちは婚約1周年でした。あっという間に1年が過ぎてしまいました。イベント盛りだくさんの1年だったな~。全然新婚なのに新婚な気がしないし(笑)

ダンナは7時前に出勤するのだけど,妊娠して以来「寝てていいよ」とのことで、お互い何も言わずに出かけていった。私が朝起きたらカードとチョコがカウンターの上に。お。なかなかロマンチックですな♪

毎日料理作ってるから,バレンタインくらいせっかくだから外食したいよ~と私がレストランを予約し(笑)、行ってきました。生ジャズ演奏の素敵なレストランでした。ご飯も珍しく(?)おいしかった。そしてカメラを持っていったのに撮るの忘れた・・・・。このブログをパスワード制にする意味がない気がしてきた。

ベビーが生まれたらすべてのペースが変わるだろうから、今のうちに夫婦の時間をたくさん満喫しなくちゃと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
page top
青汁のケール
マイミクさんでお料理がとても好きな子がいる。この前ランチした時に「ケール」が袋売りされてる話を聞いた。

そう、青汁のケール。日本では売ってないよねぇ・・・葉っぱ全体がしわしわしてて(洋風キャベツみたいな感じ?)、色が濃い。私は大人になるまで「青い野菜」が嫌いだった(トマトは今も食べられず)。今では食べられるけど,妊娠してから「サラダ大好き!」が『サラダも食べよう」に下がってしまった。ダンナは野菜が大好きなのでダイエットにはもってこい。というわけでケールをスーパーで買ってみた。

袋に入って、すでに切られて売っていて、茹でて食べてね,と書いてある。Kさんに教えてもらったように炒めたベーコンとひまわりの種をあえて、レモン汁と混ぜてみた。見た目は真緑で「・・・・私の嫌いな野菜の色~」って感じだったけれど、食べるとおいしい♪ほうれん草でやるよりも食べやすいかも。

Kさん宅では奪い合うように食べるらしい。うちでもそうでした!これはリピートメニューになりそうです。

今度作ったら写真載せます。
page top
悩めるところ・・・
イギリスでは無痛分娩を選ぶ人が結構多いらしい。「痛みを我慢してこそ母親の実感がわく」云々の観念もない。というか、私もない。なんて男性側からの視点かしら,と私は思ってしまう。だって10ヶ月も自分の体の中で育てて、その間自分の体もいろんな変化があって,胎動を感じて・・・・っていう過程の中で母親の実感とかが湧くのではないでしょうか?

無痛分娩ではない場合でも笑気ガスなどを使えるらしいけど,「恐怖感が緩和される」などの効果はあっても痛みを緩和させるパワーはさほどないらしい。無痛分娩じゃなくても頑張れるかも!と思っていたけれど、実体験を読んだりしてるうちにちょっと自信がなくなってきた。

日本での無痛分娩とこちらのはちょっと違うらしい。大きく違うところは日本は計画出産となるため、病院に入って誘発させて、破水させて・・・というパターンが多いみたいなのだけど、イギリスは病院に行くまでは普通の出産と同じ。なので陣痛が来て,間隔が短くなって『もう病院に来てください」と言われてから行って・・・という流れらしい。

なので全く痛くないわけではないらしい。それはいいんだけど・・・こっちの麻酔が効き過ぎたりしないのかしら?とかも心配。下半身の感覚がなくなると陣痛も感じられなくて押せなくて時間がかかって・・・と更なる問題が発生しないこともないらしい。

ダンナは君のチョイスだからどっちでも支持すると言ってくれたのだけど,前に助産婦さんに聞いた時,なぜか反対されたのよね。産むのは私なのに~。もう一度いろいろ聞いてみなくては。
page top
2人で就職?
昨日ピザが強烈に食べたくなった。おいしいイタリアンピザではなくてアメリカンピザ。というわけでダンナとピザハットへ(笑)2切れも食べれば満足なのでダンナと行ってシェアすればダンナも満足。

行ってみたらすごい行列!ピザハットごとき(失礼)で並ぶのは嫌~!と思いつつ,『体に悪いピザ』が食べたくて並んでみた。入ってみたら空いているテーブルが5、6個。待ってるお客さんが全員座れるくらい。

イギリス人は意外とお行儀がいいのか,自分が悪者になりたくないのか,前後の人と文句は言い合うものの、店員には何も言わない。10分くらい待たされて座れたのだけど,やっぱり空席の方が待ってる人よりも多い。

注文したものを待つ間、ダンナと「テーブルの片付けと注文取りと名前を聞く役割を分担する責任者が必要」「とりあえず座ってもらって,その時に拭いたっていいじゃん」「手ぶらで通り過ぎないで下げれば一石二鳥なのに」などと改善案(?)をかなり熱く話し合った。

ダンナが失業したら2人でピザハットに就職かしら・・・。

page top
いい子なのか?
今日最後の定期エコーに行ってきました。問題がなければこれでエコーなしってのもどうかと思う。やっぱり見えると安心するしね。うちは有料であと1回はやろうと思っている。2回でもいいかも(笑)

しかし!性別を教えてもらおうと思ったのに・・・足が邪魔で見えなかった!1、2分ちょっと動いてみてもう一回見てみましょう。とのことだったのだけど・・・また足が邪魔で見えなかった!

男の子のような気がしてしょうがないけど私はとっっても女の子が欲しい。1人目で女の子が産まれればもう心配事はなし!と思っているから「がっかりさせないように」足でブロックしたのかしら? な~んてすでに親ばかぶり発揮?

どっちでも健康に産まれてくれればいいのだけど(これホント)・・・でもどっちなのか知りたい!!

page top
どきどきした
昨日、ジーンズの下にハーフスパッツをはいてくつろいでいたとき,ちょっとお腹が苦しい?と思いつつしばらくそのまま座っていたらベビーがばたばた蹴ってきた。確かにきつかったかも。ということでジーンズをルームパンツに替えてまたくつろいでみた。個人的にはルームパンツが好きではない。気持ちまでだらける気がするから。

でもどうもお腹がきつい・・・・こりゃスパッツのせいだなとようやく思いつき(遅過ぎ)、スパッツを脱いだ。お腹も楽になった気がする。

でも、その辺りからベビーのケリが減ってきて、「もしや酸欠で気絶中?!」「でも空気が行かなかったら大人でも3分で脳障害だよ?!」と想像の世界は広がるばかり。

そう、私はとても心配性&ネガティブ思考(ガラでもないとよく言われるけど,本当はそう)。結局ケリは戻ってきたけど、いつもより少ないかも!! 普段ぼかぼか蹴るところがポコ・・・みたいな気まぐれなケリ。

こんな時に限ってダンナは2泊3日の出張で不在。電話がかかってきた時に「窒息死させたかも・・・」と言って説明したら鼻で笑われた・・・。だって相談する人も、『大丈夫』って言ってくれる人もいないのだよぅ~。

そして寝る時も「ケリが少ない!やっぱり脳障害か!?」。そして今朝起きてからも「朝ご飯食べてからの恒例のケリが少ない!」と一人で妄想の世界にはまっていました。

けってるし、お腹も痛くないのでおそらく私の1人妄想が突っ走ってるんだと思うんだけど・・・金曜日エコーなのでとりあえず無事を祈るばかりです(笑)
page top
うちの塀
うちのフラット(マンションというよりもタウンハウス風)は道路に面している。車がびゅんびゅん通るわけではないのだけど、地下駐車場があり、エントランスがうちの窓から見える。

このエントランスが格好の Uターンスポットになってしまったらしく、すでに4件ほど「事故」を目撃している。被害に遭うのは Uターンする車と、フラットの端っこにあるちょっとした植え込みと歩道を隔てる塀。この塀が倒れたからって特にどの家も害はないのだけど,塀ごとが~んと倒れるのでとてもかわいそう。事故が見えるのは我が家と階下の家からなのだけど、階下はまだ空家のため、ダンナはいつも車両番号を控えて管理会社に連絡している。

この前なんて、大型バスが向かいにあるサッカー場(といってもいわゆる「草野球場」みたいな)への細い小道に入ろうとしてうちのエントランスにバックし、失敗。見事壁を倒し、さらに小道に入るのも諦めてて走り去っていった。

壁が見えないわけがないと思うのだけど,バックしてぶつかった人たちはまさか壁があるなんて~!と思ってるのだろうか・・・。きっとそのうちに管理会社も諦めてあの塀を取り除くに違いないと思っている私。
page top
イギリス人になるためのテスト
イギリス人になるといっても永住権獲得のことですが・・・。

どうやら永住権を得るために英語のレベルテストとイギリスに関しての基礎知識テストをクリアしないと申請ができなくなるらしい。私は配偶者ビザを取得したので2年間はそれで滞在し、2008年に永住権へ切り替え申請が必要になる。

そのテストのための本を買って勉強し、試験場に行ってコンピューターでの試験を受けるそうな。24問を45分で解くらしく,結果はその場で教えてくれるとのこと。問題例をみてみたら、「雇用主は労働組合に加入したことを理由に従業員を解雇することができる。正か否か」とか「非常時にかける電話番号は以下の4つのうちどれとどれか」など確かに生活していく中で知っておいた方がいいものが多かった。でもさ・・・「○○の方言はどこの地域で話されているか」とか、「TVライセンスは家にある各テレビにつき申請が必要か,それとも一家に1つでいいか」とかそんなの問題として必要なのか?TVをみるのに年間使用料を払うことが義務づけられているのだけど,TV放映何とか局の紙に書いてありそう。まあ知っていて損はないということか。

私が受けるのはまだ1年以上先のことだけど、これもEU拡大で移民が大量流入している影響なのかも知れません。そういえば全ての外国人在留者に対して目の虹彩か何かの記録を取って出入国を把握できるようにするとかしないとか・・・
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。