イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ちょっと・・・怖い。
子供や動物は霊が見えるっていいますよね。実際はどうなんでしょうか。

れいな、リビングの電気を見て笑ったり、指差して私の方を見て、また電気を見たりするんです・・・(恐)

少し前にダンナとThe Messengers、邦題ゴーストハウスという映画を見たのですが、2歳くらいの男の子だけに霊が見えていて、何だか仕草がとっても似ているので一人でびびってます。

うまく解釈するならば、母がいつもみていてくれてる(なぜ電気かってのは謎だけど)と考えられるけれど、そうじゃなかったら・・・顔が半分落ちたやつとかがこっちを見てたら・・・ゾ~・・・。って自分を更にあおってしょーもないんですけどね。

誰か霊感の強い人、うちに来て見てくれないかなー。

<本日のれいな>
はいはい&つかまり立ちができるようになってからというもの、座ってなんていられないわ!と言わんばかりにあちこちへ移動してたっちするようになりました。
DSC_1107.jpg

部屋の反対側にいたと思ったのに、気づいたらこんなところにまで。瞬間移動かい! しかもほぼぶら下がり状態。お母さんは心配で目が離せません(といいつつ結構遠くからのんきに撮影してみた)
スポンサーサイト
page top
割れる、われる、ワレル!!
先週から『割れる』呪いが我が家にかかってる模様。

私だけではなくてダンナもグラスを割ったり、お皿を割ったりで、すでにグラス3つにお皿2枚(しかも日本から持ってきた小皿!)にボール1つが犠牲になってます。

今朝もカメラを取り出してファインダーからのぞいたら何だか視界が曇ってる・・・フィルターが汚れてる?と思って見たらなななんと!

フィルターがボロボロに割れてました・・・

思い返してみると、そういえばれいながカメラバッグをテーブルから引っぱりおろしていたような。あの時の衝撃で割れたらしい。今月初めに旅行に行ったときにフィルターが突然外れて欠けてしまい、先週替えたばかりだったのに・・・・。もしかして呪いはその時から始まってた?!

<本日のれいな>
本日、ではなくて昨日ですが、バース在住のhammoさんにお誘いしてもらってファームショップでランチをしました。Cさんとそのお嬢さんともご一緒して、しかも新たにTさんとも会えて楽しい時間を過ごしました。れいなはもりもりお昼を食べて、Tさんに抱っこもしてもらってました。写真を撮り損ねたのでhammoさんのブログをご覧くださいな♪ hammoさんのブログはおいしそうなお店とか、イギリスでの素敵な暮らしがいっぱい紹介されてておすすめです☆
page top
日本にもある?
イギリスのスーパーやショッピングモールには Parent and Child parkingというのがあって、お店の入り口に近いところに、普通の駐車スペースよりも広めに区画されています。

images.jpeg
ベビーカーを出して子供を乗せやすいように両脇にスペースが確保されてます。

images-1.jpeg
こんな感じの標識。

あまり数は多くないので埋まってることも多いけれど、先日スーパーに買い物に行ったときにこの区画に停めたところ、後ろでもめてる声が。

振り返ると、チャイルドシートもなく、子供も乗っていない車をParent and Child の場所に停めようとした女性に対して、子供を乗せたパパドライバーが後ろから怒鳴っていたんです。

女性は諦めて別の場所へ移動、パパドライバーは無事、Parent and Childの区画に駐車。

該当しないドライバーが身障者用の区画やParent and Child用の区画に停める人が多くて問題になっているのもニュースでやっていたけれど、文句を言うのはさすが?イギリスと思いました。

うちのダンナはハンドルを握ると人が変わり、ウィンカー出さないで曲がってきた車に「方向指示器はお前の車についてないのか」とか バス専用車線を走ってる車に「お前のその小さい車、バスなのか、料金とって人乗せるのか」とかぶつぶつ文句を言います。でもさすがに直接文句を言ってどかせることはしないんだろうな~。

でも車の中でいじいじ文句言うよりはこれくらいやってくれたらちょっとは男らしい(?)気もするけれども。
page top
食べさせ過ぎってありますか
れいな、離乳食開始してからずーっともりもり食べてます。
近頃はおかわりもするし、私もダンナも食べ過ぎじゃない?ってくらい食べるのだけど、こんなに食べていいのかな?

離乳食の本では「タンパク質の与え過ぎに気をつけてれば、機嫌も良くてお腹の調子もいいなら赤ちゃんが欲しがるだけあげていい」と書いてあるのだけど・・・。

お腹はぽんぽこりんだし、太ももも腕もむっちむち。赤ちゃんだからいいんだろうけど、食べさせ過ぎ?! ちなみに身長67cm、体重9.4kgくらい。個人差が大きくなってくる時期だから、本人が健康なのが一番だけど。

もっと!って言われるたびに心配になりつつもおかわりをあげている毎日なのでした。
はいはいするようになったからきっと今まで以上にお腹空くんだろうなー。

<本日のれいな>
正座して遊んでます(笑)
正座


「はい、ママ携帯どうぞ」
どうぞ

チャームと電池を外した、れいな用携帯です(実は私のをなめまくって壊したのであげました笑)
page top
接近大作戦
よし。ママのところまで行ってみよ~♪
1

はいはいができると早いわね。
3

もうたどり着いちゃったわ。
4

でももうちょっと行ってみようか。
5

だ~ん!(近すぎだって・・・w)
6
page top
後退することって?
離乳食が始まってから「食べる」と「飲む」のベビーサインをやってきました。先週、「食べる」のサインを自分でしているようなことが何日かあり、やった~!と喜んでいたのだけれど・・・ここのところしなくなってしまいました。

自分からサインをするようになったらどんどん教えるとどんどん覚えると聞いたので楽しみにしていたのになー。私がサインをすると反応するので理解はしているようなのだけれど・・・・。なんでしなくなっちゃったんだろう?忘れたわけじゃなさそうなんだけど。

ん~。もうちょっと気長にサインを出し続けるしかないのかな? 近頃「おしまい」も分かってきたみたいで、まだ食べたい時は「おしまい」をすると怒ります(笑)なるべくサインを見せて、反応してから食べさせたり飲ませたりするようにしてるのでまた自分からやってくれる日を楽しみにするしかないのかな。

<本日のれいな>
つかまり立ちの最中にちょっと休憩~。
あ
page top
行動範囲がぐぐっと
イギリスはイースターで金曜日から月曜日までお休みでした。リーズに住むダンナの両親が泊まりにきて、れいなを堪能してました。私たちもあやかって、れいなが産まれてから初めての2人でのディナーへ出かけ、ちょっと得した気分。

そして、近頃ほふく前進とつかまり立ちをしていたれいながついにハイハイするようになりました~☆ ほふく前進のときはすぐ疲れちゃって「もうだめですぅ~」って突っ伏して泣いてたのに、はいはいできるようになって行動範囲がググと増えました。しかもつかまり立ちもかなりの時間できるようになったため、いろんなものに手を出すようになって大変。

次の目標はソファの上に上ることらしく、立ったままクッションを全部引きずりおろしてはこちらをみて「あ!」「あ!」だって。

そういえば最近「ダディは?」っていうと戸の方を見て「あ!」、私が他の部屋にいると「あ!」。まるで熟年夫婦の「おい」のよう(笑)

これがいつか「マミィー」に変わるんだろうなーと思うと今から楽しみ。

どうか「ダディ」が先じゃありませんように!
page top
Jolly Babies体験してきました
以前から気になっていたものの、何となくそのままにしていたのですが、私の引きこもり防止のためにもJollybabiesの体験レッスンを受けてきました。ママと音楽を楽しもう♪といった感じのクラスで、「糸巻き巻き」みたいな歌をうたったり、音の出るおもちゃを音楽に合わせて振ったり、家でやろうと思えばできるんだろうけど、そう言ってるとどんどん引きこもりになるので続けようかと思います。

最後にシャボン玉を吹いて子供たちに見せるのだけど、初めてシャボン玉を見るれいなはぼ~ぜんと眺めてました。よっぽど心引かれたらしく、シャボン玉が全部消えてからも一生懸命探してました(笑)

<本日のれいな>
昨日お友達とトドラークラブに行ってきました。れいなよりも大きい子たちがいっぱいいて、クラフトをして遊んだり、お外で遊んだり、輪になって歌を歌ったりする集まりだったのですが、れいなも歌の時間にはぴょんぴょん跳ねて楽しそうでした。

DSC_1069.jpg
page top
妹から
アメリカに住む妹からメッセージがありました。

「この前友達と”View Tube"大会をしたんだけど、面白いのを見つけたから送るね」
妹は5つ年下なのだけど、まだ学生なだけあってやることがいちいち若い気がする。

いつもならYouTubeなんて見ないんだけど、Fantaっていう題名を見てもしかして?と思ってみてみました。

日本でもTVでやったシリーズだ!訳もついているのだけど、やっぱりこのおかしさを分かるためには日本語&文化が分からないとだめだろうな~。ダンナにはまるっきりウケませんでした。

でもいいの、私はいっぱい笑ったから。

というわけで、よかったら見てくださいな。

YouTubeファンタ
page top
挫折なり
実は今日、バースのハーフマラソンに出るはずでした。ところが昨日からウォッチしてた天気予報は走り終わる時間まで「激しい雨」または「雨」。

雨が大嫌いな私はその昔、それを理由に大学の授業をさぼったりしてました(おい)。今でも雨が降った日は家に引きこもり。2時間も雨の中を走ったら風邪引いちゃうし、風邪引いたられいなの面倒を誰が見るんだ!ということで朝雨が降っていたら走らないことにしようと思いつつ早く寝ました。

朝起きた時に雨の音がしなかったので走れるかしら?!と思ってブラインドを開けてみたら大雨。しかも風もびゅーびゅー。

「・・・・。走りたくない」

横で見たダンナも「君、これでは走れないでしょ」だって。よくわかっていらっしゃる。しばらく窓の外を様子見していたのだけど、一向に止む気配なし。というわけで、今回は(自主)中止~!雨の中走るなんて不健康だし。

ダンナの具合が悪かったこともあり、同級生ママたちが集まってれいなを預かってくれるということになっていたのだけれど、結局私もその集まりに合流して楽しくランチ&午後のひとときを過ごしてしまいました(爆)そして帰る頃には小雨すら止んですっかり曇り空・・・・。まあ、自分で決めたことだし、仕方ない。

11月にジムに入ってまた走り始めて以来、週に2回でもトレーニングをしてきたのだけれど、晴れの舞台を見ることはありませんでした。って自分のせいなんだけど。

でもこれからも継続して走ろうと思います。誰かこの辺で一緒に大会に出てくれる人いないかな~。
page top
おいしいスペイン?
旅行先でスーパーに行くのが大好きな私。
今回はあんまり「これは!」という変わったものはなかったものの、おいしいだろうと思って買ったのに、いったいなぜ?と思うようなデザートに出くわしました。

milk dessert
その名は Leche de Oveja。何かのミルクでできたプリンっぽい、ということで横にあったArroz con Leche (ライスプディング)や Crema Catalana (クレームブリュレ)を尻目にこれを購入。

あけてみると想像通りの真っ白いプリン。

milk dessert2
 お味は・・・ん~。何もなし! 甘くも何ともないんです。買ってから気づいた(おい)のはパッケージの絵が羊だったこと。なので羊のミルクなんでしょう。数匙食べてダンナにパス。お砂糖を入れて食べてました。こんなことならバックアップ用に何か分かってるものも買っておけばよかった。

orange.jpg
 私は食べませんでしたが、町のあちこちにオレンジがいっぱいなった木がありました。これってもいで食べていいのかしら?

dessert.jpg
これは『サロン・ド・テ』なんて看板を掲げたカフェで売ってたお菓子。日本風に名前を付けるならげんこつ揚げチョコレートがけ(笑)。名前が出てなかったのでスペインでなんと呼ばれてるかは不明。味は分厚いワンタンの皮の揚げたものにチョコをかけた感じ(そのまんま)。結構ヘビーでした。

Paella.jpg
 そしてお約束と言えばパエリア。ごろごろと海の幸&お肉が入っていて、ダンナよりも食べました。こういうところに来たらムール貝蒸しとかセビーチェとかをおなかいっぱい食べたいのだけど、海の幸が苦手なダンナ相手じゃちょっとね~・・・というわけでこれが限度でした。
page top
スペインで遠足♪
レンタカーを3日借りて、グラナダ、ロンダ、そしてジブラルタルへ行ってきました。

グラナダは世界遺産とされるアルハンブラ宮殿のある都市。9世紀にイスラム政権が砦としていたところに宮殿を建築、その後も拡張され続け、その後キリスト教徒によって征服された後も手が加えられたそうで、精巧な壁や天井の模様が印象的でした。

アルハンブラ


アルハンブラ3


砦として使われただけあって、グラナダが一望できます。
アルハンブラ景色


アルハンブラ宮殿についてはこちら

2日目、ロンダ(Ronda)へ。ホテルからの距離はグラナダよりもずっと近いはずなのに、山道をくねくねと行くために時間がかかりました。しかもほんとに山越え!どんどんあがって行くうちに18度あった気温も7度まで下がってびっくり。

ロンダは丘陵にある小さな町。渓谷にかかるPuente Nuovoがかなりの迫力でした。下まで歩いて行かれるようなのだけれど今回はれいなもいたのでパス。

ronda2.jpg

こんな展望台も。私たちも見に行ったけど、こうやってみて見るとちょっと怖いかも・・・ronda1.jpg


ちょっとした小道も素敵。steveとれいな


どなたかのお宅。ドアがとってもかわいい☆
cute door


お土産屋さん。外にかかってる色とりどりのお皿がきれいでした。
ceramic.jpg



bullring.jpg
スペイン最古の闘牛場。今は年1回の闘牛の祭り(?)の時のみ使われていて、その他の時は観光客向けに公開されています。思ったよりも大きかった!闘牛は残酷だと思うけれど、闘牛士がここに立ったときの気持ちはきっと緊張と興奮の入り交じった何とも言えない『晴れ舞台』なんだろうなー。

そして3日目はジブラルタル。ヨーロッパ最南端ともいわれ、ここはスペインにくっついた大きな『岩』なのだけれど、イギリスの領土なんです。小さな空港もあるけれど、歩いても車でも『入国』することができます。もちろん、パスポートを見せるんですよ。でも、1713年のユトレヒト条約(そういえば世界史でやったような)で獲得して、地理的にものすごく戦略上の要衝だからって、未だにスペインに返さないのもなんだかなーと思ってしまいました。

DSC_1018.jpg
ジブラルタルへ向かう高速から。

Upper Rockといわれる、ジブラルタルの『岩』の上までドライブして行くと、第2次世界大戦中の塹壕(といえるのかな?)とか猿とか、鍾乳洞とかがあります。
DSC_0988.jpg
(ぼやけてますが)鍾乳洞からはネアンデルタール人の頭蓋骨が見つかったとか。

DSC_1006.jpg
Upper Rockからの眺め。

monkey on canon
monkey.jpg
ジブラルタルの猿(笑)

初めはプールサイドでのんびりの予定だったのが、あちこち行くことができて、しかもマドリードとかに旅行に行ったら寄ることのなかったようなところを見ることができてちょっと得した気分。

カーシート

これはれいなのカーシート。ちょっと古くて角度が悪かったので「眠たいのに寝られないよ~!」って泣いてたけど、"My First Rental"って書いてあるのがかわいかったです。
page top
旅行中のおもしろ
スペインを旅行中に見つけた面白いものたちです。

おむつ替えルーム
 高速のサービスエリアで入ったおむつ替えルーム。いろんな言語で絵ができているのだけど、『赤ちゃんルーム』ってちゃんと日本語もありました☆

アルハンブラビール
 グラナダのアルハンブラ宮殿の一角にあった休憩所。アイスクリームの看板もありながら、裏手ではしっかりビールも販売中~

ボケ
アルハンブラにはいろんな国からのツアー客がいました。もちろん日本からも。その中で多分イタリア語でのツアーガイドの説明がちらっと聞こえたのですが、「ジャポン・・・・ボ~ケ~」って。振り返るとこの花が。ああ、そういう意味ねと納得。

お墓
あらこんなところに灯籠?と思って近づいてみたら「Miki Haruta」って日本人の名前が。lどうやら春田美樹さんという方で、帝劇ミュージカル『モルガンお雪』で森繁久彌と共演、日劇ミュージックホールでは即興で絵を描くタレントとして人気があったそうです。テレビタレントとしても活躍したものの、目を患い、交通事故で不自由な体になったのを機に画業に専念、スペインのロンダに移り住み風景画を描き続け、10年前に他界なさった方のよう。

これはうちの娘のおもしろ(笑)
Leina sleeping
Leina sleeping 2

眠たい~ってゴロゴロしてたと思ったら、寝返りを打ってこの格好で爆睡。

page top
Costa del Solへ行ってきました
1週間、暖かい南の国(笑)スペインへ行ってきました。スペインならどこでも暖かい訳ではもちろんないのですがイギリス人が大勢押し寄せるビーチエリアはすでに20度を超える陽気です。

今回はれいなもいるのでファミリーフレンドリーなリゾートのパック旅行を選びました。このリゾートは子供向けのアクティビティが多く、家族ずれがほとんど。そしてAll-Inclusive(食事、飲み物が旅行代に含まれている)のパックで来る人ばかり。私たちはどうせそんなに量も食べられないし、がんがん飲む訳でもないし(ビールもワインも飲み放題)れいなの時間に合わせられるようにSelf Cateringにしました。この方がリゾートに縛られなくてよかったです。

DSC_0861.jpg

部屋
私たちが泊まった部屋のリビングエリア。ほかにキッチンとベッドルームと、大きなバスルームがありました。
sea view
部屋からの眺め。とりあえずシービュー。

leina on balcony
部屋のバルコニーで私たちはひなたぼっこ、れいなは日陰で転倒防止の枕たちに囲まれて遊んでます。

1週間のうち、リゾートでのんびりしたのはたったの1日半。他は隣町へ出かけたり、レンタカーでアンダルシア地方の都市へ観光に行ったりしました。スペインの遠足の様子は次の日記でレポートします。
page top
おひな祭り
1月に日本に帰った際、「せっかくだから」とひな飾りを送りました。母が私の初節句用に買ってくれたもので、子供の頃から毎年出していた覚えがあります。実家を出てからも両親がたびたび飾っていたようで、30年も経っている割には思いのほか状態がいいです。

ダンナに「7段飾りだから結構大きいよ」と言っておいたのに、どうせ日本のものは小さいとか思ってたのか、ナメたコメントばかり。

飾るときになってびっくりするなよ。

というわけで段の組み立て開始。
DSC_0664.jpg
『い、意外と大きいねぇ・・・』

だから言ったでしょ。

ダンナは写真を撮って職場の人に見せまくり、驚く同僚を見て喜んでいたよう。

れいなもちょっとおめかししてパチリ♪

DSC_0845.jpg



日本の行事をこっちでやるのっていまいちピンと来ないこともあるだろうけれど、れいなにはちゃんと日本の文化も体験してほしいなーと思うのでした。



page top
行ってきます
今日から1週間旅行に行ってきます。
行き先はスペインのCosta del Sol。イギリス人が気軽に押し寄せるビーチリゾートの一つです。
日本でいえばグアム、サイパンといったところなんだと思います。

スペインに行ったならスペインらしさを味わいたいところなのですが、やっぱり赤ちゃんがいると観光ばかりの毎日もできないので結局ホテルのプールでのんびりがメインな旅行を選んでしまいがち・・・。

とりあえず探索には出ようと思っているのだけれど、探索するところがあるのか!?
きっと英語もばりばり通じてしまうんだろう(グアムで日本語がばりばり通じるのと同じように)けれど、それはそれで羽を伸ばしてこようと思います。

というわけで帰ってきたらまた報告します♪

<本日のれいな>
新しい趣味(カタログ引きちぎり)を発見♪
DSC_0787.jpg
page top
憤怒けいれん~その後
れいなが憤怒けいれんを起こしたことはこちらに書いた通りですが、数日前にまたやったのでGPに連れて行きました。

「Breath Holding Spellsが出てるみたいなんですけど」と言ったら、「え?何が?」で始まった問診。もちろんちょっと不安になりました(笑)

どんな状況でどんなことが起こるのかを説明したら先生はおもむろにPCに向かって入力。見てみると「GPオンライン」とかいうシステムで調べて一生懸命読んでる!

そしてしばらくして「ん~特に何をしなければいけないとかということは書いてなくて、たいてい2歳くらいまでには収まりますから」だって。

それくらいのことはネットですでに調べ済み。経験した人とやりとりしたりもしたし。でも貧血の恐れもあるって書いてあったので血液検査をしてもらった方がいいかも、と思ってそれも言ってみたら、

「でも貧血のようには見えませんよ。」だって。

みるからに貧血じゃあもう重度でしょうが・・・。

というわけでここで先生に匙を投げた私(笑)。貧血の気が出た場合はどこを見ればいいのか(下瞼の裏の色とか)を聞いて帰ってきました。

日本だと貧血かどうかを見るために血液検査、最悪の場合のため脳波のチェックもしてくれるらしい。ああ、小児科に直接かかれる幸せって・・・こんなにも遠いものだったのね。
NHSは無料だけど、私は毎回診察料を払ってもいいから日本のようにすぐに専門医に見てもらえるようなシステムの方がずっといい。

GPは町のお医者さん、みたいな感じなので自分が病気になっていっても何か見落とされる気がして不安で仕方がない。これから年を取る一方なのに、この国に住むのは心配です。

<本日のれいな>
本を引っ張りだしていたら埋もれてしまいました。
DSC_0788.jpg


© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。