イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お米のその後
以前、近くの中華スーパーで買ったお米があまりにまずくて困っていると書きましたが、結局カレーやピラフ系に使っても使い切れない&炊きあがった匂いから嫌ということで使わずじまいでした。

友人がもらってくれることになり、捨てずに済みました。

そして代わりにおいしいお米!を探して奮発したのがこれ。

ライスワ●ンのオンラインショップで売っていた「ゆめにしき」。こしひかり品種で、イタリアで作られています。

kome_yumenishiki.jpg

いろんな種類が売られているので、今回は「高いもの」がテーマ(笑)ちょっとケチったってしょうがない。また痛い目にあうかも知れないし。

気になるお値段、5kgで£12(約2000円)。もっと高いものもあったのだけど、とりあえず試しということで。

味は・・・ものすごくおいしい!!! ほぼ日本で買えるお米の味でした。

でも5kgだからすぐなくなっちゃうんだろうなぁ。大切に食べなくては。
スポンサーサイト
page top
れいなと内緒話?
**写真クリックでれいなの表情がよくわかります**

「れいな、マミー大事なお話があるの」
DSC_3580.jpg
「なあに?」

「あのね・・・」
DSC_3587.jpg
「うんうん・・・」

「れいなはお姉さんになるのよ☆」
DSC_3588.jpg
「なに?!そうなの?!」

そうなんでーす。今14週、イギリスでは安定期に入ったことになるようです

ギリシャに行っていた時にピークだったつわりも収まり、今は食べづわりというか、とにかく食べてます。しかも年に1回食べるかどうかのラーメンとかソース焼きそばとかを週2回ペースで食べたくなる始末。チップスもナッツもチョコも・・・そろそろ体重を測ってみなくちゃダメかもな~。『お腹が膨らんできた』というよりも『ハラが出た』って感じがするもん。

こちらは体重管理のことなんて何も言われないんです。ましてや日本人は小柄&やせてる方(こっちの人と比べちゃあね・・・)なので、『あなたは大丈夫ね』ってな感じです。なので自己管理が大事。こっちの妊娠本には私くらいの体型だと12-14kgくらいは増えるでしょう。って・・・・日本では8kg以内に抑えてね、ってれいなのときに言われたっちゅーのに(笑)

それにしても、れいながいながらの妊娠初期は辛かったです。ごろんできないし、気持ち悪いのにご飯作らないといけないし・・・・疲れも倍増だし、朝もれいなにあわせて起きるので『もうちょっと寝てくれぇぇ』と布団を頭からかぶる毎日(苦笑)

もともと2人の予定だけれど、あまりに辛いのでもうこれで妊娠は終わり!と宣言させて頂きました(笑)

予定日は4月末です。ってもう6ヶ月後?!早いなぁぁ。
というわけで日本に帰るのは来年の秋くらいになりそう(泣)

page top
ほうとうと秋の味覚たち
日本は朝晩涼しくなり、少しずつ秋めいてきたとか。イギリスは『少しずつ秋めく』ということがなく、9月くらいからがんがん寒くなり、今では最高気温が13度とか。朝はもっと寒い。とはいえ、葉っぱが色づいていたりして秋だなぁ~というか、寒くなったのねぇ~と目でも実感できる。

さて、イギリスのスーパーは日本よりも野菜/果物の種類が多い気がします。多分輸入物がとても多く、1年を通して同じものがあるからだと思うのだけど、それでもこの時期にしかお目見えしないのがカボチャと栗。

いわゆる日本のカボチャは" Squash(スクウォッシュ)"の仲間で、ラベルをみると"Green KABOCHA"という種だそう。いつも行くスーパーでもあったりなかったりの貴重品。この前見かけた時に4個買い占めました(笑)

サツマイモも sweet potatoはあるけれど、中がオレンジ色で、水分が多くてお料理にはイマイチ使えない。焼き芋にすらできません。と思っていたら、日本のサツマイモのようにちょっと細身で長いのを発見。White Flesh Sweet Potatoとのことで切ってみるとほんとに白い。日本のみたい。

サツマイモご飯と、サツマイモの煮付けをしてみたけれど、崩れることなく成功!日本のよりもホクホク感が足りないけれど、これでサツマイモも手に入ると思うと嬉しいな♪

さて。今日の夕食は「ほうとう」です。そういえば去年の今頃も作ったような。簡単なのに、なぜか1年間作らずじまいでした。 生ほうとう麺が実家の近くのスーパーに出回るようになって数年、ほうとうは我が家の冬の定番でした。

でもこっちだと乾麺すら手に入らない(当たり前か)ので、作ることにしたのです。
IMGP7541.jpg
ちょっと不格好だけど、ほうとうだからOK!

秋らしい食材で♪
IMGP7539.jpg

IMGP7543.jpg
薄味なら、れいなも食べられるので今日はみーんな揃って同じメニューです♪
page top
我が家に新しい仲間がやってきた♪
ペット!?と思ったそこのあなた、引っかかりましたね~(笑)

実は数ヶ月前からうちの洗濯乾燥機の調子が悪く、2回も修理に来てもらったのに相変わらず脱水がきちんとできない&乾燥しないという問題が続いてました。うちはフラット(集合住宅)の2Fのため、洗濯物を干す場所がありません。まあ、あってもこんなに天気がくるくる変わるイギリスで外に干す気はさらさらないのだけど(爆)

というわけで一日中乾燥機を回しても乾いていない洗濯物をダンナに見せたところ、「キャ~!電気代がぁぁ!!」とムンクのようになり、さっそく独立した乾燥機を買う気になった様子。

そして我が家に来た新しい乾燥機ちゃん。独立型はドラムも大きくてさすがにパワフル。今まで4時間かかっていたタオルも1時間足らずでほっかほか♪

DSC_3647.jpg
「れいなも手伝ってあげる・・・ってなんか色々くっついていきたけど!」

DSC_3648.jpg
「気にせず全部入れるのだ」

今まで朝から晩まで洗濯乾燥機の音が止まなかった我が家に静かなときが流れるようになりました。しかも乾燥機から出る熱気でお部屋もあたたかなので暖房代節約(?)
page top
生還しました
義両親宅3泊4日、無事生還しました(笑)
改装中でキッチンがなかったため、炊飯器を持参(笑)、電子レンジを駆使してれいなのごはんはほとんど全部作ったので変なものを食べさせられることもありませんでした。

お義母さんには「こういうプレーンなクッキーすらダメなの?」って聞かれたけど、「大人のクッキーはバターもお砂糖も多すぎなんです」と一刀両断したら何も言われなくなりました。うひひ

パーティーに呼ばれていたので家族で出席。5つ違いのいとこと。
DSC_3660.jpg
一人っ子のせいか、よく面倒を見てくれます。

そしてダンスフロアでおじいちゃんと。
DSC_3670.jpg
パーティーが佳境に入る前にれいなを寝かせるために帰ってきたのだけど、れいなは大はしゃぎで踊ったり手を叩いたりしていたためか、帰りの車でも目がランランとしていました。

思っていたほど悪くはなかったけれど、義両親は全くアクティブではないため、一日家にいるのが退屈&3泊4日はやっぱりとても疲れる。というわけで、次に行くのは2ヶ月後のクリスマスにしたいところ・・・(笑)
page top
行ってきます・・・
明日からダンナの実家、リーズ近郊にあるCastlefordという街に3泊4日してきます。リーズは大きな大学もあって結構栄えてる(ブリストルにないお店もいくつかあったりするし)のだけど、ダンナが生まれ育った街はとても小さい上に、おそらく95%以上が白人(そして多分英国人)ではないかと思われるほどミックスしてないところ。

こっちに来た頃10ヶ月ほど住んでたけど、スーパーで大の大人に口をあんぐり開けて見られたり(多分ダンナと一緒だったからかな?)、ランニングしてると子供にまで何か言われたりしてとても嫌だった。そういうこともあって、今もあまり好きではない街だし、ダンナには公言している(ダンナよ、ごめん)。

といっても義両親に罪はないし、月に1回会いにいっても「れいなには全然会えないから気がつくとあっという間に大きくなってて・・・」と言われるのも仕方ないかなーと思いつつ。(実の娘が車で5分のところに住んでおり、孫に毎日会っているから比べられているのです)

やっぱり行くのは憂鬱なのです。荷物もいっぱいになるし、れいなの食事も気を使うし。

以前、まだれいなが1歳になるかどうかの頃、気づいたら何かを食べていたので思わず取りあげたら、隣に座ってた義母が、「れいなが欲しそうに手を出したからあげたのよ。大丈夫よ、マーガリンと瓶詰めのビーフパテだから」だって。パンからマーガリンが染み出るくらいに塗ってあったし、加工肉なんてまだ与えてないんですけど!!!!

「れいなには脂質も塩分も高すぎます!」って言ってからちょっとキツかったかなーと思って謝りにいって、ついでにダンナにもちゃんと説明してくれるように言ったのに、あとあと聞いてみるとダンナは義母に、

「お母さんが勝手にあげなければこういうことにならなかったんでしょ」と言ったらしい・・・・。

どうして、
*いつも家で手作りしてて、塩分とか添加物に気をつけてる
とか
*まだ小さいから大人と同じものを食べると身体に負担
とかいうことができないのか?!

ほんと、ダンナって自分の親に対しては妻の援護すらできないんだなーと実感。

今回はキッチンが改修中のため冷蔵庫とレンジのみ!でも週末にパーティーがあるので行かなくちゃいけなかったのは仕方ないのだけど、それに便乗してダンナは歯医者&上司とのミーティングを設定。そのため、2泊多くなったのでした。

もちろん相談されたときにはNO!だったのだけど、電車で先に行けば、とかいろいろ提案しても嫌がるばかりなので仕方ないので行くことにしました。

とはいえ直前まで毎日文句をたらたら(笑)ごめんよ、ダンナ。でもツマには義家に行くこと自体、気が重いことなのだよ。そして今回はどんなことがれいなに降り掛かるのかと思うと気が気でないのだよ(笑) そしてこれからも私はこのことを引き合いに出すと思うので、これを機にこういう帰省の仕方はやめてくれるといいなー。

というわけで大変長くなりましたが、行って参ります。愚痴ブログになってしまってすみません(汗)

<最近のれいな>
「最近マミーはあまり写真を撮ってくれないのよね」
DSC_3617.jpg
サファリパークお散歩中のヘボショット。洟もたれてます(笑)
page top
サファリへ
週末はお天気がよかったイギリス、気温も18度近くまであがったとかで気持ちがよかったです。せっかくなので1時間ほど離れたところにある、Longleat Safari Parkへ行ってきました。

最近れいなが好きなDVDが、ベビーアインスタインのWorld Animals。以前虜だったDVDと比べて、野生動物が色々出てきて結構ダイナミック。

これとジャングルの絵本のお陰で動物のベビーサインもたくさんできるようになりました。
*ゴリラ
*サル
*ゾウ
*ライオン&虎(は同じサイン)

あと、動物の鳴き声をまねるのは
*ウマ
*犬
*牛
*ひつじ
*やぎ
*ブタ
*にわとり
*ヘビ
英語の絵本からおぼえたので、ウマの絵を見て何と言ったと思います?

「Neigh(ネイ)」です! 私も初めて知ったのだけど、ウマはそういって鳴くそうです。いや、ヒヒーンだろう・・・・。そのほか、羊はバーで、やぎがマー。絵本を見たときしか言わないものもあるけど、だんだん言葉が出てきてるんだなーと実感。

話がそれましたが、ネットでチケットを購入すると10月末までは15%オフということを発見したので早速購入。 Longleatはサファリだけでなく、Lord Bathが住んでいるお屋敷もあり、子供向けの遊び施設もあり、なかなかお得(れいなにはまだ早いものが多いけれど)。

サファリは日本のような車で進むところと、ちょっと車から降りられるところがあります(初めのところだけ)。

れいなは手をつないで歩くのが好き。
DSC_3613.jpg
「興味のあるものを見つけたらまっしぐらだけどね」

放し飼いの鳥を間近で見て釘付け。
DSC_3616.jpg
このあと、ロープが揺れてしりもちついてました(笑)

さて、本命のドライブスルーサファリ(笑)、ゆっくり進むのでれいなもカーシートから出しました。

DSC_3623.jpg
こんな風に窓に釘付けなのは・・・

DSC_3626.jpg
サルがいっぱいいたから!でも窓にサルが飛びついてきたられいなはビビってダディにしがみついてました(笑)

DSC_3640.jpg
Longleatにはこんなお屋敷もありますが、今回は時間がなかったのでまた今度にしました。私たちが購入したパスポートは、敷地内の全アトラクションにアクセスできて、しかも1日で回りきらなくてもいい、というもの。ちょっとお得な気分☆


page top
通じないことには始まらないし
イギリスではParent & Toddler Group (親と未就学児の集まり)があちこちで開かれていて、予約制のもあれば、都合が合う時に行くことができるのもあります。教会や集会場のようなところで開かれることが多く、おもちゃや本が置いてあって、200-300円くらい払ってコーヒー付きというのが一般的。

れいなもよく行くのですが、そういうところで最近悩むのが言葉。私の希望としては、れいなには日本語もネイティブ並みに読み書き&しゃべりができるようになってほしいと思っています。これはとても大変なことだとは分かっているけれど、半分日本人だからって日本語も半分じゃあ困るな~って。

なので私はれいなに一切英語を使いません。というより、英語が口から出てこないという方が正しいかも。不自然すぎて英語で話しかけられない。1日のほとんどを私と過ごすため、今は圧倒的に日本語の理解度が英語の理解度を超えてます。

でも、悩むのがトドラーグループにいるときや日本語を話さない人とやり取りする時。おもちゃを譲ってもらった時にれいなは「ありがとう」のサインを自分ですることもあれば、私が「ありがとうは?」というとそのサインをすることもあるのだけど、そこで私が突然 “Say Thank you"って言ったられいなは「はん?」と思うだろうし、サインもできないかな~?なんて。 ダンナが"Thank you "って言うとれいなはありがとうのサインをするので、Thank you = ありがとう だということは分かっていそうなのだけど。

相手はありがとうのサインを見ただけじゃそれがありがとうの意味だというのは分からないので、私が何かいわないと通じないし、かといって私がそういう場面でれいなに英語を話すようになれば、これから学校に行ったりする中で「ママ英語分からないから、日本語で話して」作戦は使えないんじゃないかと思うし。

きっと考え過ぎなんだろうけど、日本語を話さない人の中にいるときは私もれいなに英語で話しかけた方がいいのかな~?でもれいなの英語理解度は日本語よりもずっと劣ってると思う。だから私に英語でいわれて余計分かんなくならないかも不安。

みんなどうしてるんだろう?

<本日のれいな>

DSC_3603.jpg
「私、パパとお出かけするの!!」 私のところに帽子とコートを持ってきました。

DSC_3604.jpg
置いていかれて怒りに任せてバッグを投げたれいな。このあとバッグを蹴りました!

page top
どうにかしたいけど、捨てたくない
2ヶ月くらい前にブリストルの中華食材店でお米を買いました。それまで食べていたのはSwindonでやっていた日本食セールで買ったコシヒカリで、それなりにおいしかったのだけど、年に2回行われていたそのセールがなくなってしまったため、ロンドンから通販するかどうするかと考えていたところでした。

中華食材店にも日本米(海外生産の日本種)があるのは知っていたので見てみたら、ちょっと高め(2kで£6くらい)の錦(だったかな?パッケージでおぼえているため、名前うろ覚え・・・)と、その隣に10kgで£10くらいの「寿司米 KOTOBOKI」というのが目にとまりました。

「コトボキ」じゃなくて「コトブキ」だろう、と突っ込みを入れたのにも関わらず、「寿司米」って銘打ってるところに惑わされ、安いお米を買ってしまいました。

それが大失敗!!! 炊いてみたらちょっと癖のあるにおいもするし、米粒が「寿司米」っていう割に長い。そしてパサパサ。おいしくない!!

お友達から日本で作ったお米を少しお裾分けしてもらったのだけど、涙が出るほどおいしくて、その差が更に際立ってしまう・・・(笑)そういえば母も日本で「お米にかけるお金はケチっちゃダメ」って言ってたような・・・。

ダンナがいるときはコトボキで、れいなに食べさせるときや自分が食べるときはその日本のお米を食べてる鬼嫁。でもダンナには味の違いなんて分からないからいいのだ~!

それにしてもまだまだまだまだお米が残ってます・・・どうしよう。お米を捨てるのはやっぱり日本人としても避けたい。でももう食べたくないっ。チャーハンだってそんなに食べないし、炊き込みご飯作ったけどぱらぱらになってしまったのだ。

おいしくないお米、もらってくれる人がいたらタダでお譲りします!ブリストル&バース限定ですが(笑)
page top
離乳食完了~幼児食へ・・・
れいなは5ヶ月半で離乳食を始めて以来、偏食もアレルギーも特になく、もりもり食べてくれてとても助かってます。

最近では取り分けもできるので楽になってきたかな~と思いつつ、やっぱり味付けや調味料が気になって外食するときはレトルトものか家から作って持参してます。外食ものでも、ソースは外したり、お湯で薄めたりすれば大丈夫なのかな?

日本の離乳食の本では「1歳半くらいまでに離乳食を完了し、幼児食へうつりましょう」とあって、かつ「幼児食も引き続き薄味で」ってなっているので離乳食と幼児食の違いがよくわからない私・・・。

イギリスではもっと大雑把というか、「薄味」とか「味覚を育てる」とかいう感覚はないみたいで、前に読んだ冊子では「1歳にもなればあなたが食べてるものと同じものを与えられるようになります.これで楽になりますね♪」って。友達がどこかで読んだ記事では、子供はまだ味覚が確立されていないから別に良質のものを与えなくてもいい、みたいに書いてあったらしい。子供にこそいいものを食べさせなくちゃ将来的にダメなんじゃないのか?!

イギリスの外食=家庭の味とは言わないけれど、それでも天と地ほどの差はないはず。そう考えると・・・味,濃くないか?!?! 義母が作るマッシュポテト、おいしいけれど見ていると入れてる塩とマーガリンの量が半端ない。それにどっぷりグレービーをかけて食べる家族達・・・れいなにはまだまだ取り分けしたくない。

ちなみに本日の夕食。ちょっと手をかけました(これでも・・・)
DSC_3591.jpg

*ごま塩ご飯ボール
*青のりと桜えびの出し巻き卵
*蒸しズッキーニ
*蒸しカボチャマッシュ
*フルーツカスタード
ちょっと色合いが寂しいけど、完食してくれたのでママはハッピー♪

こっちのパブやレストランのお子様メニューも 「フィッシュ&チップス」とか、「ソーセージ&マッシュポテト」とか・・・・もっとお子様プレートみたいに、主食とおかず・野菜ってバランスよくできないものか?!っていうのは求め過ぎ??

というわけで、どうやって離乳食→幼児食→ママ達と同じものを食べるって持っていけばいいのか・・・悩み中です。

そんな悩み中の私を尻目に・・・
DSC_3592.jpg
「何むずかしい顔してるの?一緒に踊ろうよー(おかあさんといっしょを観てます)」

静かにしてると思ったら、いろんなものを引っ張りだしてすごいことに!
まあいつもこんなだけど(笑)
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。