イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
カウントダウン!
もうすぐ19週、順調に進んでいます、マタニティライフ。といいたいところだけど、11月頭にミッドワイフ(助産師さん)に会って血圧と尿検査をして、ベビの心音を聞いただけの検診で次は28週の2月と言われました。

初産だと間にもう1回あるのだけど、経産婦だとこんな感じらしい。しかも彼女、「12月にエコーがあるからそれも検診って感じだしね」といいますが・・・ねぇ(笑) まあミッドワイフとの検診はエコーもないから何も指摘されない可能性が大なんだけど。

さて来週いよいよエコー(たいていはこれで最後!)です。ベビの成長を詳しく見る検査なので結構ちゃんと見てくれて、性別もうまくいけば分かります。というか性別知りたい!れいなの時は角度が悪くて分かりませんでした・・・。腹部が見えなかったので再検査となり、2回エコーに行ったのに、2回目も分からず。

結局プライベートのクリニックで性別判定エコーをしてもらいました。ダンナには「金のかかるベビだ!」と言われました(笑)でもやっぱり知りたいじゃない。しかも私は絶対に女の子が欲しい!派なので、もしも男の子だったら産まれる前に知っておきたいし。

というわけであと5日で運命のエコーです(笑)皆さん、女の子パワー送っててくださいね☆

それにしても今回は異常な食欲。というか甘いものがやめられません。本当に。いつもならクッキー1枚で満足なのに、何枚食べても足りない。意志が弱いのか(弱いんだろうね)、抗えない何かにコントロールされてるのか(もうこの時点で現実逃避中)・・・。 授乳中ですらこんなに甘いもの食べてませんでしたよ、ほんと。

10kg以上太ったけど母乳あげてたらあっという間に戻ったよ~というスリムママを何人か知っているので、「ま、いいかも」なんて思ってるのもいけないのかも。来年の今頃ものすごく後悔してたりして(って他人事ですねぇ)。

ダンナにも「きみ、今回はものすごい食べてるよね」と毎日のようにいわれてます。ご飯の量はいつも通りでお腹いっぱいなのに、甘いものがどう~しても止まりません。

ががっと体重が増えたら危機感から我に返るかしら??

スポンサーサイト
page top
おもしろ写真たち
バルセロナはガウディやその他近代建築だけが見所ではありません。市街が一望できるモンジュイックの丘ではケーブルカーに乗ったり、オリンピックスタジアムを見たり、ミロ美術館(これがまた私たち全員の理解を超えてました、笑)を訪れたりできます。

海沿いにはヨーロッパ最大の水族館もあります。あ、でも大阪の海遊館や沖縄の美ら海水族館などに行ったことがあるとかなりがっかりすると思います。

というわけで1週間あればちょっと遠出もできるかな?と思っていたのに、あっという間に過ぎてしまいました。

さて、バルセロナの1週間で撮ったいろいろな写真を紹介します。

初日、全くお昼寝をしなかったれいな。夕食に出かけたらバギーで寝てしまいました。でも起こしてご飯を食べさせないと、部屋に帰ってから目がランランとしちゃうだろうということで叩き起こしたら・・・・

れいな眠い
「水飲みたいんだけど眠気に・・・zzz」 

この後、ご飯を見せたら急にやる気になって目が開きました(笑)

イベリコハムでいわゆる5つ星のものを出すというレストランの壁にかかってました。
豚さん
家族写真って・・・・でも美味しく頂きました(笑)

「じいじ」のMacにたくさん入っている写真を見てます。将来こんな感じで仕事したりするのかしら?
れいなパソコン


れいなの最近のブームは段に座ること。バルセロナでも健在でした。しかも私たちを指差して,横に座るように指令を出します(笑)
れいなおすわり


かと思ったら脱走。ダディ、てんてこ舞いです。
れいな脱走
「いろんなものに興味があるのはいいことだよ」

スペインではこんな小さくてもバイクを運転します。
坊や

うそ。あまりにかわいいから写真を撮っていいかお父さんに聞いたら彼もしっかり写真に写る気まんまん。かわいそうで「お子さんだけ」と言えなかった・・・でもしっかりカット(笑)

話はそれますが、バルセロナはチャイルドフレンドリーではありません。人は親切で子供好きだけれど、ほとんどのレストランにはハイチェアがありません。珍しくあったところでも「背の高い小さい椅子」で、ベルトがついてないのでれいなの歳ではまだちょっと不安。

レストランも多くがシエスタ(昼休み)を取るため、13~16時、20時~といったところがほとんどで、おいしくて18時台から開いているお店を探すのにちょっと苦労しました。

そしてお手洗いにはほぼおむつ替えの台がありませんでした。床でしたこともしばしば。あったのはスタバ、空港、そしてグエル邸くらい。 駅もエスカレーターやエレベーターがないところが結構あって、男手がないとバギー連れにはちょっと辛いかも。エスカレーターがあるところではバンバン乗せちゃってましたけど(笑)

そういうところがちょっと不便だけど、私はバルセロナ、とても好きでした。アメリカにいて多忙な学生生活を送る妹にもお正月以来で会えたし、父の還暦も祝ってあげられたし、ずーっとみたかったガウディの作品たちも見学できたし、充実した1週間でした。

1週間くらい前から写真を見せて「これがじいじだよ」って教えてたからか、4ヶ月ぶりに「じいじ」に会ったれいな、会って数分ですぐに慣れて「じい、じい」と朝から晩まで甘えっぱなし。朝起きれば「ママ~」の次にすぐ「じい」といってドアを開けろと要求。抱っこも私やダンナじゃなくて「じい」がいいと。

父はきっと腰が痛くなっただろうけど、楽しい1週間だったんじゃないかな?とりあえず親孝行できたということで・・・母に「ばあば」を味わわせてあげられなかったのが悔やまれるけど、一緒にバルセロナに来てたらショッピングのし過ぎできっと父が破産してただろうから良かったのかも(笑)
page top
いろんなこと、毎日。
れいなはなぜか切ったフルーツを生で食べるのがあまり好きではない様子。りんごも桃も、細かく切ってチンしてヨーグルトとかに入れないと食べない。それでも食べないことも。一時期メロンは食べてたけど・・・。なので最近のフルーツはもっぱらブルーベリー、ブドウ、そしてバナナでした。

それが先日ママ友たちとランチした時、リンゴを丸かじりしようとしてたのでナイフで少し切り込みを入れて渡したら・・・ガッツリ食べました!このまま続くといいなぁ。

DSC_4112.jpg
「このおいしさ、たまらん!」

この1週間でスプーンもだいぶ上手に。すくってスプーンに乗せておくとたいてい口まで持っていけるようにはなっていたのだけど、最近では自分ですくって食べられるように。1口ごとにママが大騒ぎするのでれいなも得意顔。

DSC_4118.jpg
「慎重にすくって・・・・」

DSC_4119.jpg
「口を開けておいて・・・」

DSC_4116.jpg
「あぁぁぁ~ん」

大成功!

でもまだまだ手で食べるのが主流。

DSC_4121.jpg
「手づかみは食べる基本!」

こうやって突然できるようになるのを毎日少しずつ繰り返して大きくなっていくんだなぁ~としみじみ実感。ママで良かった、って思える瞬間かも。

page top
新しいお友達
がしっとわしづかみにしたり、振り回したり・・・でもいつもれいなの側にいてくれます。

それはぬいぐるみ。最近ようやく興味が出てきたみたいです。お気に入りはダンナの妹からお土産でもらった大きめのミニー。こちらの人形(Dolly、ドリーと呼ばれてます)はつるっぱげで目も怖いので絶対に買わないと決めている&義母にもそう言ったのでうちにいるのはぬいぐるみとラグドールくらい。

でも今まではベッドの飾りでしかなかったのだけど、ミニーをもらってからというもの、寝る時も起きたときも抱いてます。というか、はがいじめ。


お昼寝中のれいなさん。今日はミニーちゃんはリビングに置いてけぼりだったので他ので代用。

DSC_4110.jpg
「だって仲良しだもんね。いつでも一緒だもんね」

なんだか無理強いしてる友情のような(笑) 私の夢はれいなと同じ大きさのテディベアを抱いて眠る娘なんだけどなぁ。イギリスって『ぬいぐるみ屋さん』がない気がする。昔日本にはあった気がするんだけど、今はもうないのかなぁ。


page top
グエル公園
ちょっと離れたところにあるのですが、絶対に外せない!と思っていたのがグエル公園。
もともとは住宅地にする計画だったのに、丘の上で町中から遠かったことが理由で2軒しか売れず(しかも1軒はガウディが購入)、頓挫したプロジェクトだそうです。 今でも1軒は個人の邸宅で見学不可だそうです。

さて、私たちはグエル公園のサイド入り口から入ったので写真などで見る有名な箇所にたどり着くまでにたくさん歩くはめになりました(笑)。でも、ようやくたどり着いてみるとデザイン性の高さに驚き!

グエル公園上から
入り口を入ると真ん中にモニュメントがあって、階段が続いています。有名なイグアナ(?)みたいなのはこの一番上にあります。

そして円柱の立ち並ぶテラスを通って階段を更に上ると・・・
DSC_4041.jpg

言わずと知れたタイルの広場へでます。
3_15.jpg

不思議な形の回廊。波の形を模したとも、樹の根っこから発想を得たとも。
グエル公園波

れいなは中国人観光客に囲まれ、写真撮影会が始まりました(笑)
アジア人と西洋人のハーフが珍しかったのかな?父もダンナも「れいながかわいいからだよねぇぇ~」と目尻が下がりっぱなし。
DSC_4026.jpg
「何か急に囲まれてびっくりしたよ~」
page top
バトリョ邸とカサ・ミラ
宿泊先から歩いて5分、カサ・ミラへ。屋上にある不思議な形の煙突たちが気になって、「スターウォーズのダースベーダーみたい」と妹とテーマ曲を歌ったり(笑)。
カサミラ屋上
これらは排気口だそうです。機能にも装飾をするのがガウディ風なんでしょうね。

カサミラ玄関
玄関を中からパチリ。

カサミラ中身
ガウディの他の邸宅でも見られましたが、真ん中は空洞になっていました。

外から見るとこんな感じ。自然を教科書にしたというガウディ、波や砂丘、葉っぱや木などから形をつくりだしたそうです。
カサミラ外観


カサミラと交差点をはさんで、ガウディが改装を手がけたバトリョ邸がありました。
ブランド店などが立ち並ぶPasseig de Graciaにひょっこりと建っていて、お店に気を取られていると見過ごしそう(笑)
バトリョ邸外観

カサ・ミラと比べて入場料が€16.50(約2000円)と倍だった&ダンナはあまり興味がないとのことでれいなを任せて父と入りました。

中に入ってすぐに上へ上がる階段が。明かり取りの窓の形も素敵。
バトリョ邸明かり取り

そしてリビングとして使われていたらしい部屋。波のような形が好きです。
バトリョ邸リビング中

大通り,Passeig de Graciaに面しているのですが、さほど音も気にならず、とにかくあかりがたくさん入ってきます。
バトリョリビング

見る部屋がたくさんあって、うっとりしながら回りました。

こういうのが好きな人はバルセロナ、おすすめです。


page top
ガウディの旅
ガウディと聞いてまず思い浮かぶのは、サグラダファミリアとグエル公園でしょうか。あとはいくつかの邸宅かな?

まずはお約束のサグラダファミリア。

サグラダ外観

期待が強すぎたのか、何だかちょっと拍子抜けしました。ものすごく大きくて、すでに完成してる門などは精緻な彫刻に感心したけれど・・・。

サグラダ門

どこかに「わざわざお金を払ってまで中に入らなくてよい」と書いてあったのだけど、確かにそうかも。階段を上って上まで行けるはずが、セキュリティのためにエレベーターのみ(有料)になってて、しかも1時間待ち・・・というわけで諦めました。
サグラダ内観中の天井。

この数字版は、縦横斜めどのラインを足しても33になる不思議なもの。そして33はキリストが磔にされた年令だそう。確か、この数字の組み合わせは330通り(33通り?)だと父が言っていたような。とにかく不思議でした。
ガウディ数字

次回はガウディの邸宅です♪

page top
ただいま~
バルセロナから帰ってきました。1週間、ゆっくりといろいろ見ることができてよかったです。イギリスの旅行会社では週末のシティブレークとしてバルセロナがよく挙げられるけれど、2泊3日じゃ絶対に足りない気がする。

今回は妹も来たので3ベッドルームのマンションタイプに宿泊。メイン通りのPasseig de GraciaとDiagonalが交差するすぐ側にあって、しかも95㎡と広々。バスルームも2つあり、キッチンもフル装備、洗濯乾燥機も完備と至れり尽くせりでした。うちのフラットよりも広くて快適(笑) このマンション管理会社、おすすめです。

さて。1週間でいろいろとみましたが、とりあえずバルセロナで見つけた食べ物たちを紹介します(笑)

日本でいえば小料理屋?Bar(バル)やCerveceria(いわゆるビアホール)のカウンターで飲みながらカウンターのショーケースに並べられているタパスをつまむのがスペイン流のよう。いくつか行ってみましたが、断然美味しかったのはココ。イベリコ豚のグリル系がものすごく美味しくて、味を変えてお代わりしました(笑) いつものことながら、写真撮るのすっかり忘れました~。

DSC_3950.jpg
カタルーニャ地方のデザート、Crema Catalana(クレマ・カタラーナ)はクレームブリュレからバニラ味を抜いた感じ。上のカラメルがかりっかりでそこが(一番)おいしかったです。

La Rambla(ランブラス通り)のLiceu(リセウ)駅近くのLa Boqueria(ボケリーア市場)。 生鮮食品の宝庫です。
           DSC01335.jpg
           ナッツやチョコの量り売り。

           DSC01336.jpg
 フルーツもおいしそう。オレンジとラズベリーをしぼった生ジュース(€1)は甘くておいしかったです。

            DSC01337.jpg
             ものすごい種類のキノコたち!

             DSC01338.jpg
              海産物も新鮮でおいしそうでした。

              DSC01340.jpg
               こんな風に並んでたら崩すのがもったいない~

DSC_4011.jpg
これは、Xocoaというチョコレート屋さんのもの。La Rambla de Mar(海のランブラス)にあるショッピングモール、Maremagnumと、Diagonal通りにあるショッピングモール、L'illaに入ってました。 ちょっと変わったオリジナルのチョコレートがいっぱいで、試したのは鍵の形のダークチョコ、クッキーが細かくなってるものにチョコレートをかけたものと、ナッツにチョコをかけたもの。値段は多少張りましたが味は良かったです。

DSC_4012.jpg
スーパーで買ったお菓子。シガールの軽い版で、れいなでも食べられるかも。あまりに大量に入ってて、1週間でも終わりませんでした。

次回はガウディ編です。



page top
行ってきます♪
明日から1週間、バルセロナに行ってきます。

今回は父の60歳の誕生日を祝うための一大イベントです。使ってないマイレージがあったのでそれを使って父を招待しました。なんて親孝行な娘(笑)

妹も誘ったら(まだ学生なのでチケットは主役である父に依頼、笑)、なんと来られることに!家族で揃うのはお正月ぶり、ダンナが妹に会うのはほぼ2年ぶり。

着いた当日が誕生日なので、ケーキ屋さんを探しまわるのも難しそうだし、イギリスみたいなおいしくないケーキだと嫌なので、スーツケースに入れても大丈夫そうなアップルケーキを焼きました。ああ、なんて親孝行な娘(笑)

でも、実は出発前からすったもんだがありました・・・。

出発の2日前にメールで「東京ーパリ間のフライトキャンセル」とあったのです。私がそのメールに気づいたのはジャンクメールの整理をたまたましたからで、あわてて航空会社に電話すると、パイロットのストとのこと。エールフランスめ!

すったもんだの末、出発予定の前日の夜便なら空いてるとのことだったので急遽変更。父を朝6時に叩き起こし、「今日の夜飛ぶことになったから!」と奇襲攻撃。 

成田空港から電話があったので、とりあえず無事にチェックインできた様子。そのまま飛び立ったんでしょう。

いろいろありましたが、主役が来られなくなるよりはずっとマシなので、結果オーライと考えたいです。

すったもんだで始まったこの旅行、楽しんでこられますように。

DSC_3944.jpg
アップルクランブルケーキです。箱に入れてスーツケースに入れて行きます(笑)
これに60本ろうそくを立てようかと思ったのだけど、やっぱり無謀かしら?

DSC_3923.jpg
「じいじっていう人に会いにいくっていうんだけど、それってお友達と遊ぶより楽しい?」
page top
初めての・・・&初めての!
れいな、初めて昼間に預かってもらいました。日本にいる時におじいちゃんにちょろっと見てもらったことや寝てる間に買い物に出たことはあったけれど、活動中の時間にパパ以外の人に預けるのは初めて。

といってもお願いしたのは週に2、3回は会っているママ友。きっとダンナよりも一緒に過ごしてる時間は長いかも。れいなも名前まで覚えてるんじゃないかな。

実はいつもロンドンに髪を切りに行ってるのだけど、今回は都合がちょっと合わず、急遽ブリストルに最近来たという日本人美容師さんのところにいくことにしたのです。

ただ、この方は平日しかやっていないのでれいなを誰かに預かってもらわないと行かれないのがネック。ちょうどうちでランチをしようと急遽決まったため、うちに近いママ友にお願いすることになったのです。

預けたときはあれ?という顔をしつつ、ばいばーいと手を振っていたので私の方が後ろ髪を引かれる思い(笑)。ミラーに映るカーシートが空でなんか変な感じでした。

結局3時間ほど見ててもらったのだけど、何回かふえーんと泣いた以外は大丈夫だったみたい。ママ友だったからきっと大丈夫だったんだろうな。れいなとママ友に感謝です☆

2つ目の「初めての」はうちでもんじゃ大会をしたこと(笑)

日本でもんじゃの素を2袋買ったはよかったものの、ダンナはきっと食感と見た目でドン引きだろうなーと思ったので、もったいないことになる前に初めからもんじゃを楽しめる日本人同士で堪能しようということに(笑)

みんなで準備。食べることには熱心です(笑)
DSC_3926.jpg

ママ友が明太子を注文してくれたので、モチ明太子もんじゃが実現。しかもた~っぷり入れたのでもう天国でした☆ なんだかんだいいつつ、2人前x4回の袋を4人で完食(笑)もちろんお好み焼きも、食後のデザートもいきましたよ。

子供達にもお好み焼き風ランチを。みんなお腹がすいていたのか、よく食べました☆

DSC_3931.jpg
「みんながよそ見してるうちに食べちゃえ!」(しかも口に何か入ってるし)

やっぱり和食(?)はいいな~。
どこでもドアがあったら即日本にご飯食べに帰るのに。




page top
プリンセス?
お友達のお嬢さんの誕生日パーティーに招待されました。子供達のドレスコードがTheme Royalty。貴賓っぽい出で立ちでね、ってことだったのでどうしよう~!と思ったのだけど、大人にはチゲ鍋とすき焼きが待っているという招待状を読んで、行かない手はない!とない知恵を絞ってれいなに着せるものを考えました。

こっちでプリンセスの衣装っていうと『シンデレラ』とかのディズニーものだったりして意外と仰々しい・・・・考えた結果、サリー風の衣装を縫っておでこにシールを貼ることにしました(笑)

出来上がったのがこちら。
DSC_3846.jpg
なんか、忍者みたいな気がする(汗)。ごめんよ、ムスメ。

当のれいなはおでこのシールと鼻のシール(鼻ピアスのつもり)を気にする風でもなく、初めは会場の雰囲気にたじろいでパパの手をずっと握っていたけれど(その時すでに母は食べ物コーナーへ、笑)、すぐになじんで遊び始めました。

DSC_3856.jpg
「すき焼きよりシャボン玉でしょう」

Mちゃん、お誕生日おめでとう☆ 素敵な4歳を過ごしてね♪
page top
クリームパン焼けました♪
タイトルはお友達のブログからのパクリです(笑)

しばらく食べたいなーと思ってレシピをプリントアウトしてあったものの、何だかめんどくさくて作らずにいたのだけど、彼女の作ったあんぱんを見て奮起することに。

ダンナは出来上がったカスタードを味見させてもらえてご満悦。

焼き上がったのが夜だったので小さいのをダンナと半分こしたけど、熱すぎて味はよくわからず。というわけで翌朝までお預け。

DSC_3845.jpg 
「切り込みを思い切り入れられたはずなんですが、2次発酵をしたら消えてしまいました。残念です」

感想は・・・ん~。クリームケチりすぎた!「あ、このパン屋ケチ!」って思うような、割ったらパン上下にカスタードがついてて、残りは空洞って状態。ショック~。はみ出ないように包むのが結構難しかったんだけど、それでも足りないかぁ。難しいなー。

カスタード,好きだけどシュークリームでもいいかな~。
ってダメだ、体重気をつけるんだった・・・・シュン。
page top
秋の午後・・・というより冬の午後?
一日雨という予報だった気がしたのだけど、午前中から晴れ間も除いたりしたブリストル。せっかくなので午後から鳥に餌をやりに行きました。

日頃の運動不足がたたって、片道20分が遠かった!身体が重くて・・・情けない。れいなを妊娠してた頃の体重管理表をひっぱりだしたら、38週末時点で+6.5kgだった!今回は、14週末だった先週+1.1kg。今週は明らかに先週よりも増えてる気がする。

それでもれいなは予定日直前に3220gで産まれてきたことを考えると、うっかり体重が増えた場合、このベビはどれだけ大きくなってしまうのか・・・。やっぱりマタニティダイエットかしら。今回はなぜかやる気がぜーんぜん出ない私。前回は今くらいまで週3回ジョギングしてたのもあるのかな~。ああ、憂鬱。

DSC_3713.jpg
「そんなこと気にしてないでほら、パン投げて」

DSC_3782.jpg
母はこの視線に悩殺されました(笑)

DSC_3798.jpg
新しい楽しみを見つけてしまいました・・・・

それは、

DSC_3799.jpg
水たまり!! 長靴と防水のパンツを履いていたので母は止めませんでした。

1人でママとパパと遊ぶのも楽しいけど、妹か弟が産まれて、2人で一緒に遊ぶのもとっても楽しいって思ってもらえると嬉しいな。



page top
何か・・・話し合えない
ダンナはもともとあまりしゃべる方ではありませんが、付き合ってる頃から感じていたのが、「議論ができない相手」ということ。

「○×についてどう思う?」と話題を振っても、「別にいいんじゃない?」とか「考えたことない」とかで話が終了~。私も熱く語るのが好きなわけじゃないけど(でも割と好きかも)、話題を振られた時に興味がわいたり、何かしらの考えが頭にのぼったりするし、お互いの感じたことを話すことで相手をもっと理解することができるんじゃないかな~と思ったりします。

オバマ氏が大統領選に勝った夜、ダンナが「キミはオバマが大統領になるのをどう思う?」と振ってきました。私は彼のスピーチや政策を知る機会のないまま今に至る(のもどうかと思うけど)のだけど、黒人と白人のハーフとして育ったとか、弱冠47歳だとか、カリスマ的な存在だということくらいは知っていたので、勝てば最高齢で、かつてベトナム戦争に従軍していたマケイン氏と比較してどうだろう・・・とちょっと考えてから自分の意見をいいました。

それに対してダンナは無反応。彼はどう思うんだろうと振ってみると、「オバマのこと知らないからわからない」で終了。

私も知りませんが! 「ちょっとは思うところがあるんじゃないの?」って突っ込んでも「ん~。強いていえば、2期目のために1期目の途中からまた仕事を投げ出して演説とかするわけでしょ。なんかおかしくない?」だって。

『それはマケインが勝っても同じことじゃ?それにあなたが振ってきた質問から逸れてない?』と思ったけれど、なんだか疲れてしまって流しました。

完全に知らなくても自分の意見ってないのかなぁ。思うところってないのかなぁ。頭をもっと使おうよ~。

と思ってしまうのは私のエゴでしょうか・・・・

もっと日常的な話題であってもたいていこんな感じ。そんなこともあって、夫婦の話題は皆無なのでした(沈)

って何だか愚痴に終止した感じだけど・・・・解決策だってなさそうだしねぇ。あるのかしらん?
page top
懐かしの味
母の味、として思い浮かぶのは他にいっぱいあるのですが、たまたまスーパーで見かけて無性に食べたくなったのがコレ。

まだ成城石井やカルディなどの輸入食材店が身近になかった小学生の頃、たまたまそういうお店に遭遇した時や、出かけた時にお店に出向いて買うものだったので、とても貴重な(笑)ものだったような気がします。

土曜日、学校から帰って 『今日のお昼何~?』って聞くとたいていチャーハンか、中華三昧(ラーメン)か(夏はそうめんかきしめんも加わる)だった中、コレがメニューにのぼるときは嬉しかったなぁ。

何かというと・・・

IMGP7566.jpg

分かりにくいかな? タコスで~す。

子供の頃アメリカで食べて以来大好きで、本当はきっと夏にガーデンパーティーっぽく食べるのがいいのかも知れないけど・・・つい購入(笑)

ダンナは初タコスで、『どうやって食べるの?』だって。彼、義母(彼のお母さん)のお陰で本当~に狭い食生活をしてきたんです。ちょっとでもスパイスのきいたものやハーブの使ってあるものもほとんど口にせず育ったため、インドカレーもKorma(ものすごく甘口なクリーミーカレー)じゃなくちゃだめだし、日本の中辛カレーですらいっぱいいっぱいらしい。不幸な人だ。

さて。初タコスを賞味したダンナ、「タコシェルだとすぐにバリバリに割れるからパンケーキの方が食べやすいね」だって。

「パンケーキって・・・もしかしてトルティーヤラップのことでしょうか?!? 」と思わず突っ込んでしまいました。イギリス人、薄くて丸いのはすべてパンケーキと総称。

でも500g使ったひき肉、残った分は翌日のお昼にでも食べようと思ったのに、ダンナはれいな用に炊いたご飯(高いやつ!)で完食してしまいました!

美味しかったということで・・・ありがたいことなのだけれどね(苦笑)

れいなもタコライスにして食べましたよ~。(注:うちの子、右利きです)

IMGP7576.jpg
「お肉はもちろん薄味でね。タコシェルも割ってもらって食べたよ」


page top
大人の階段を上がりました
私が手を洗ってるのを見て興味津々だったので以前までれいなを抱えて手を洗っていたのですが、やっぱり重いし、これからはできなくなるのでスツールを買おうと思って早数ヶ月。

前から目を付けていたIKEAのキッチンスツールをやっと購入しました。値段も£8(1500円くらい)と格安。さっそく本人を乗せてみました。

IMGP7555.jpg
なんだかちょっとへっぴり腰(笑)

IMGP7557.jpg
でも嬉しそう~。

IMGP7558.jpg
「せっけんもつけるってこと、れいな知ってるよ」

IMGP7559.jpg
いい写真が撮れるようにとずっとれいなの名前を呼び続けてたダンナを睨むれいな。
「なによ~、今いいところなの!」
page top
間に合った~!
イギリス、すっかり寒くなりました。風も強いし、曇りがちなので体感温度は4~5度くらいかも。とにかく寒い!寒がりの私にはとても辛い季節です。

そんな冬に必須なベビーカーのグッズの第1位は「フットマフ」でしょう。寝袋みたいになってて、中はフリース、外は撥水性の生地でできてるものが多いです。去年はブランケットで済ませていたのですが、今年は買おうかと思って探してみたものの、色がどぎつかったりしてあまり気に入ったのが見つかりませんでした。

というわけで、作ってみよう~♪

フリースの生地を買って、あとは適当に(笑)プラスチック製のおおぶりジッパーがイギリスにないかも?!という危機にも直面しましたが、ネットで探したらありました。ほっ。もうちょっとで日本から取り寄せるところでした。

両側にジッパーをつけて、れいなを入れやすくしました。でも、片側はうっかり縫い方を間違えてしまったのですが・・・もういいかってことで。肝心なところでいい加減な私(汗)

意外と楽しんで作れました。って直線だからね、全部。

IMGP7563.jpg
「お部屋で入れられても・・・困るんですけど」

これでれいなも冬支度ができました。でも、こんな寒い中、ベビーカーでお散歩なんて考えられません(苦笑)
page top
また巡ってきました
11月5日はガイ・フォークスデー。ガイ・フォークスは1605年にイングランドで発覚した火薬陰謀事件の実行責任者として知られる人物。この日にわら人形みたいなガイ人形を引き回して最後にたき火に投げ入れるのが昔の祝い方(?)だったらしいけど、最近では打ち上げ花火をバンバンあげて騒ぐのが通例らしい。

今年は一番近い週末が今週ということで、花火があちこちで打ち上げられる予定でしたが、あいにくの雨のため、去年ほどの爆音は聞こえてきません。去年はまだ5ヶ月だったれいなは音と外が一瞬明るくなるために寝られず、大変でした。

今夜はどうかな~?

ところで、昨日はハロウィンでしたが、去年に引き続き、誰もうちには来ませんでした。アメリカのハロウィンがちょっと懐かしいです。変装して、プラスチックのカボチャ型のカゴを持って近所を練り歩き、『Trick or treat (お菓子くれなくちゃいたずらするぞ~)』って言っては各家庭で用意してくれてるお菓子をもらって回ったのは25年経った今でもいい思い出です(笑) 日本でも宣伝するようになってきてるけど、まだまだ商業ベースで、あまり定着はしてないのかしら?

DSC_3678.jpg
先日お友達のお家でハロウィーンパーティーがありました。ちょっと借りてかぶらせてみたけど、「かわいいぃぃぃ~」とおだてても反応はいまいちでした・・・


© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。