イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
実感のないまま・・・
気がついたらもう大晦日。こちらは全くそんなムードもなく、元旦だってイベントというイベントもないまま過ぎて行く感じです。ダンナは両日とも出勤だし。

本当はおせちでも作ろうかと思ったのだけど、感動する人がいない(ダンナはきっとピザとか食べた方が幸せなタイプ)のでやめました。

とはいえ、大晦日はリアルタイムで日本のTVが見られる友達のお宅で朝からダラダラオードブルやおつまみを食べながら過ごす予定です。 少しくらい日本みたいな「ゆっくりお正月」気分を味わいたいし☆

今年はれいなに始まりれいなに終わった1年でした。イギリス&日本のお友達に支えてもらいながらココまで来た感じです。これからもどうぞよろしく!

今年1月のれいな(7ヶ月)と12月のれいな(18ヶ月)です。
DSC_0386.jpg

DSC_4163.jpg

ほんとに日々成長してるんだなーと実感。私も1日をもっと大事に過ごさなくちゃな~。

皆さん、よい年越しを☆ そして来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
page top
ムスメには見えず
前髪が長くなったのでまた切ってみました。
前回は正面から切ったのだけど、今回は食事の終わりに横から切ったため(今考えるとなんでそんなことをしたのか自分でも不明・・・)、斜めになってしまいました~。

DSC_4227.jpg

これは斜めだったところを更に揃えた後。それでも向かって右が・・・そしてバラバラです・・・。ごめん、ムスメ。

れいなは髪が柔らかいし、散らせば大丈夫と言ったのだけど、ダンナは「僕のプリンセスがMONK(修道士)になっちゃった!!!!NOOOOOOOOO~!」と悲痛な叫び(笑)

汰確かに中世の修道士みたいかも。

「髪はまた伸びるから大丈夫だよ(誰かさんと違ってなくなったわけじゃないから)」といったら睨まれました。 ダンナのハゲのことを示唆したのがバレた?






page top
無事生還
皆さんクリスマスはどうでしたか?我が家は何とか乗り切って帰ってきました(笑)

クリスマスランチはぐっちゃぐちゃの野菜とぱっさぱさのお肉であることに代わりはありませんでしたが、今回はスープと前菜を出してみたい&私が用意したいと提案したところ、快諾してもらい、ちょっと新たな試みもありました。

ダンナに試食してもらった結果、無難だろうということでパースニップスープとアスパラのベーコン巻きを出したところ、パースニップが嫌いな義弟はそれがパースニップスープと気づかずに完食、アスパラのベーコン巻きを初めて食べた義弟、義妹、義父(義母は食べず)はもりもり食べてくれたのでとりあえず成功♪だったかな?

れいなの食事に関しては、マッシュポテトを作る前にジャガイモだけ取り分けたいとお願いし、野菜も生で分けてもらってれいなのは別に調理したので無事乗り越えました☆

さて、クリスマスの朝。

DSC_4172.jpg
「ダディ、こんなのがベッドにいた」
サンタさんからのプレゼントは巨大クマのぬいぐるみでした。とりあえず首をもってます。
ちなみに、れいなはクマを全部「ぷーぱ(ぷーさん)」と呼びます。

寝起きなので顔がすごいです。
DSC_4173.jpg

ダンナ一族のクリスマスはすごいプレゼントの数です。

じゃん。写りきってません。
DSC_4189.jpg

れいながもらったものは・・・

じゃん。こんなに。
DSC_4206.jpg


とりあえず本人はおばあちゃんおじいちゃん&いとこにいっぱい遊んでもらって満喫したようなので、充実したクリスマスだったと思います。
DSC_4208.jpg


page top
メリークリスマス☆
ナンダカンダしているうちに明日はクリスマスイブ。ツリーもないし、街にも行かない日々なのでイルミネーションを見たという気もなければクリスマス!という気分もないまま突入になりそう。イギリスに来てからどうもそんな感じ。

とりあえずミンスパイ(ミンスミートと呼ばれる割にお肉は入っておらず、ブランデーなどに浸けたフルーツのフィリングが入ったミニパイ)とムルドワイン(Mulled wine、お砂糖、シナモンスティックなどを加えて温めた赤ワイン)は堪能しました。

あとは義両親宅へシャンパン、ワイン、クリスマスプディングは持参(だって向こうで出るの、美味しくないんだもん...)。そしてクリスマスプディングにかけるカスタードも手作り(だって向こうで出るの、粉をお湯で溶くやつなんだもん...)して持っていきます。

ちなみにダンナの誕生日が25日なので、いつもお誕生日をお祝いしてもらえてないため、今年はケーキを焼いていきます。でも持って行きやすいように普通のケーキではなくてロールケーキで。

明日の午後イチ出発なので、朝ケーキを焼けば準備完了。失敗しないようにしなくちゃ・・・。

クリスマス明けにダンナが日曜出勤のため(ラッキー)、3泊で義両親宅から開放です。明日もダンナは午前出のため、向こうに着くのは夕方。正味滞在期間はそんなに長くなくて嬉しいかも~(鬼嫁)

それではみなさんいいクリスマスを過ごしてくださいね♪
page top
食べさせちゃいますか?
クリスマスイブから義両親のところへ行きますが、やっぱりいつも課題になるのがれいなのご飯。

ぱっさぱさお肉にどっろどろ野菜にマーガリンいっぱいのマッシュポテト・・・とか、バターたっぷりのサンドイッチ・・・とか、れいなの身体にも悪そうなものばかり。

たまにならいいのかなぁ。でもやっぱり・・・それにこの前パブでお子様ランチを頼んだんだけど、薄味だったものの、食いつきが悪くて、結局お友達のおにぎりを分けてもらったらぱくぱく・・・食べ慣れてないからかなぁ。まあ身体には手作りで何を使ってるのかきちんと分かってる方がいいんだろうから、れいなはちゃんと育ってくれてるんだろうと思うんだけど。

義両親宅でもなるべく手作りする予定なんだけど、クリスマスのランチはこっちでは特別なもの。あ、といっても義母のは毎週のサンデーローストで焼くビーフとラムの他にターキーを加えただけ。お肉もぱっさぱさなのでれいなはぺーってしそう・・・。 ヨークシャープディングもラードたっぷりで焼いてるし、グレービーも顆粒のだから化学調味料いっぱいだろうし・・・・。

食べられるものはいろいろ出そうなのだけど、塩分とか、油分とか心配しちゃって何だかなぁ~。でも完全別にするのもな~と思っているのだけど・・・・

どうすればいいんだろう。 もう離乳食完了の時期だけど、日本では幼児食も引き続き薄味で、という一方で、イギリスでは18ヶ月ならもう多分完全に大人と同じものを食べさせてる人もいっぱいいる感じだし・・・。

18ヶ月ならもう食べさせちゃいますか?
page top
またまた新しい仲間がやってきた♪
今度は何かって?

いぇーい、車でーす。

れいなを妊娠した時に、やっぱり車がないと出かけるのに不便だし、産まれたら余計にバスなんか乗れないわ(だって1時間に1本で、20分かかるところを40分で行くようなバスだから)~ということで今のYaris(日本ではヴィッツ)を購入。

でも小さいだけあって、いわゆるA型ベビーカーをトランクに入れるのも一苦労。角度が悪いと初めからやりなおし(怒) 義両親のところへ出かけようものなら、おむつに食料にトラベルコットに・・・とあっという間にトランクも後部座席もいっぱい。

というわけで、2人目ができたら、産まれるまでに大きい車を買う!という約束をとりつけていたのです。 目を付けていたのはホンダのハイブリッド。形も普通のセダンで、トランクも大きいので私の大型スーツケースも楽々入りそう。後部座席にチャイルドシートを2つ乗せなくちゃいけないし、荷物も増えるのでこれくらいは必要~☆

何よりも毎年払ってる税金が今のYarisだと£140(約21,000円)なのが、今度の車だとハイブリッド車ということで優遇されて、何と£15(約2250円)! しかも今だと週1回満タンにするかしないかくらいなのだけど、そんなに遠出をするわけでもないのでガソリンを入れる頻度がぐぐっと減って、これまたお得なはず。

試乗車としてこの4ヶ月半使われてきた車を新古車として買うため(ダンナは新車を買う価値を全く否定する人なのです・・・)値段もちょっと安くなってた割にまだまだきれいだし。というわけで、支払い者ダンナ、法律上の所有者ワタシ、というオイシイ車をゲットしました。

というわけでお世話になったミニカー、Yarisとも今日でお別れ。大きな車を運転するようになるので駐車する時ちょっと頑張らなくちゃ・・・

ちなみにダンナが使っている車は独身貴族カー、マヅダのMX5。オープントップになる2人乗りのスポーツカーです。チャイルドシートをつけられないので私からは役立たずの鉄のかたまりと呼ばれ続けてます。2人目が産まれたら、子供を1人ずつ乗っけて別々に行動することだってあるだろうし、何かあった時に「あ、僕の車には乗せられないから」で病院に行かれなかったりしても困るし。

そろそろ父親の自覚を持ってファミリーカーに乗り換えてもらいたいものです。産まれてもまだうだうだ言ってしがみついているなら、私がハンマーで車をボコボコにする予定。
page top
初のA&E
A&EとはAmbulance & Emergency、いわゆる救命救急なのですが、ワタクシ、恥ずかしながら初めて行ってきました。

原因は・・・包丁で指を切ったため。しかも洗い物をしてて、まな板に乗った包丁ごと動かそうとしたら包丁が落ち、危ないと思って手を引いたところに刃が落下。ちょろっと切れたくらいかと思いきや、見てみるとざっくり・・・

ニンジンとかで飾り付けを作るのに、ちょっと斜めに包丁を入れて切り込みを入れたりするときのあんな感じといえば近いかな?ばっくり、ぺろぺろめくれてました(汗)

血も止まらないし、肉は切れてるしでしょうがないのでダンナのもとへ。入浴中のれいなを速攻出してもらって、パジャマを着せ、車で病院へGO! 

私:「縫うのかな~。でも妊婦だから麻酔使えなかったら野戦病院みたいに麻酔なし?!」

ダンナ:「んー。それもあるかもね。まあ我慢できる痛みでしょう」

私:「え!絶対嫌。そしたらepidural(麻酔)してもらう!あれならベビも大丈夫だし」

ダンナ:「・・・あれは下半身麻酔じゃん」

私:「(がーん)じゃあ...笑気ガスで頑張る」

といいながら到着。キッチンのタオルで圧迫したまま、傷をみるのも怖いので待機。2時間近く待ちましたが、診てもらったら縫わなくてもいいとのこと。paper stichなるもので傷を固定して、包帯ぐるぐる巻いてもらいました。5日後に自分で取ればいいそうな。

痛みもあまりないので辛くはないのですが、ふと 「破傷風の予防接種は最新まで受けてますか?」と聞かれたのがひっかかってます。調べてみると、赤ちゃんの時に受けた3種混合x3で基礎免疫ができているものの、日本ではその後小6あたりに一回、更に10年後くらいに1回の合計5回受けることで生涯免疫ができるとか。

私の予防接種の記録に残ってるのは赤ちゃんの頃の3種混合のみ。大人になって受けた覚えはないので、免疫は弱くなってる??

ネットで調べた範囲では破傷風の予防接種は妊婦でも受けられるらしいのだけど、傷を負ったあとからでも効果はあるんだろうか?

とりあえず助産師さんに相談するようにといわれて終わりだったので、電話してみるしかないのだけど・・・ああ、心配になってきた~。

******

というわけで、一晩明けて、お医者さんと電話で話すことができ、破傷風菌は土の中に多いので、ガーデニングで手を切ったとか、包丁が錆びてたとかじゃない限り感染する可能性は非常に低いので心配ないそうな。

よかったよかった。

包帯を取る日、傷はどんなになってるんだろう~。おえー
page top
お姉さん気取り
毎週行っているトドラーでの一コマ。

おすわりができるベビちゃんが一人で放置されていました(笑) ちなみにママは近くで談笑中。

れいなは「べいびー」といいながら近寄って、ハグしたりおもちゃを渡したり。

DSC_4155.jpg

DSC_4161.jpg


最近れいなはどこに行っても赤ちゃんが気になるお年頃。触りたがるけど、何だかデリケートなものって分かってるのか、得体の知れないものと思ってるのか、ちょっと遠巻きというか、ちょっと遠慮がちに触ったりします。

まだ力加減が分からないだろうから2人目が産まれたら抱っこしようとしたり、首がガクーンってなってたりするんだろうけれど、きっといいお姉さんになりそうです☆
page top
マミーにはできません
れいな、1歳半になりました。少しずついろいろな言葉が出てきて、「りんご」(ぎんご、に近いけど)、「チーズ」、「クラッカー」(実際は「かー」)、「レーズン」(実際は「ずん」)など食べ物ばっかりじゃん!という感じですが意思の疎通ができるようになっておもしろいです。

こちらの言ってることはかなり分かっているようで、「これじゃなくてもう一個の持ってきて」とか、「これはないないしてきて」とかいうとちゃんとできています。英語は多分この半分も分かってない気がするけど・・・。

NHKのいないいないばあっ!もオープン曲とあわせて「ばあっ!」と言ったり、踊ったりしてみてる方も成長を実感してます。

産まれて3ヶ月は下にもおろせないくらい抱っこ魔で、「baby from hell」だわ・・・とかなり憔悴してましたが、それ以降はとてもいい子で、よく食べるしよく寝るし、素直に(今のところ・・・)育ってくれてるなぁと感謝。2人目がそれこそ悪魔のようだったらどうしよう~(汗)

DSC_4145.jpg
準備はいいですか~?

DSC_4147.jpg
「わーい♪空飛ぶ箱!」

この後私にも「やって」とせがまれたのですが、もうさすがに11kgを超える娘は無理です・・・
page top
子供つながり☆
小包が届きました。開けたら、れいなのために&私のためにいろんなプレゼントが入ってました☆

プレゼント

れいなには本、足袋型靴下、ぬりえ、そしてお弁当箱。しかも入れ子式で4つ!
今までおやつやお弁当をIKEAのタッパなどにいれていたので、これでかわいい入れ物ができました。うれしい~。

3歳の女の子のママなので、れいながどんなものが喜ぶか、どんなものが必要かよくわかってるのでなかなかツボをついたプレゼントでした。

私にはお菓子とカシミヤの手袋!家にいても手が冷たい私なので速攻試着&しばらくはめてました(笑)
お菓子はダンナには分けないで大事に食べなくちゃ。だってスーパーで売ってるCadbury社のチョコとか、おいしくないチョコとブティックチョコの違いも分からない彼だもん。そんな口に食べられたらもったいない!!

プレゼントを贈ってくれたのはいとこ。実は1ヶ月違いで産まれているので歳も近いはずなのに、超核家族だった我が家は親戚付き合いが皆無に等しく(母方の祖父母のところに毎年行くくらい)、大人になるまでほとんど会っていなかったのです。

去年里帰りした時に久しぶりにゆっくり会っていろいろと話をして以来、お互い子供がいることもあって彼女がブログを見てくれたり、メールを送り合ったりして関係が続いています。

日本とイギリスだし、あまり会う機会もないけれど、復活した絆がちょっと嬉しかったりします。れいながもう少し大きくなったら、日本に帰ると一緒に遊んでもらえる&日本語を教えてもらえるお姉さんがいるのも嬉しいです。
page top
クリスマスとエコの関係
うちの義両親のクリスマスはすごいです。何がってプレゼントの数。

『何が欲しい?』と聞かれ、1つだけ答えた一昨年。「あとは?」「あとは?」と次々聞かれ、3つくらいリクエストを出しておいたのだけど、結局もらったのはその3つに加えてチョコレートの箱やらカレンダーやらで多分5,6個は楽に超えていたと思う。

クリスマスのために9月くらいから少しずつ買いだめしておき、当日はダダーン!!とプレゼントの山、という何ともイギリス人らしい(というのかしら)やり方をする彼女たち。れいなにもひたすら買おうとするのでむやみやたらに物をもらっても・・・と思うのだけど、去年もリクエストしたもの(これだけでも5,6品)に加えて勝手に買う小物たちを合わせるとやっぱり10個は超えていたような。

今年もどうやらそのパターンらしい。ああ、憂鬱だなぁ。はっきり言っていらないものをもらったときが一番困る・・・なんて恩知らず?できれば気持ちだけもらっておきたい。

大人のプレゼントは何が欲しいかはっきり教えてもらって、それを用意する/自分たちで買っておいてあとで精算(何だかとてもビジネスライクですが、欲しいものがちゃんと手に入るので実はよい)するようにしてます。それでもそれ以外にも義両親からは来るのでやっぱりすごいことに・・・・。

私たちも用意したプレゼントを包んだのだけど、3 for 2で買った4mのラッピングペーパーの筒の3本目がすでに終わりそう。これはどういうことなのか。。。ちなみに去年のクリスマスプレゼントはこんな感じ。
IMGP7348.jpg

ちなみに義両親&うち&義妹家族(子供1人)です。今年はもっとある気がする。
せめて巨大なツリーがあったらまだ雰囲気が出るのになぁ。

今年も25日の朝のリビングで姪が大喜びでプレゼントに書いてあるラベルを読んで、それぞれの人に渡していくんだろうな。そして捨てられるラッピングペーパーの量はハンパないんだろうな。そりゃそうだ、4mロールがうちだけで3本なくなったんだから・・・。リサイクルに出すとはいえ、この1日のためだけにもったいないなぁと思ってしまうのはワタシだけでしょうか。
page top
苦肉の策?
今になって思えば、今回の妊娠はれいなのときとは違う兆候がありました。

まずしょっぱなから鼻づまり。風邪かと思ったら、治ったあともずっと鼻が詰まっててて寝られないくらい。今は良くなってきたけどやっぱり続いてます。ネットで見たら、「妊娠性鼻づまり(これはワタシが勝手に命名)症」みたいのがあるらしい。

そして、甘いもの、食べても食べても止まらない。お腹いっぱいでもデザートは別腹よ状態。ケーキ食べ放題の高校生状態(さすがにケーキを数個食べたりはしないだけの理性はあるけど、野放しにしたらきっとホールで食べてしまいそう)。

今20週なのだけど、れいなの27週のときよりも体重は増えております。このままのペースで行くと12-3キロは行ってしまうかも。それは巨大ベビ&産後戻しの苦労として後でしっぺ返しが来るかも知れないのでやっぱりどうにかしないと。「ものすごく活発な男の子で動いてるうちにやせちゃって~」なんてパターン、食べるのが大好きなワタシには絶対あり得なそうだし。母乳で戻るのを期待してるけど、もしも母乳が出なかったら?!?!ああ、恐ろしい。

自分を戒めるために日本の妊娠HPを読んで体験談とか、妊婦ダイエットの記事とか読んでも今回は全く抑制が利かず。『みんな頑張ってるねぇ。でもイギリスでは15kgくらい増えるって書いてあるんだよねぇ」なんて都合のいいことに逃げているワタシ。

でも週に500g以上増えると身体に悪いと言われるとちょっとドキッ。あと20週あるとして、週500g増えていったら確実にあと10kgは増えるってことは・・・・きゃ~!!!

というわけで、甘いものがやめられないワタシでもなんとかしないとヤバいかも。苦肉の策に出ました。それは、『和風テイカロデザート』。

寒天があったので、それをわらび餅代わりに。あずきはお豆から煮て、ノンカロお砂糖(アスパルテームを使っていない、妊婦でもOKなものがあります♪)で甘みをつけ、カロリー1/2黒砂糖で黒蜜を作り、きな粉をかけてみました。

あんこが嫌いだった旦那も、あんこと黒蜜はおいしいって。寒天ときな粉は「変なゼリーとおがくずはいらない』ってさ・・・。

更にココナッツミルクのライトを買ってきたのでタピオカココナッツミルクもどきもできます♪

本当はタピオカどばーん!とか、白玉どばーん!とか更に抹茶アイスも乗っけちゃえ~!とかが食べたいんだけど・・・どんぶり一杯食べられるくらいの今の胃袋には危険すぎます。暴走するのが目に見えてます。

クックパッドでダイエットお菓子をいろいろと検索して作っていこうと思います。

それにしてもこの肥大胃袋、元の大きさに戻るんでしょうか・・・それも実はかなり心配ですw

page top
クリスマスですが・・・
日本だとカップル向けの宣伝が多いような気がするクリスマスですが、西洋ではクリスマスはお正月のような、ファミリーイベント。どこかに出かけるというよりは(まあ教会くらい?)、家でみんなで団らん、25日の朝にプレゼントを開け、クリスマスのごちそうを食べるのが流儀のようです。

実家ではアメリカから持ち帰った巨大な組み立て式ツリーを12月頭に飾りつけ、プレゼントを下に置いてイブにごちそうとケーキを食べ(ここがとても日本風)、よく朝プレゼントを開けて、25日の食事はイブの残り物という流れでした。でも毎年楽しみだったなぁ。

私たちは毎年義両親のところでクリスマスを過ごすため、家の中は通常営業(笑)。

でもやっぱりちょっと雰囲気だしたいなぁ・・・ということで、いつも飾ってる白いキャンドルを赤に変え、TV台の上にクリスマスのポプリを置き(でもれいなの手が届かないようにしてるのでとても目立たない・・・)、さらに今年はポインセチアを買ってみました。
DSC_4137.jpg
これでちょっとはクリスマスっぽいかな?

でも気分はあまり盛り上がらないのはなんでだろう。日本でもアメリカでもものすっごくクリスマスへのカウントダウンは盛り上がったのに・・・・。歳か?!それともイギリスではライトアップがあまりない&しょぼいから?!?!

とはいうものの、12月に入ってからの郵便物はもっぱらクリスマスカードです。我が家にもすでに20枚近く来ています。
page top
おでん大会!
体重が増えて困る~とか言ってる割には最近食べるネタばかりのような気もしますが・・・・。

今度は卓上鍋を使っておでんをしました~。冬と言えばおでん!しかもものすっごい寒いイギリスで、練り物系をたっぷり入れてのおでんなんてできると思わなかったぁ~。これもロンドン近郊の日本食スーパーのお陰です。
DSC_4135.jpg

こうやって苦労して食べると美味しさもひとしおのような・・・。といいつつ、大根や卵以外は全部買ったんだけど(爆)

子供たちも大根や練り物系なら食べられるので、あとは野菜とおにぎりを用意して放置。

れいなはお友達の名前を少しずつ言えるようになってきました。産まれたときから(お腹にいたときから)一緒だった幼なじみが数人いて、毎日のように会っている今日この頃(笑)。『○○ちゃんに会いにいくよー』と言うと「○○!」と連発しながら大はしゃぎ。外で会えばもう突進。

こんな友達がれいなにできるなんてすごく恵まれてるなーと思います。それに、私自身もママ友に恵まれて、大変な育児も何となくこなしながら、ここまで来られたような気がします。冷静に考えてみると、日本人ママばっかりで、イギリスに来てもうすぐ3年、現地の友人は一人もいません。これでいいのか!?

page top
Girls' Day Out!
私の性格を知ってる人は、「あれ?あんなに女の子が良かったはずなのに意外と前向きね」と思いながら一つ前の記事を読んだのではないでしょうか?

実は当日ものすご~~~~~く落ち込んでました。病院を出る頃には男の子でもきっとかわいいわ、って楽しみになってるだろうなーと思ってたのに、実際は女の子がうちにはもう来ないということがショックすぎて自分でもびっくりするくらいぼろぼろになってました(苦笑)

でも・・・幸いなことに今日はママ友3人とロンドン郊外、New Maldenへ子なし修学旅行だったので思い切り話を聞いてもらい、いっぱい食べていっぱい買って楽しい一日を楽しめたので何だか気分がすっきりしました。

ある方のブログに載っていたコースをそのままコピーしていったのだけど(笑)、韓国レストラン Su La はとても美味しかったしリーズナブルでした。
IMGP7601.jpg
お約束の小皿たち。優しい味でした。

チヂミとトッポキ。
IMGP7602.jpg
全然嫌な辛さがなくて食べやすい♪

そして焼き肉をたらふく食べたあとは、〆のビピンバ!
IMGP7603.jpg

あまり英語が通じなかったのだけど、私たちも『トッポキ』だの『カルビ』だの、知ってる韓国語(と思われる単語)を言って注文(笑) 親切にいろいろ教えてくれたり、美味しい食べ方を教えてくれたりで韓国人でにぎわってる理由も納得でした。

たらふく食べたあとは並びにあるお肉/キムチ屋さん、JINMI FOODSで大騒ぎしながらお持ち帰り用食料を買い、その後Hyun's Bakeryというとっても小さいパン屋さんへ行きまたまた大騒ぎしながら買い込み、最後にアタリヤで日本食材を大量買い込み。

ここでタイムアップ。というわけで帰りも爆裂トークをしながら帰ってきました。

あー、楽しかった!

ダンナもまたやっていいよーと言ってるので毎月決行したいな☆

ちなみに、修学旅行コースをまるまるコピーさせてもらった方のNew Malden探訪ブログ記事はこちら。レシピも簡単なのにおいしいものがいっぱいで、いつも読ませてもらってるブログの一つです。
page top
Xデー
ついに20週エコー検診に行ってきました。その2日前の夜、男の子がいる夢を見て、しかも「ああ、2人目は男の子なんだ」と8ヶ月くらいのその子を抱きながらリアルに思ったのでこれはまさか?!と思っていたのですが・・・

結果は!

じゃーん

男の子

でした。。。。。

しっかり見えてました。私でも足と足の間に余分なものが(笑)はっきり見えたので間違いないと思う。

というわけで、希望通りではありませんでしたが、授かっただけでもありがたいことなので、気を取り直して前向きに行こうと思います。

検診自体は、ベビの成長は問題なしでした。が、胎盤が低い位置にあるといわれ、36週に再度エコーをすることに。

調べてみると、たいていはその頃までには正常になっているけれど、0.5%くらいの人はそのまま低い位置になったままで、そうなると帝王切開じゃないと産めないそうな。直ってるといいなぁ・・・。


page top
いたずら
最近天気がよくてもものすっごく寒くて日陰にあるうちの車はお昼頃になっても全窓ガラスがカチッコチに凍ってます・・・今日の最高気温は3度でした。もちろん、お日さまは出てたけど外遊びなし!ごめんよ、れいな。

ということでこもっていたら、れいながどうも静かです。

覗きにいったらこんな光景が!

DSC_4129.jpg

後ろに写ってるのは物置スペース、通称detention centre(お仕置き部屋)。あ、でもお仕置き部屋として使ってるわけではありません(笑) れいなは自分から入って中からノックしたりするので効果ないし。 その中に置いてあった買い置きトイレットロールとキッチンペーパーを出してきてたのです。

早速トイレットロールで積み木開始。
DSC_4131.jpg
『大きいとやりやすいね』

DSC_4133.jpg
『パチパチ☆れいな,上手♪』

最近ドアを開けられるようになってしまったので(引くやつさえも)ちょっとめんどいです。でも思いがけないもので遊んでるのを見るとつい怒るのを忘れちゃうのでした。このあと、ちゃんと自分でトイレットロールは片付けてましたよ(笑)



© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。