イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
北上します
オファーを入れていた家、ダンナが同僚に聞いてみたら『あんなエリア』とか『一番悪いエリアでいつも新聞に載ってる』っていうことで・・・オファーは受け入れられたのだけど結局お断りしました。で、また家を探し直し。

私がブリにいても埒があかないので週末に内覧するために再び北上します。今回は私が子らを連れて1人で運転。道のり約320km。それって東京からどれくらいかなぁ?ぶっ続けで運転して3時間半だけど・・・いつも子供たちの休憩とかお昼とかで結局もっと時間がかかってる気がする。

今回の10件でも見つからなかったらもしかしたら見つかるまで義両親宅に居候かも・・・。というわけで炊飯器、お米(3合じゃ足りないかもねぇ)、包丁(ナイフじゃなくて包丁)、まな板も持参します。日本の包丁じゃないとどうも使いにくくて。それにどういうわけか義母はまな板を使わないんだよね。なんでだろう。持ってるんだけどトレーの代わりになってるし。

それにお義母は乾燥機を持っていないので家中のラジエータに服を干します。イギリスに行ったばかりの時同居していたのだけど、自分でやるからいいと言っているのに親切で私の洗濯物を干してくれたりして・・・下着が堂々とみんなの通る部屋のラジエータの上に干してあることが多々。というわけで洗濯の回数も極力減らせるように子供達の服も大量に持って行く予定。

というわけでものすごい荷物の量になってます・・・あはは。

ダンナは途中まで迎えに行こうか、といってきました。で、私があとを付いてくるってことらしい。そんなことに意味があるのか?なめんなよ~(失礼)

子供たちがどうか道中騒ぎませんように・・・のあにギャン泣きされるのは勘弁だな~

スポンサーサイト
page top
久しぶりの再会で・・・
日本に帰っていたのとダンナが先週まで仕事がなかったのでイギリスに帰ってきてからもママ友たちに会うことができずにいました。

ようやく今週になっていつものトドラーグループに行き、そのあとうちにお昼を食べにきてもらいました。
れいなはお友達に会って嬉しそうに遊んでました。子供だから『久しぶり~♪』とかそういうのはないけど、いつものお友達に会えるのは嬉しいみたいでした。

家の中でシャボン玉。うちは庭もないので解禁してます(笑)

DSC_2492.jpg

お友達がいるとやっぱり楽しいね☆
DSC_2494.jpg

お友達が帰る時、れいな大泣き。これには私もびっくりしたよ。その夜も次の日も「明日○○ちゃん遊びにきてくれる?」って聞かれて私もちょっと切なくなりました。春になったらお引っ越しなのに・・・寂しくなるなぁ。
page top
最近の画伯
最近あんまり絵をお描きになりません。いろんなおもちゃがあるからかなぁ。それに私に『○○描いて~』って言ってくることもなくなりました。なんでだろう。

でも時々こんな風に
DSC_2483.jpg

真剣に
DSC_2484.jpg
お描きになることがあります。

できた~!
DSC_2489.jpg
芸術は爆発だぁ~!髪を振り乱しながらお描きになりました。

クリームパンダとチーズと・・・ん?と思っていたら、『ジャムおじさん、チーズ、バタコ』らしい。

お手本を見ながら描かなくなって久しいためか、れいなのお絵描きは何だか脱線してきてオリジナルになりつつある感じ。昔のバタコさんの方が上手だったなぁ。

DSC_2490.jpg
僕はそういうこと言わないよ~。お姉ちゃん怖いもん(笑)
page top
お散歩~♪
日曜日、家族で近くのフットパス(歩行者と自転車のみの道)にお散歩に出かけました。
DSC_2442.jpg

れいなはお人形さんと人形用のバギーも持って行きました。
DSC_2448.jpg

でも『歩く』『バギーに乗る』『抱っこ』などたびたび立ち止まって大変。
お母さんはキレそうでした(いえ、キレました)。

いっぱい歩いて古い駅?に到着。電車の中でひと休み。カフェになってます。
DSC_2452.jpg

ボーイズチーム
DSC_2460.jpg

電車のパーツなのかなぁ?れいなは車だと思ったらしく、座って遊び始めました。
DSC_2467.jpg

僕も忘れないでね☆
DSC_2475.jpg

往復で3時間もかかっちゃいました。バギーにおとなしく乗ってくれて押すだけの散歩なら半分で済んだはず・・・でもこんなに楽しそうだったから、いいか☆
DSC_2481.jpg
page top
難航!!
家探し、終結かと思いきや・・・暗礁に乗り上げました、早速。
オファーを入れた家、返事が明日にも来るはずなんですが、ダンナと「行く途中に通り過ぎたエリア、ちょっとヤバかったよね」といって調べてみたら・・・カウンシルハウジングでした。といっても歩いて10分くらいなんだけど。近いと見るか遠いと見るか。

実はミクシィで知り合った日本人ママさんに『この市で避けた方がいいエリア』として教えてもらっていた2つのエリアの1つで、ちゃんと地図にも×をつけておいたのに、なぜか地名をすっかり忘れていて家のオファーを入れるところまで進んでしまったのです。せっかく教えてもらったというのに、うっかりにも程があるよ、私。それにしても気がついてよかった。

というわけで家探し再び。といっても今日から週末婚が始まった我が家。ちなみにダンナは義両親宅に滞在中。はい、引っ越し先は義両親宅から車で30分以内(10分とかの可能性もアリ)なのです・・・

で、家を探しにいくには
1)毎週末私が3時間半ドライブして義両親宅に滞在し、週末に家をまとめてみる
2)家をとりあえず借りてエリアがよくわかってから家を買う
3)義両親宅に居候しながら家を探す

という選択肢があるのだけど、2)は最低半年は借りなくてはならず、お金的にちょっと。3)は絶対にいや~(笑)。でも1)だと今回のようなことにもなりかねない。義両親宅はネットもつながってないからエリア周辺を調べるのもちょっと難しいし。

で、ダンナが出してきたのが「家探しのために1ヶ月とか義両親宅に滞在、家を見つけたら引っ越しできるまでブリに戻って生活」という案。家の契約が完了するまでにはだいたい8週間くらいかかるので、さすがに自分の家ですごしたいのでこれならまあイケルかも。

でも、カウンシル系の家がないエリアなんてあるのかなぁ?郵便番号を入れるとそのエリアの評価が出るサイトがあるんだけど、隣の通りが全然ダメだったりしてどうしたらいいのか。といってもうちが今住んでいるエリア、世帯収入High、大卒率Highって出るんだよね~。そんなにいいエリアには思えなんだけど。あてになるのか?!

学校のレベルで調べようと思っても、家を挟んで左側のは市で5位、右側のは30位とかで差があり過ぎ。やっぱり自分の目で見るしかないのかな。でも住んでみないと分からないことだってたくさんあるんだよねぇ。

ああああ。どうしたらいいんだろう。多分子供たちが大人になるまでずっと行くことになるだろう家なので住んでから後悔したくないんだよね・・・でもいつまでも週末婚じゃ大変すぎるし。

れいなのナーサリーのこともあるし、今後の方針(笑)を早く決めないといけないんだけど。ダンナも私も何だか何をどうすればいいか分からない感じ。

ちょっと愚痴になりました~。写真もないし・・・(笑)
page top
れいなのナーサリー
れいな、イギリスで初ナーサリー(保育園)に行きました。まずはお試し2時間。「れいなは日本の保育園みたいにここで遊んで、マミーはお家に帰ってからまた迎えにくるからね」と言ったらにっこり笑って先生と一緒に遊びに行ったので安心して置いてきたらその20分後。

「れいなちゃん泣いて泣いて手がつけられません。迎えにきますか?」と担当の先生から電話。れいなが泣いて泣いてどうしようもないなんて・・・隣のスーパーで買い物をしていたのでダンナに迎えにいってもらいました。

帰ってきたれいな、見るからに泣きはらした顔。

初めは遊んでたけど、私がいないのに気づいて(ちゃんとバイバイしたのに)周りのみんなにバイバイして帰ろうとしたらしい。先生と部屋の外に出て、『マミーはお家に帰ったよ』って言ったら泣き始めたらしい。心配だったらロビーで待っててもいいって言われたのだけど、れいなは結構平気なことが多いので大丈夫かなーと思って置いていったのが失敗だったかなぁ。

ナーサリーの話を出すたびにれいなの顔がひきつります。見るからにもう行きたくない感じ。寝るときに『今度はナーサリーでマミーも一緒に待ってるから』といったら「ナーサリー行かない』だって・・・・ああ・・・初めの一歩をしくじりました・・・。

そのうちに慣れるんだと思うけど、何だか気が重いです。
page top
家探しのその後
10月末にとうとう決まりましたの記事でダンナの転職のため、イギリスを北上し、リーズという都市のそばに引っ越すと書きました。今頃引っ越しでバタバタだろうなーと思っていたのだけど・・・

いえ、転職がダメになったわけではありません(ダンナの元同僚は開始日数日前に「やっぱり契約は白紙で」といわれたらしい)。が、事務手続きのいろいろのせいで結局日本から戻ってきてからじゃないと家を買えないことが判明し、結局家探しも1からし直しだったのです。

というわけで日本から帰ってきて再びネットで家探し。ダンナの新しい仕事が始まるのが週明けだったので、とりあえず2泊3日で家探し&義両親に会いに行きました。

私たちの家探しのポイントは:
1)最低4ベッドルーム
2)主寝室にトイレとシャワーがある(en-suite、アンスイートといいます)
3)庭が南(南西とかでも可)向き

上記は絶対条件。その他に子供たちが遊べるような部屋があったり、それぞれのベッドルームがができたらダブルサイズあること(日本だと8畳くらい?)などいろいろ希望がありました。

火曜夜~木曜午前中までで見た物件は12件。即却下のものもあれば、結構よくて魅力的なんだけど絶対条件のどれかを満たしてなくて却下したものもありました。日本ほど『南向き』が重要視されていないみたいで、そういうことは物件情報には一切書いていないことが多い。なので物件を絞り込む際にはGoogle Mapの衛星写真を見て庭のむいている方角をチェックしました。運悪く、1日曇っていたために庭の方向がよく分からず、家の人も分からなかったりしたのもあったので方位磁石を持って再度庭の方向だけ見に行ったりもしました(笑)。

庭の方向にこだわるのは、今のフラットのリビングが真北を向いていて日中も暗い&寒いから。せっかく庭があるならイギリスでは特に貴重なおひさまをちゃんと浴びたいじゃない?夏は日が長いからパティオで夕ご飯だって食べられるし。それなのに日が射さないんじゃ庭があっても仕方がない。

でも、方位磁石って車の中で使えないのね。カーナビの方位と、方位磁石の方位が全然合わない!アテにならん!と家に帰って義父にいったら「車の電気系統が狂わせてるんだよ。外に出れば使えるのに」と苦笑されました。あはは。

というわけで最終的に絞られたのは2軒。比較的新しくて町並みが揃ってる住宅街の家と、築30年で2家族が既にそこで子供を育て・・・その間に改築や増築をした家と。新しい方の家は庭の方向も完璧。必要としてたすべてが揃ってるのだけど、何だかつまらない家のような気がして私はちょっと。古い方の家はもうちょっと特徴があるというか、おもしろみがあるというか・・・庭もただの四角い芝エリアじゃなくて、リンゴの木がいくつもあったり、庭の先はゴルフ場の裏手なのでどこまでも緑だったりしてHouseというよりもHomeという感じがして気に入りました。

頭で考えると新しい方の家なんだけど、気持ちは古い方の家・・・ということでダンナを説得して古い方の家にオファーを入れました。返事は週明けとのこと。どうなるかな~。

これで決まってもこの先6-8週間は引っ越せないのでブリ生活は続くけど、ダンナは週明けから北部で新しい仕事なので引っ越すまで週末婚です。私は子供2人とブリでお留守番。毎日大変そうで憂鬱です・・この1ヶ月、ダンナがずっといてくれたから楽だったし。

ブリの皆さん、遊んでね~!!!

家をゲットしたらまた報告します♪

page top
おふろばしゃばしゃ~♪
ばしゃばしゃどころじゃありません。エプロンをしてても私がびしょびしょになるくらいです。

れいなは言えばとりあえずやめてくれるんだけど、のあはまだ言葉が通じない『アニマル』です(笑)
プールにも1回しか行ったことがないのに、水が全く怖くない様子。

声を上げながらばしゃばしゃばしゃ・・・・で、れいなも一緒にばしゃばしゃ。私はタオルで防御してるけど結局ダメです・・・



おふろ!


でもお風呂が大好きなのはいいことです♪
そしてれいなを見るとのあは一番いい笑顔を見せるのも親としては嬉しいものです♪兄弟って何よりも大事だと言っていた母の気持ちが分かるようになった気がします。

でもばしゃばしゃはちょっと控えめにして欲しい~
page top
「あ~ん♪」
なんでも自分でしたがるれいなですが、のあに対しても『私はお姉さんであなたはベイビーで何にもできないのよ』的な態度をとります。まあ私もれいなを立てるようにしてきたから仕方ないのかも知れないけど、みててハラハラすることもあるし「ああ、のあのことを放っておいてくれればいいのに」って思うこともあります。

昨日はついに「のあにご飯をあげる」と言い始めました。

CIMG2914.jpg
「れいながあげるの!」



離乳食をあげるれいな


このあともれいながあげると言い張り、のあは「早く!もっと!」と大騒ぎ。でもお姉ちゃんは譲りませんでした(笑)大きくなったのう。
page top
成長の違い
のあはれいなよりも成長が早い子でした。体重もそうだけど、寝返りもお座りも歯もれいなより早かったです。ハイハイはまだほふくだけど、れいなよりも移動距離とスピードが速い気がする。のあはすでにうつぶせからおすわりの体勢にもなれるので『座りたいんですけど~!』と泣くこともないので楽。
CIMG2922.jpg

でも、実は意外なことにれいなは今ののあのときにはすでにつかまり立ちをしてました。丸々してたけどのあよりもスリムだったかなぁ?のあの太ももはすごいことになってるし、膝上の肉なんて恐ろしいくらいたるんでる。赤ちゃんだからいいけどさ、これが私の足ならヤバいだろう、ってくらいに(笑)

のあはミルクなので哺乳瓶を使っているからか、マグマグのストローも未だ使えません。れいなは8ヶ月ですでにストローを使っていたのだけど、のあに試してみたら中にミルクを入れても吸う気なし。もしかしてストロー飛ばしてコップ?!マグマグ買い込んできたのに~。

成長は個人差だし、きっと性差もあるんだろうし、2人目ともなるとかなりいい加減で気にもしなくなります(笑)でも比べる対象があるとつい比較しちゃうのも確か。それはそれで楽しいし、今の2人は比べられることも理解できないからよしということで。大きくなったらあれこれ比べないようにしなくちゃ。
CIMG2897.jpg
page top
雪あそび~!
ブリストル、3週間ほど前から雪が降ったりやんだりで根雪になってる感じ。昨夜からちらちらとずっと降ってるし、ちょっとしか積もっていないけどイギリスにしてはすごいと思う。

子供たちは相変わらず時差ぼけ気味で、昼間3時間昼寝したかと思うと起こされて超不機嫌、その仕返しかのようにどちらかが4時に起きたりとなんだか大変です。なわけで私は9時に就寝してます(笑)。

雪がちらつく中、フラットの駐車場で家族で雪遊びにでかけました。

CIMG2860.jpg
手始めに小さい雪だるま。

CIMG2877.jpg
そして大きいのを作ろうと一生懸命転がすれいな。

CIMG2882.jpg
できた~♪ と思ったらのあはいつの間にか寝てました。

CIMG2888.jpg
結構大きいでしょ。

ちなみに超寒いの嫌いな私はデニムの下にストッキングに長靴下、今回の里帰りでたまたま見つけた大学時代のテニスシャカシャカパンツを上に履き(しかも長いブーツも着用)、上も4枚は着込んで完全防寒。ダンナと雪合戦をしたらさすがに汗をかきました。

ところで、イギリス人は雪かきをしません。ダンナに聞いたら、もし雪かきをしたところが凍ってそこで通行人が滑ってけがをした場合訴えられるとか。訴訟大国アメリカならいざ知らず、そんなことがあるんだねぇ。って雪がよく降るコロラドに住んでいた頃でも自分の家の前は雪かきしてたけどなぁ。

page top
子連れ里帰りいろいろ
役に立つか分からないけど、フライトのことや帰国中にやっておいてよかったことを書いておこうと思います。

<フライト>
ヴァージンでロンドンー東京間を飛んだのだけど、1年半ほど日本に帰らないうちに孤高の人だと思っていた(笑)ヴァージンがANAとコードシェアをしてました。というわけでいつも1列独占できてたのに満席。バシネット席も予約した3席しか使えず、端には2歳直前の子をず~っと抱っこするはめになったママがいました。ダンナが帰ったときも1人で年末に来たときも、私たちがイギリスに帰ってきたときも満席だったので今後はこういう状況なんだろうなぁ。というわけでこれからはのあの分も席を買うことになると思います。

ロンドン発のフライトでは乗ったらすぐにゴミ袋、2Lペットボトルの水、コップ、ティッシュボックスの入った袋を持ってきてくれました。東京発ではゴミ袋のみ。2ヶ月の間に経費節減のため廃止になった?それともスタッフの気遣いの違いかなぁ?

機内食はれいなの分は減塩食にしました。キッズミールを頼んだママ友がよくないと言っていたのと、普通食はしょっぱいから。特別食は早く出てくるので親の食事が出てくる前に食べさせられるし、味付けも薄め、デザートもフルーツで結構よかったです。

<空港で子供を遊ばせる>
子供用のエリアとしてはヒースローはヴァージンのゲート入ったところに飛行機のソフトプレイみたいのがあるのみ。成田は第1ターミナルは26番ゲート(ヴァージンはたいていここ)のそばにプレイエリアがあります。でも前回は受付の人もいたし、映像モニターも電源が入ってたし、おもちゃもあったのに、今回は無人でおもちゃもぼろいぬいぐるみばかり。新しいウィングの方にも確かプレイエリアがあったのでそちらにメインがうつっちゃったのかな?ただでさえ広いから空港を走り回らせるだけでも疲れてくれると思うけど(笑)

<チェックイン>
日本から戻ってくるとき、2時間半前に行ったらすでに長蛇の列。未だかつてないくらいの列でびっくり。チェックインに45分くらいかかりました。子供がいても日本の場合は優先してくれることがまずないので、子供をなだめながらちょっと大変でした。
バギーはいつも通りゲートまでOK、バギーボードもそのままOKでした。イギリス側はいつも荷物と一緒に出てきたのに、ゲートでピックアップになっていて楽でした。

<座席>
行きも帰りもバシネット席だったのだけど、アームが上がらない座席では2歳半のれいなが丸まって寝るのもぎりぎり。次からはもう無理かなぁ。のあはバシネットに座るけど寝ないし。これからもコードシェアなら『1列使えてラッキー』なんてこともなくなりそうなのでよく考えて座席を取らないといけなそう。

ところで、前は床に寝かせるのも黙認だったのだけど、行きに『マニュアルにダメと書いてあるので』と言われて寝てるのあを起こすはめに。なにさ!と怒っていたら帰りはベテランっぽいイギリス人のフライトアテンダントに「機内は減圧されてるため、揺れたときに一気に天井まで飛んでいってしまうため、親が一緒に遊んでいるのなら床にいてもいいけど、寝かせるのはダメ』と説明を受けました。確かに考えてみればそうだよね~。でもマニュアルの一点張りだとちょっとムカッとしちゃうのも確か(笑)あはは

<その他>
日本でやっておいてよかったのは帰国前の病院通い。ちょっとでも気になることがあったら小児科へ。今回はハナ垂れ、咳、湿疹など軽かったけど症状があったので連れて行ったら2人とも初期の中耳炎、そして乾燥肌ということで多めに薬を出してもらいました。イギリスだと中耳炎でも市販の風邪薬で様子見て、って言われるのがオチだし、痰を切る薬や鼻水を抑える薬もないし。薬で抑えるのがベストとは言わないけれど、やっぱりちょっと安心だったりするのです。







page top
最後の晩餐
日本での最後の夜、父が個室を予約してくれたので子連れでディナーに行きました。子連れでなんていつ振りだ?

CIMG2819.jpg 
ガラス張りでヒヤヒヤしたけどれいなは大はしゃぎ。

CIMG2791.jpg
自分の席もあってちょっと緊張気味。お子様コースもあって、なかなかでした。

CIMG2820.jpg
暖取りの炭

CIMG2824.jpg
串焼きのくしが喉に刺さった瞬間。はい、私のせいですね。

CIMG2836.jpg
石焼ステーキを食し中~

美味でございました。おいしい懐石と行きつけのお鮨やさんに行かれなかったのが心残りだけど、これは次回帰ったら果たすことにします。

もう今から次の里帰りが待ち遠しい~!

page top
無事到着&時差ぼけ中
最終週はばたばたしていて、いろいろとやり残したこともたくさんある気が・・・後ろ髪を引かれるようにイギリスに帰ってきました。イギリスは寒い!そして暗い!雪がたくさん降った&溶かすほどの陽気にならないため雪がしっかり残ってます。気温は2度とか・・・それだけでも日本に帰りたい!

ダンナも一緒だったので,1人で2人連れて帰るのよりはずっと楽だったけれど、それでもやっぱり荷物は多いしフライトは長いしで大変でした~。2人ともぐずることなくとてもいい子にしてくれたのでラッキーだったけど次は1人で子供たちを連れて帰省すると思うのでちょっと憂鬱・・・。

イギリス1日目はれいなが午前2時半に起きてそこから1日が始まりました。のあは5時まで寝てくれたのに・・・午後のお昼寝は2人ともマジ寝モード。2時間ほど寝かせて起こしたら2人とも怒る怒る(笑)何とか夕食を食べさせて寝かせたものの、2日目は2人とも4時半に起床。イギリスは今でも7時半くらいにならないと夜が明けないので暗いこと!れいなは8時半に「おやつ~」だって。

私は時差ぼけがないタイプだし、子供は柔軟だと聞いていたのになぁ。ダンナが転職先の仕事が始まるのが2週間後でよかった~。というわけで何とか元気にやっています。


CIMG2850.jpg
成田エクスプレス。今回は大人2名と子供1名分とって席を回しました。でも東京駅でほぼ満席となり、4席目にも人が乗ってきました。本当は+6000円でグリーン車個室を取りたかったのだけど、あいにく今回乗ったのにはありませんでした。うろうろしたがる子供がいる場合ならその方が気楽かな~と思うのだけど、実際に使ったことのある人はいますか?

CIMG2851.jpg
のあ,優雅に寝てます。うそ。あおむけでは寝ず・・・撮影後5分で起きました。でも抱っこしてれば寝たので、合計5時間くらいは寝たかな?

今回れいなに大ヒットだったおもちゃはおはなしパズル。近くの本屋さんで見かけたのだけど、3枚のパズルが本のようにつながっていて、それぞれのパズルには透明のケースがついているので持ち運びも可。すごく楽しかったみたいでこれだけで何時間かもったくらい。行きにウケの良かったシールブックには見向きもせず、お絵描きもせず、アンパンマンの本もダメ(アンパンマン飽きてきた?)。DVDもすぐ飽きてしまって実質役に立ったのはしまじろうの本と付録(またまた最新号を隠しておいた)、それからパズルでした。飽きさせないようにいろいろ考えて持ち込むのも大変です。
page top
初詣
三が日が明け、空いているかと思って初詣に行ったら・・・混み混み~。しかも子供も多かった・・・なぜ?!まさか3連休明けまで小学校もお休みとか?

空いてる前提でバギーで行ったので、人ごみの中ちょっと大変でした。しかも日本はバギーに冷たい気がする。バギーを押してるからどいて欲しいとか、優先して欲しいとは思わないけど、正面から来ても絶対にどかなかったり、あからさまにいやな顔をしたり、こんな小さな子供がいるなら来るな的な顔をしたりする人がいてちょっとびっくり。イギリスだとたとえ混んでるロンドンでも子連れには優しい気がする。いつも住んでるブリストルではフェスティバルのときくらいしか人がたくさん!ということはないけれど、それでも『子供がいてスミマセン』って気分にはならなかったなぁ。

といいつつ、子供を持つまで子供嫌いだったため、私もきっとあからさまにいやな顔をしていたに違いない・・・。

というわけでバギーに乗ったのあはダディと端に寄ってもらい、れいなとお参りに行きました。
CIMG2750.jpg
『けむりいや~!』
炎がすごくてれいなに引火するんじゃないかと(爆)思うくらい。

もうたたんでると思った出店がたくさん出ててマミー大興奮!大昔に食べて以来の五平餅を即買い。ダディに肩車されてるれいなをふと見上げたら・・・口を開けていた(笑)。というわけで一口だけお味見。

そしてもうひとつ、ベビーカステラ。たこ焼き器でホットケーキミックスを焼けばできるんだけど、めんどくさいからねぇ・・・やっぱり買っちゃうのでした。そしてあまり甘くなかったのでれいなにもあげてみた。
CIMG2762.jpg
ダンナ、うつろです。

れいながのあくらいのとき、『初めてつかまり立ちをした!』と日記に書いてあるのだけど、のあは立とうとするものの、お姉さん座り(オカマ座り?)のお尻の下敷きになってる足を抜けず。
でもスピードを増したハイハイもどきズリほふく前進でれいなのおもちゃを狙ってはあちこちへ移動してます。
CIMG2769.jpg
「こんなこともできるのだ~!日頃の恨み~」

日本滞在もあと2日です。ああ、やり残したこともあるなぁ。それよりも大雪のイギリスに戻るのが超~憂鬱。到着する日の予想気温、-8℃だそうです。ありえません。

page top
のあ、天才?
のあ、8ヶ月半になりました。

8ヶ月前から手を叩いてみせたら真似をしたり、ほっぺたに口を付けてぶ~っと息をかけてから「はい、のあの番」と私のほっぺたを向けると同じことをし返してきたりと何だかれいなのときよりも理解力があるような気が。

CIMG2639.jpg
「こんなこともできちゃうのだ」

↑ これは普通だと思うけどね

服を脱がせる時、座らせてから「ばんざーい」と声をかけて服をまくって脱がせるのだけど、最近脱がせるとき腕を自分から上げてるかな~って感じでした。

今日お風呂に入れる時、そうやって服を脱がせてからちょっと思いつきで裸ののあに向かって「ばんざーい」と言ったら・・・両腕を上げました!

これってすごくない?ちゃーんといわれてることが分かってるってことだよね~。

うちの子すご~い。

はい、そうです。書くネタがなかったので無理に記事を作ってみました。
あ、でもばんざいはほんとです。でもばんざいってちょっと時代遅れだし・・・役には立たないけどねぇ。

ベビーサイン、「食べる」と「飲む」と「読む」は始めたのだけど、もっと見せ始めてもいいのかな?多くても初めのうちは仕方ないっていうけれどねぇ。れいなのときも初めは2種類だけをずーっと見せてて、自分からできるようになって増やしたらすごい反応が返ってくるようになったんだけど・・・。
page top
新年早々
イギリスでいつも遊んでもらっているママ友が里帰りしていて、会おう会おうと言いながらや~っと会えました。今回はお互いダンナ付き。人員が必要と思われたので(笑)そして大正解でした。

この前天皇ご一家が訪れたというニュースをみて以来気になっていたこどもの国。家から1時間かからないのが分かってそこで集合することに。まだ三が日だし、絶対空いてると思ったのに結構人がいてびっくり。

家畜やミニ動物たちがいるところでは子供たちはおおはしゃぎ。
CIMG2652.jpg
うさぎを抱っこ。初めはおそるおそるだったけど、かわいくなってきたみたい。
でもえさ(アイスクリームコーン)は怖くてフェンス越しに投げ入れてました。

遊具もあちこちに置いてあって、しかも結構ちゃんとした滑り台などがあってよかったです。
ターザン、大きなお姉さんたちが並んでるところに加わって並んでました(笑)やっぱりダディがいてよかった~
CIMG2664.jpg

SLにも乗りました。
CIMG2670.jpg

落ち葉のプールが作ってあって、子供たち大喜び。のあを座らせたら・・・・葉っぱをかけられましたw
でも本人ご満悦。
CIMG2698.jpg

11月1日からの日本滞在も残すところあと1週間・・・。帰りたくない~!!!!! でも仕方ないので残り1週間楽しみたいと思います☆


page top
はな、ハナ、鼻
この前友達と話してたときに話題になった、ダンナの『鼻』。
あまりに大きい(高い?)ので、真右を見ようとするとき左目はその鼻に視界を妨げられないのか?ということ(爆)
それから、鼻の先っぽがばっちり見えて邪魔じゃないのか?ということ。

CIMG2524.jpg

ダンナ曰く、別に視界は妨げられないけど、鼻の先はばっちり見えるらしい。邪魔じゃないみたいだけど・・・

れいなとのあの鼻がどうかこんな形になりませんように・・・・
page top
2010年明けましておめでとう!
うちは母の実家(長野)の風習でおせち料理を食べるのは大晦日の夕食どきです。お刺身や生ハムなども並べて、シャンパンで乾杯します。元旦もさらにおせちを食べます。

CIMG2628.jpg

子供たち、TVを見てますが・・・(笑)

のあはまたしてもこたつに落ちてました~。落ち納め(笑)

CIMG2623.jpg

今年も家族全員元気で過ごせますように。
皆さんよろしくお願いします☆
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。