イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
1日(いっぴ)につき、宣言します
れいなが小さかった頃は、大声で怒ったりすることもなかったのに言葉で言って分かるようになってきてから、いうことを聞かないときに大きな声で言うことが増えてきて、それが普通になってしまった。いけないなーと思いつつ、イライラしていたりするとつい怒鳴ってしまう毎日。のあにも怒鳴っている自分が嫌になるけど、どうにもならず。

昔はちょっと大きな声で強く言っただけで「大きな声で言わないで・・・」って涙ぐんでいたれいなも、今じゃビビりながらも動じない。いや、心の中ではきっと傷ついてるんだろうな~。

一旦慣れてしまうと本当に日常的に大きな声を出してしまうのが我ながら恐ろしい。れいなが最近ちょっと乱暴な言い方をしたり、大きな声を出したりするのはその反動だと思う。のあがいたずらした時も、もうむかついてむかついて、大声で怒ってしまう。するとのあは「ふえ~ん」。興味があっただけなんだよね、ってれいなのときは思えたのになんでここまでキャパが狭くなってしまったのか。

ので、ここに宣言。

落ち着いて諭すようにして、大声で怒鳴ったりしない。

子供に怒鳴るなんて大人げないもんなー。あの頃の私はどこに行ったのか・・・

取り戻してみようっと。
スポンサーサイト
page top
クリスマスにしてくれればいいのに
ヨークシャー、またまた雪が降りました。

DSCN0416.jpg

といっても生活が不便になる程度の中途半端な雪。もうちょっと西ではものすごい降って休校した学校も多かったみたい。ラジオで休校になった学校70校が読み上げられたのだけど、近くの高校と小学校は休校だったのにれいなの学校の名前はなし。念のため電話したら、明るく「ありますよー」だって。

というわけでさすがのアウトドア仕様のバギーでも10cm程の雪では無理だと思い、のあをスリングに入れて、れいなと手をつないで学校へ。坂が多いので、万が一スリップしたら嫌なので徒歩です。メイン道路は大丈夫だったけど、やっぱり学校につながる道は誰も雪かきしていないので雪が踏み固められていて滑りそうでした。

IMG_0021.jpg
これが大通り。

で、そこから伸びる横道。雪ビッチリ。
IMG_0023.jpg

というか、雪かきをしている家は15分歩いた中で3軒。しかも1軒は自分の家の前だけ雪をどかして、しかもそれを歩道に・・・これじゃ歩けないじゃないか!どこまでも車本意な雪かきの仕方にイライラ。

ちなみに、こちらではチェーンは禁止らしい。道路が傷つくから。代わりに砂みたいのを撒く車が出動したり、道に砂を入れた箱が置いてあったりします。スノータイヤとかスタッドレスとかも大陸では当たり前みたいだけど、イギリスでは『そんなに雪が降らないから』という理由で普及していないらしい。

・・・って近年かなり降ってますけど?みんなスリップしまくってて、壁に激突したりした車のニュースとかもやってますけど? こういうときの適応力のなさ、イギリスは天下一品。日本なら、あっという間に宣伝広告や特番で冬/雪支度/道路の安全についてやって、あっという間に関連商品が売れていくと思うんだけど・・・。で、来年の冬にはみんな前もって用意しておく,みたいな。まあやりすぎな感もあるけど、しないよりいいと思う。それにくらべてイギリス人はのど元過ぎれば,の人が多くてまた来年も同じ状況になる気がする。

page top
雪が・・・
まだ11月なのに、雪が3回も降りました。1回目はちらついただけ、2回目はちょっと積もり、3回目はコンサバ(サンルーム)の屋根に雪が落ちる音が聞こえるくらい。異常気象か?去年は南部に住んでいたとはいえ雪が降ったのなんて1月か2月だった気が・・・

DSCN0412.jpg

DSCN0410.jpg
雪遊びに出たのになぜか3輪車に乗る息子。

寒がりの母は写真を撮ったら即退散。もっと積もったら重装備で遊びに出るけどね。近くに坂もあるからソリでも買っちゃおうかな。

雪が降ったら学校はどうなるのかな~。雪の中歩いて行くのはブルーだけど、車でスリップする方が怖い。歩いていてスリップした車にはねられるってこともない訳じゃないけど、スリップして人や車にぶつかる方が嫌だし。

ちなみに、イギリスでは雪かきをしている人を見たことがない(私だけ?)。去年結構積もった時も家の前すら雪かきしない家が多くてびっくり。ダンナに聞いたところ、「家の前の歩道(=公道)を雪かきして、そこで誰かが滑って怪我をした場合、訴えられるからしない」と何とも驚きの答えが。

雪かきをすることで自然の(雪が積もってて歩きにくい)状態を変えたために誰かが滑ったとしたら、それは雪かきをした人の責任だ

というのです。

まじで?まさかー。と思いつつ、ここはイギリス。そんな変なことがまかり通っていてもおかしくない(笑)

という去年のやり取りを思い出した矢先、偶然カウンシル(市役所のようなもの)のHPを見ていたら、「自分の家の回りを雪かきすることで誰かが怪我をしても訴えられることはまずありません。そもそも注意して歩くのはひとりひとりの責任なのです」と何ともびっくりな見出しが。

ということは、ダンナが言ったことを信じていて雪かきをしない人が多いということか?

日本でも子供の頃住んでいたアメリカでも雪がたくさん降ったときには自分の家の回りを雪かきするのは当たり前だったけど・・・イギリスは違うのだろうか。
page top
心理的なものですが
毎日れいなのナーサリーの送り迎えに片道15分の道のりを歩いているのだけど、最近とても寒いです。朝9時で-1℃とか。昨日は雪が2、3cmほどですが積もってました。まだ11月なんですけど・・・w 

で、前々から気になっていたのにイギリスに戻ってきてしまってちょっと後悔していたのがユニクロのウルトラライトダウン。

ウルトラ寒がりな私、スキー用の靴下に、ハーフスパッツを履いて、ジーンズを履き、ヒートテックタートルの上に普通のタートルを着て、もこもこのブーツを履いてもこもこのコートを着て・・・とものすごい出で立ち。夜脱ぐときにダンナに見られようものなら、「一体何枚着てるんだ!?」。ダンナ命名の私の異名、 Ice Queen(氷の女王)です。

で、長いダウンコートは持っていて、お尻が暖かいから重宝しているのだけど、ふわっふわのファーがついているのと、デザイン自体がちょっと毎日の送迎用じゃない感じ。とても気に入っている上に日本で買ったし安くなかったので長いこと持たせたい(笑)ので毎日着たくない。

というわけで、イギリスのユニクロのサイトを見て買おうかと思ったのだけど、サイズが何だか微妙に違う。それに店舗はロンドンにしかない。不便だ。東京に住んでた頃はそういうこと考えたことなかったのにさ。

で、ただ単にSをXSにすればいいって訳でもなくて、肩幅や長さの寸法が違う。ガイジン仕様にしてるのね~と感心したところで所詮私は日本人体型なので日本で買って送ってもらうことにしました。SAL便で送ってもらったので、ユニクロUKの送料とほとんど変わらず。

ようやく届きましたー。開けてみると軽い。軽すぎる!

で、極寒の朝、下にヒートテックタートルと薄手のタートルニットを着て出かけてみた。

寒くない。積極的に温かいかと言うとそうでもないけど、全く寒さは感じず。暑過ぎて汗かいても逆効果だからこれくらいがちょうどいいのかも。念のためMサイズを買ったら中にマイクロフリース(どこまでもユニクロ、笑)くらいなら着られそうな余裕があったけど、今後も着込めるってことで(笑)

首元までファスナーが閉まるし、しっかり長いのでかなり重宝しそう。ワンシーズン着倒してもいい値段だしね。

でも、あまりの薄さに、「ダウン着てます!」感が全くない。ダウン90%、フェザー10%なんだけど、同じ配合の手持ちのダウンベストと比べて1/4くらいの厚さしかない。そういう意味で心理的な寒さがあることは否定できない(苦笑)。でも、寒くはありません。Ice Queenの私が言うくらいだからね・・・。
page top
ダンナの好物
ダンナ、感情の起伏がほとんどなくていつも低空飛行。私は逆にいつもアップダウンで激しい人。ダンナの気性の方が身体に優しい気がする(笑)

ところで、結婚4年目にしてダンナの大好物が判明。そういうことも言わないんだよね~。

で、ダンナの大好きなもの。それは

タマネギの炒めたもの

なんと 貧乏臭い 家計に優しい

とはいえ、1回に1個食べちゃうからそんなに経済的ではないんだけど、もう一品というときにこれを出すと大喜び。

唯一ダンナの感情がハイになるとき(笑)

私たち夫婦、こんなんでいいのか。

page top
手に入れるためなら
食べ物の恨みは怖いと言うけれど、私の場合はおいしいもの、食べたいものを手に入れるための執念は結構強い方だと思う。

芋栗カボチャ、大好きなのに、普通のスーパーで手に入るのは栗だけ。Sweet Potatoはあるけど、甘みも食感も全然違う。中華スーパーのでもやっぱり違う。仕方がないので自分で栽培してみることにした。父のアドバイスで水耕栽培をするべく、サツマイモを1袋買ってスーツケースにいれて密輸(笑)ただいま暗いところで待機中。

そしてカボチャ。こっちではKabocha Squash(スクオッシュ)、瓜として売られていて、しかもまさに日本のカボチャ!。でも、売っているところは非常に少ない。というより皆無に近い。これも種を日本からゲットしてはあるのだけど、やっぱりスーパーで買えるなら楽だだと思う。

イギリスで高級スーパーとして知られているWaitrose、高いけど何を買ってもおいしい。おいしすぎる。なので特定のものとバーゲンハンティング目的で行きます。毎週通っている日本語プレイグループの側に念願の店舗がオープンしたので行ってみたら、何とカボチャがぁ~!そういえばブリストルのWaitroseにも売っていたことを思い出した。で、買い占めました(笑)

DSCN0403.jpg

スープに煮付けにシチューに、ほくほくおいしいカボチャ♪もっと欲しい~!

で、電話嫌いの私がWaitroseに電話して青果係の人に在庫チェック。1回目は「ない」。翌週は「あるよ。何個欲しい?」で、3つ予約しました。カボチャを予約する女です。

店舗に行ったら売り場に2つ出ていたのでまずそれをゲット。更に店舗の人に声をかけたら、箱に10個くらい入れて持ってきてくれました。私がよっぽど嬉しそうな顔をしていたのか、「そんなに買ってどうするの?スクオッシュパーティーでもするの?」と聞かれてしまった。

これは日本でいうカボチャで、ここでしか買えないんだと力説したら売り場の人、嬉しそうに「好きなだけとって」だって。天下のWaitroseだからね、って感じでしょうか。で、7つ購入~。「またなくなったら電話してね」だって。

7つ買ったのにしめて10ポンド(約1300円)って安くない?しかもWaitroseなのに。
保存もきくからシーズン終わるまでひたすら買い込む予定です。

しまいには名乗っただけで「あのカボチャの人」って分かっちゃうかも(爆)
page top
祝日になるのね
先日ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの婚約が発表されましたが、式の日取りも決まったらしく、来年の4月29日金曜日だそうです。ということは、祝日~♪3連休~♪と思いながらラジオを聞いてたら、「スコットランドもこの祝賀ムードを取り入れ、祝日とする見込み」だって。ん?スコットランドは自動的に祝日になる訳じゃないのね?と思ってから先日ダンナとした会話を思い出した。

婚約発表があってからちょうど彼らの番組を訳す仕事をしていたのだけど、その中で、やたらにウィリアム王子のことを”future King of England(未来のイングランド国王)"と言っていたのが気になった。だってイギリスは連合王国でしょ。スコットランドなんて女王の住まいだってあるしさ。確かにスコットランドは独自の貨幣もあるし(どっちでも使えるけど)、学校の制度もちょこっと違ってたりするから、主権国としては1つだけど、その中で彼らの中には別の国という意識があるような気もするけれど(北アイルランドとかウェールズの人とかもね)、その辺のことは大学で勉強したはずなのにうろ覚え(恥)

で、ダンナに「イングランド王ってことは、スコットランドの人たちにとっては今の女王も彼らの女王とは思われてないってこと?スコットランドには女王がいないということなのか」と聞いたら、珍しく(爆)納得できる答えが返ってきた。

スコットランドの人にとっては、Queen is not their Queen (女王は彼らの女王ではない)けれど、She is their Monarch(彼女は彼らの君主)らしい。

これが合ってるかは分からないけど、仕組みの上では君臨してるけど、意識の上では君臨してないってことか?
書いてみると何だか分からなくなってきた・・・

でもまあとにかくロイヤルウェディングが見られるのは楽しみです。ちなみにウェストミンスター寺院。ダンナとロンドンにいった時、料金が高い!(たしか2000円くらいだった気が)と逆切れして入るのをやめた彼。私は前にも何回か入ったことがあったので別にいいや、と思ってやめたのだけど、なんかねー。
page top
最近の2人
納品したと思ったらまた依頼が来て、意外と忙しいこの頃で気がついたら更新が滞っていました。

最近のれいな(3歳5ヶ月)は日本で買ってきたドリルにはまっていて、迷路とひらがなを毎日やっています。1枚終わるとシールを貼るしくみになってるのもいいみたい。相変わらずこどもちゃれんじにもはまっていて、数ヶ月前の本を引っ張りだしてきては自分で読んだり、のあに読んであげたりしています。

ナーサリーに行くようになって毎日のように絵を描いてくるのだけど、なかなか上手。しかも突然「じいじの家に遊びに行くまほ(私の妹)」というタイトルの絵を描いてきたりします(笑)。

久しぶりにおえかきせんせいに何やら書いていると思ったら・・・

じゃーん。

DSCN0402.jpg


何やら込み入った絵を描いていました。初めは3人しか描かれていなかったので画伯に聞いてみると、曰く『マミーとダディーとベイビー」

ええと、もうベイビーはうちには来ないんですが(汗)と思って更に聞いてみると、「マミーとダディとれいな」とか、「れいなとのあとマミー」とか、毎回メンツが変わる(笑)で、最後に小さい人を加えて4人家族に落ち着きました。

雨や雲やお日さまもちゃんと描いていました。最近の進化?は、舌を描くようになったこと。舌と唇は赤いんだと熱弁してました。

DSCN0400.jpg

本人満足げ。

のあはもうすぐ1歳7ヶ月。ものすごくママっ子で、家にいるとベタベタ。一緒にTVを見ててもピトっとくっついてるか私の服を握ってるか。しかも至近距離にいるのに『マァミィ~!』と絶叫。かわいいけど、続くとうざい(爆)

この前ソフトプレイに行ったところ、サッカー場?があり、のあ大フィーバー。

動画をダンナに見せたら、"Sign him up!!(クラブと契約だ!)”だって・・・。
page top
ついに行ってきました。
感動の事実でゲットしたメンバーカード。やっと行ってきましたよ、LeedsのCOSTCO。カードを見せたら、写真をチェックすらされず、スルー。ちょっとドキドキしたのにさ、つまんないの(笑)

で、入って即見つけたのがおむつ。スーパーでセールするときの底値よりもう少し安い箱がダダーン!

というわけでゲット。

子供たちがよく食べるチーズ、激安!

で、ゲット。

今回は値段チェックが目的だったので、あまり買わなかったけど、安いものは本当に安い!

ビンボー臭い例で申し訳ないけれど、スーパーでやってるセールで食器用洗剤お得サイズ2本で£2.50(約330円)なのだけど、同じものが6本で£4.99(約660円)。すげー。キッチンペーパーも洗剤も柔軟剤も安い~!

日本と同じでUKものが多いけど、基本構成は同じ(あたりまえか)。日本と同じで、何でもかんでも安い訳じゃないけど、ほとんどのものは安い。

今回は公園に行った帰りに思いつきで行ったため、子供たちの自転車でトランクがいっぱい・・・ちょこっとだけ買い物をして、クーポンをゲットして帰ってきました。日本のクーポンより使えるものが割引になってる気がする。また来週行ってクーポン駆使する予定。

そのうちにスペアの冷凍庫を買って、スライサーを買って、お肉のかたまりをスライスして冷凍して、しゃぶしゃぶとかスキヤキとかチンジャオロースーとかやるんだ♪♪と熱くなっている私。どっちも安い買い物じゃないからそんな日が来るのかとすら一抹の不安が(笑)
page top
なにさまっ
のあ、もうすぐ1歳7ヶ月。こちらの言っていることがだいぶ分かってきて、「うん」とか「んノー」とか返事をするようになりました。ベビーサインもまだ使っているけど、少しずつ言葉らしきものも出ています。

動物も、サインでする象とキリンとクマ以外全て「わんわん」だったのが、犬とネコを「わんわん」、それ以外の大型動物を「んま」、牛を「む~、んま」と言うようになりました。

今まで「ぱんぱん」だったアンパンマンも「ぱんまん」に進化。

あと、車の中でかけている歌のいくつかにあわせて口ずさむようになりました。『ゴー!』を『ドー!』といったり、「らららら」を「なななな」と言ったり、結構オリジナルだけど、親としてはかーなーりかわいい(笑)

写真ののあ、テレビ見てます。なんというふてぶてしい姿勢。

DSCN0398.jpg

写真を撮られてもびくともしないし。なにさまだ~!
page top
秋晴れ~♪
アイルランドからダンナの日本時代の同僚夫婦が1泊2日で遊びにきてくれました。アイルランドには行ったことがないので私たちが行きたかったんだけど、超朝早い便で飛んで、超遅い便で帰ってくる飛行機しかなくて、翌日はれいなの学校があるので、友達に来てもらうことになりました。

れいなのために、開くとバレリーナが踊るジュエリーボックスとその中に入れるためのブレスレットと指輪をくれたのだけど、初めての女の子っぽい物をもらってれいな大喜び。自分の手を嬉しそうに見たり、箱を開けてみたり、また指輪を眺めたり(笑)


DSCN0384.jpg
こんな素敵な秋の日に自然と戯れなければもったいない!ということで出かけました。ほんとは超極寒だったけど・・・

DSCN0379.jpg
れいなは楽しそうに走り回り、

DSCN0388.jpg
のあは泣きもせず抱っこしてもらって私も楽ちーん♪

DSCN0387.jpg
こーんなにキレイ♪だけど寒い~!

DSCN0394.jpg
れいなの隣にきたのあ、ふいにれいなの手をつないで2人で仲良く歩いてました。かわいいのう。

寒くて何枚着ても寒いよぉ~って感じでしたが、よく歩き、自然の空気をたくさん吸って、晩秋を満喫しました。久しぶりに会ったお友達も結婚してから会ったのは初めてで、普段とても毒舌なのだけど、『新婚生活はどう?』って聞いたら「いいわよ」ってものすごく幸せそう~なカワイさ満載のお答えが返ってきて、気がついたら結婚4年目で子供たちのことばかりに目が行っている私はちょっとうらやましくなったのでした。

とかいいながら、今だって同じ部屋で一言も口をきかずにお互いPCに向かってるし(笑)



page top
すったもんだの末
月曜日かられいながついにナーサリーに通い始めました。本当は9月からだったのだけど、日本に帰る旨を説明し、ずらしてもらったのです。以前ここで愚痴ったように、ダンナがお手紙をちゃんと読んでくれなかったために開始日が11日2日()と書いてあり、しかも午前の部を頼んでいたのに午後の部になっていたことに気がつかず、帰ってきたときには学校がハーフタームという中休みだったため、月曜日の朝に電話して確認するという何とも嫌なスタート・・・

で、朝7時半過ぎに学校に電話したダンナから連絡があり、「今日の8:45からだって」だって!大急ぎで朝ご飯を食べさせ、えっちらおっちら15分ほど歩いて間に合いました。

いよいよ8時45分から11時45分までの3時間、週4日保育のスタートです。本当は週5日なのだけど、週1回はリーズにある日本語トドラーに行かせたいと交渉したところ、来年の9月にフルタイムになるまではOKと校長先生のお許しをもらったのです。

DSCN0363.jpg

行ってきまぁ~す♪

8時45分に3歳児の校舎の前で待ちます。ドアが開くとみんな一斉に入り、コートを脱いで自分の名前のフックにかけてお部屋に入っていきます。初日は先生がれいなをフォローしてくれたのだけど、今まで週2回別のナーサリーに行かせていたからか、まったく物怖じすることなく部屋に入っていきました。

3時間後、出てきたれいなはオレンジの反射ベストを着て、こんな大きい箱を持って出てきました。イギリスでは1歳前後から年1回くらい図書館(かどこか公的なところ?)から本などがもらえます。その年齢層に合った本が2冊と、この2年間はクレヨンとお絵描きノートも。3歳用のはどうやらこの箱のようです。宝箱、と書かれた箱は結構しっかりしていて、本格的(笑)入っていた本もかわいいお話でした。本に親しもうという取り組みはいいことだけど、ここまでするってことは、しないと子供に読み聞かせとかしない人があまりにも多くてヤバいってことなのか?

ところで、初日2日は私服で登園しましたが、制服は義務じゃないけど奨励しているということもあってか、全員が紺のスカート/パンツと白いトップスの上に紺のセーターやトレーナーを着ていました。セーターは校章入りのものを注文できるとのことで、それも遅ればせながら発注。

それ以外ものは「スーパーで買えるから」と言われました。そう、この「スーパーで買える制服」、イギリスに来たときからのびっくりアイテム(笑)新学期前になるとグレーや紺のスカート、パンツ、白いポロシャツやシャツがスーパーの衣料品売り場にずらりと並ぶんです。デパートや服飾ブランドでも販売しており、ちょっとずつデザインが違うし、質や価格も違うので自分の希望の物を選べばいいわけです。

公立だし,毎日着るものだし、経済的に節約したい人はお手頃のもの、こだわりたい人はちょっとお金を出して(といっても日本の制服から考えれば安い)ワンポイントとかカットとか、ちょこっとおしゃれをすることもできるってことなのかな?

で、モールやらスーパーやらあちこち行ったのに、新学期始まってだいぶ経っていたため、どこにもありませんでした(泣)で、ネットでみたらNextは夜9時までに注文すれば翌日配送OKで、しかも必要最低限のものは買えたので、本日は制服で登園。

DSCN0370.jpg

なんか・・・


地味~。つまんなーい。ババくさーい(笑)

女の子たちは黒いタイツで黒い靴、とかはいてる子がほとんどだけど、足寒そうだし、片道1km弱歩くし、靴は今までのものを履かせるつもり。ちょっと反抗的?(笑)


page top
肝が据わってるというか。
家族で歯医者さんに行きました。半年に1回の定期検診です。れいなと私は日本でも行ってきたので特に問題がないのは分かっていたのだけど。

「誰が一番に座る?」と歯医者さんが聞いたら、れいな速攻座りました。座席を倒されても何ともナシ。口をあーんと開けて、はい、終了。歯医者さんものすっごくびっくりしてました。

のあも私に抱かれて後ろへ倒れ・・・はい、あーん。すぐ口を閉じてしまうので何回も「あーん」と言わなくちゃいけなかったけど、泣くこともなく終了。

歯医者さん、2人の大人しさに思い切り驚き。いつもこんなにいい子なの?って。

いい子かどうかは別として(特にのあ)、れいなものあも病院関係で泣いたことがありません。注射を打たれてもちょこっと泣くくらい。

強いなー、うちの子たち。

で、今日は公園に行ってきました。
予報は12度で晴れだったんだけど、寒い!ババシャツ、トレーナー、ウィンドブレーカー、そしてダウンのベストを着て出陣(笑)

DSCN0301.jpg
車に自転車を載せて、野道をお散歩。

またまた度胸のある子供たち。
こんな高い滑り台も何のその。

DSCN0320.jpg

DSCN0327.jpg

DSCN0328.jpg
のあは2回目で脚がひっかかり、身体がよじれて額を強打(また)

岩によじ上り、
DSCN0335.jpg

ダディ目がけてジャーンプ!
DSCN0337.jpg

DSCN0336.jpg

1歳半になったのあは言葉もたくさん出てきて、『んま(馬)』とか『じょー(ゾウ)』とか『チョーチョ(蝶々)』とか『立っち』とか言えるようになってきました。すぐれいなの真似をしたがるので大変だけど、食事も自分でほとんどできたりと習得するものも早い気がします。

でもものすっごいママっ子・・・れいなは全然だったけど、もうベタベタで泣き虫で・・・かわいいけど『男の子は彼氏みたい♪』と思うほどの私ではないので結構めんどくさい&うざかったりします。そしてお約束の『泣かない!』多発(笑)

れいなは日本から帰ってきてますますおしゃべりに。でも一緒にいて会話ができて楽しいです。少しずつ楽になってきているなーと思う今日この頃なのでした。



page top
イギリスの教育制度
イギリスでは3歳になってからの9月より国の補助金で保育料15時間相当が無料になります。それはチャイルドマインダー(正式に登録されてるベビーシッターのようなもので、たいていその人の家で子供を見てくれます)でも、託児所でも、公立の保育園(ナーサリー)でも使えます。

ちなみにイギリスの教育システムは、何だかとても複雑(な気がする)。

3歳の9月:ナーサリー(上に小学校がつながってる場合がほとんど。学校に直接申し込む、週15時間)
4歳の9月:レセプション(フルタイム6時間?ここからは入学は自治体に申し込む。学区あり)
5歳の9月:Year 1(いわゆる小学校1年生)スタート

ただ、1日子供を預かってくれたりする、0歳児から預かってくれる保育園もあるし(ただし高い)、3歳の9月から教会などで週に何回か(午前か午後、とか)で価格も安めのナーサリーもあり。こういったところに行かせる人もいるし、れいなのように小学校にそのまま上がれるナーサリーに行かせる人もいます。

そして私が今いる地区では、

Infant School:3歳~7歳まで→Junior School:7歳~11歳→Senior School:11歳~何歳だ?(爆)

または、
Primary School:3歳~11歳まで→Senior School:11歳~

のどちらかのコースを進んでいきます。

来年の9月からレセプションのため、自治体から手紙が来ました。1月までに希望の学校上位3校を書いて申し込みます。この学校があなたのCacthment(学区)ですよ、と書いてはあるものの、他の学校を希望してももちろんOK。我が家は、大通りに出て右に行くとその学区の学校で、左に行くとれいなが通い始めた学校があります。住宅の感じも歩いてる人の感じも左の方が良さげ(笑)

日本にいるときは感じなかったけど、イギリスでは近所を歩いてる人を見ると何となくその人が属するグループみたいのが分かる。それぞれの学校の成績とか、調査報告を読むと、やっぱり良さげな学校の方は入った時点での子供たちのレベルが全国平均以上。イマイチな方の学校は、入った時点のレベルは平均以下。全国の平均より低いって結構不安・・・

イマイチな学校の方が150mほど遠いのに、学区校との連絡があったのだけど、うちはいい方の学校に行かせたいのでそちらのナーサリーに入れ、そのまま上がれるように願っている訳なのです。

自治体の係の人に問い合わせたところ、約束はできないけれど、その人が働いている間でナーサリーからそのまま上がれず、違う学校に通うはめになった子はいなかったということなので、どうか最悪の事態は免れますように・・・

第2、第3希望も近所にある(でも歩いては通えない)、そして学区校よりも成績/調査報告のよいInfant schoolを選びました。infant schoolから次に上がるjunior schoolもうちの地区は結構優秀なので、子供の出来はどうであれ、いい学校を確保したいなーというのが実体が分からないながらの親のもがきなのです。

ところで、れいなも月曜日からナーサリーに通い始めましたが、それについてはまた改めて。
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。