イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
少しは役に?
週末、リーズの日本人ママたちで募金活動をしました。リーズのセンターにあるスーパーと、その隣にあるショッピング街で3人ずつ2、3時間交代で赤十字のバケツを持ち、お礼代わりのたくさんの折り鶴をテーブルに並べました。

私がお手伝いできたのは2時間だけでしたが、赤十字が作成したJapan Tsunami Appealのポスターなどもあってか、予想以上の人が募金をしてくれました。

折り鶴に興味をもって近づいてきた子供のために募金をしてくれる親、お財布の中の小銭を全部入れてくれる若い女の子たち、折り鶴を渡したらすごく嬉しそうにお礼を言う人たち・・・感謝したいのはこっちなのに。みんなの気持ちがとても暖かかったです。2日で£1700(約22万円)集まりました。通りがかりの人たちが入れてくれてこんなに集まるなんて・・・本当に嬉しい。中心になって手配してくれたママ友はとても大変だったと思うのに、いつも笑顔で頑張ってました。感謝です。

地震が発生して1週間くらいは毎日生放送のニュースをネットで観て、1日中そのことが頭から離れなくて、気持ちもどんよりしていたのに、今では自分の生活中心に戻っていたりして、対岸の火事じゃないけど、何だか緊迫感が薄れている自分に気づいたりしてます。どんなに暗い気持ちでいようと被災した人たちや計画停電の影響を受けてる日本の人たちからしたら他人事であることは事実なんだけど。

でも、そんな中でも、自分の国で起きている非常時に何かしたい、それが募金だけであっても、自分も少しでも役に立っていると思いたいなーと思うのです。自己満足かも知れないけど。

感情は薄れていくものだけど、やっぱりこの気持ちは忘れちゃいけないし、この先被災地のことを忘れちゃいけない。来年も再来年も自分のできる形で被災地をサポートしたいなと思うのです。
スポンサーサイト
page top
1回目がすご過ぎた
たまたま広告を見つけて調べたら、2ヶ月前だったのに真ん前のど真ん中が取れたので行ってきました。

Disney On Ice。日本でもやってるみたいですね。存在は知っていたけど、行こうとすら思ったことがありませんでした。子供がいると変わるのね~。姪も連れて行きました。

スタジアムに入ったら早速「これ欲しい~」とプログラムとポップコーンの入った蓋付きのバケツをねだられ、ついうっかり購入。1つ£8(約1000円)もした!!!ディズニー恐るべし。

席を案内されたら・・・一番下まで降りてきちゃった。備え付けられてる椅子がないんですけど・・・と見たら、パイプ椅子!座席はクッション製のある席だったけどね。でもチケット購入時の座席表の通り、ド真ん前のど真ん中でした。

DSCN0998.jpg
ほら、この近さ!

今回のDisney on Iceはディズニーランドアドベンチャー。ディズニーランドのパークを舞台に繰り広げられる冒険ということで、ディズニーランドにあるアトラクションが次々に出てきました。

DSCN0997.jpg
ミニーたちが登場して、ディズニーランドに遊びにきている(設定の)人たちが群がったりサインをねだったりしていました。

DSCN1016.jpg
ティーカップと一緒にアリスと白ウサギ、帽子屋が出てきたときにはれいなものあも大興奮。DVDで観てるからねー。そんな子供たちを見て感無量な私(笑)

DSCN1029.jpg
最後には係員のお姉さんが「前においで」と口パクってくれて、リンクまで近づいてキャラクターと握手。

2時間ほどのパフォーマンスだったけど、子供たちはずーっと夢中でした。でも、気になったのが、スケートのレベル。まあ前と後ろにしか滑ることができない私がいうことじゃないんだけど、ジャンプとか回転とかでコケルのは、やっぱり仕方がないことなのか?普段目にする(TVでね)スケーターってオリンピック級だから比べちゃいけないのかな。それにしても成功したジャンプ、1人か2人しかいなかったよ・・・。デビューしたての光GENJIみたいだった・・・w

次もまた行きたいけど、初回からこんないい席が取れて、次回からこれ以下じゃ文句が出そう。「見えなーい!」とか「どうして今回はあそこの席じゃないの?」とかね・・・。うーむ。どうしたものか。
page top
画伯は画伯だった。
れいなは2歳になる数ヶ月前からお絵描きが大好きで、このブログでも紹介したところ、すごい!とたくさんのコメントをもらいました。のんきな母としては、嬉しいけど、「まあ確かにうまいかもね」くらいにしか持っていなかった感がありました。

で、ようやく比較対象=のあができたので比べてみたいと思います。

れいな画伯、1歳10ヶ月のときのお絵描き。

しょくぱんまん
しょくぱんまん。

みんな
マミー、ダディー、れいな

メロンパンナ
メロンパンナ

うーん。今見ると上手ですね。

だって・・・のあ氏、1歳11ヶ月でこちら、ドン。
のあお絵描き

何を描いたのか聞いても、アンパンマンだの、しまちゃんだの・・・本人は嬉しそうだからいいんだけどね。お絵描きをする回数も圧倒的に少ないから上達しないのか、れいなはやっぱり正真正銘の画伯だからのあは足元にも及ばないってことかなぁ。

絵心はひとまずいいとして、日本語の読み書きはれいなと同じくらいに興味を持ってもらいたいと願うばかりです。
page top
春到来なるか?
週明けから晴天。しかも暖かい!ちょうど春分の日=こちらではfirst day of spring、春到来!としきりにラジオでも言っていました。でもそのラジオ局、春をすっ飛ばしてビバルディの四季の夏をかけちゃったりしててやりすぎの感もありましたが、みんなやっと来た春に舞い上がってるということで。

そしてれいなのお迎えの途中で見つけたのは、

IMG_0142.jpg
てんとう虫!春だなぁ。

のあはものすごいビビリで、絶対に触れない。なのにバギーに置いてあげたら嬉しそうにずーっと見てました。自分のズボンに飛び移った途端「no! no!らない!(いらない)」と大騒ぎ。まったく・・・
1年ぶりの再会に、れいなも『痛いから嫌』という始末。説明したら納得したらしく、手に乗せて帰りました。

そして翌日も晴天♪しかも暖か~い。14度くらいだから日本からしたら全然だけど、夏でもそれくらいの気温のことだってあるし、お日さまが出てたのでとても暖かかったです。

で、お友達とランチ&公園へ。

IMG_0169.jpg

IMG_0170.jpg
いつも通り、娘は上ってました。

ここは古い修道院の遺跡があり、そのビジターセンターに子供向けの遊び場?みたいのがあって、衣装も置いてありました。で、そこでも遊んでみた。

IMG_0143.jpg
れいなハチ。

IMG_0150.jpg
のあてんとう虫。自分がなるのは構わないらしい。

IMG_0162.jpg
鏡よ鏡~この世で一番美しいのはだあれ?

IMG_0164.jpg
れいな!!

大好きなお友達と一緒にずっと遊べてとても楽しかった様子。来月はイースターなどが重なって学校に行くのは正味10日くらいなので、お友達にもっと会えるといいな。

今週はお天気がいい様子。このまま春本番になってくれることを祈ってます。

page top
電車♪
子供が2人いると移動は決まって車。で、れいなは最近「電車に乗りたーい」と言っていたのでダディのいる休日に出かけてきました。

20分離れたリーズの駅近くに車を停めてGO!

改札
ちゃんと改札があります。ロンドンはそうでもないけど、郊外(田舎とも言う)の駅は改札がないところも多いです。電車の中で切符拝見~しにくる人がいます。

駅
リーズはターミナル駅なので結構大きいです。

駅ナカスタバで子供用の牛乳を買って(もちろん大人用のコーヒーも)電車堪能するのあを激写。
photo-4.jpg

1駅、20分ほどでヨークに到着。ヨークは古い町並みが残っていて、お店も素敵。でも、まずはNational Railway Museumへ。無料の鉄道博物館です。

電車がたくさんある中、子供たちが走っていったのは公園!
のあ電車
はいはーい、運転手ですよー。

ミニSLもどきがありました。1人50p(約65円)という安さ!というわけで乗ってみた。トロッコ列車みたいだった(笑)
電車!
数分のコースだったけど、橋あり池ありのなかなかスリリング?なコースで、子供たちとても楽しそうでした。

そして個人的メインだった新幹線。おおきいねー。
新幹線
中にも入れましたよ。古い新幹線だったけど、お客さんもたくさんいました。

モーターマン
乗務員室はMOTORMANと・・・モーターマンって。

hogwarts.jpg
こんなものも。分かりますか?

hogwarts up
じゃん。
ハリーポッターの列車、ホグワーツエクスプレス。乗れたらもっとすごかったのになぁ。

トーマス
列車たちが並んでる光景は機関車トーマスの列車たちが集まって会話してるようでした。

子供たち、楽しそうだったけど『お腹空いたー』のれいなの声ですっかり『ランチモード』になり、退散。

子供たちが大好きなピザ(ヨークなのにw)を食べてから小道を歩きながら気になるお店を出たり入ったり。日本人に大人気らしい老舗カフェBetty's
、最近になって初めてその存在を知ったのだけど、しっかり寄ってきましたよ。

お店に着いたら長蛇の列。ダンナはお店の入り口に貼ってあったメニューを見て値段にびっくり。まあスタバとかよりは高かったけど、そうそうヨークまで来ることもないので決行(笑)期待が高過ぎたからか、そこまでおいしい~!って訳じゃなかったし、テーブルの間隔も近かったし・・・という感じでがっくり。

でも後日よく考えてみるとこっちのケーキ屋さんよりはおいしかったと思う。ティーポットとかも銀食器だし、雰囲気があるというか。うちらはきっともう行くことはないだろうけれど・・・

一日中歩き回って疲れたけど、れいなもしきりに『楽しかった!』と言っていたので充実した1日でした。

ちょっと寒かったけどねー。早く春にならないかなぁ。
page top
どういうわけか
地震発生から1週間。物資が届かない、燃料がなくて凍えるように寒い、薬がないなどさまざまなニュースを聞く度に地団駄を踏みそうになる自分がいます。日本ではヘリから物資を投下するのを許されていないという話も聞くし、ガソリンがなくて高熱が出てる子供を病院員連れて行かれないとか、放射能の風評が立っていて物資を供給することすら行なわれていない地域があるとか、心が痛むばかりです。

これだけ技術が進んでいても、ロボットの開発が進んでいても結局自然の力の前に人は無力だということなのでしょうか。どこでもドアがあったら物資を届けられるのに、とか現実逃避的なことを考えている自分がいたりします。

最近見なくなったのだけど、つい最近まで寝室に小さいクモがいました。

IMG_0108.jpg

よっぽど大きくない限りクモは放置、と決めているのだけど、このクモは見る度に何となく『ママ』だという感覚が拭えない。『ママ』とはうちの母のこと(爆)。

どうしてか分からないのだけど、このクモを見る度にうちの母がいるような気がしてならないのです。

ほんとに不思議なんだけどね。

母は『クモだなんて!!!』と怒ってることでしょう。

page top
こっちの人って・・
家にいる間はずっとNHKニュースを流していて、寝るまで見ているからか、最近連日怖い夢を見ます。地震や津波といった直接的なものではないのだけど、恐怖感を味わう夢ばかり。昨夜は夜中に気持ち悪くなり、上を向いて呼吸を整える始末。何だったんだろう。

被災地のこと、原発のことは気になりつつも、自分の生活は普段通りに流れていく、当たり前のことだけど、今回は特にそれに違和感というか、罪悪感というか・・・感じてしまってます。

でも、とりあえずブログも通常営業していこうと思います。

******

日本人って言われた通りにやるから創造性や想像力がないとか言われることがあるけど、これは絶対ガイジン(って私がここではガイジンだけど)がテキトーなんだと思う。柔軟性とか創造性とかそういう問題じゃない。

とダンナに言ったら、「だから言ったじゃん(言ってないと思うんだけど)」と苦笑してた。

何のことかというと、学校に持っていくクッキーのこと。

れいなが通っているナーサリーで卵からかえったヒヨコを飼い始めたらしく、その維持費のために先週ヒヨコの形をしたクッキーを販売しました。購入した子はレシピがもらえ、一緒についてきた手紙では「次の週の金曜日にヒヨコクッキーを焼いてきて下さい、大人(=親)に販売します。売上はヒヨコ維持費になります」とありました。

で、黄色い着色やデコレーションものを買い、生地を寝かせている間にずいぶん前に買った『クッキー型100セット』をひっくり返してみたけど、あったのは「あひる」型のみ。まあこれで焼くしかない。れいなに型抜きをしてもらい、冷めたところでアイシングとデコ(黄色いキラキラシュガー)もかけてもらって完成。

ダンナにうちにあったのはアヒルだったと見せたら、『大丈夫だよ』だって。そういうしかないよな、焼いちゃったし前の晩だし。

さて、当日お迎えに行くと入り口にテーブルが並んでいて、子供たちが持ってきたクッキーが売られていました。れいなとのあも3枚ずつ選んで帰ってきたのだけど・・・

これがれいなの選んだ3枚。
DSCN0943.jpg
どこにヒヨコが。

のあが買った3枚がこれ。
DSCN0944.jpg
あ、アヒル(笑)

ちなみに見た限り、黄色いの作ってきたのはうちともう1人だけでした。
とはいえ、ただの丸に黄色のアイシング。どんな種類であれ、鳥を持っていったのはうちだけw

のあにはアイシングを食べさせたくなかったのでうちで作ったアイシングなしのを袋に入れたのに、ちゃっかり黄色いやつ2枚を握ったので買うはめにw もちろん家で没収、アイシングを剥がしました(笑)

ヒヨコは4羽いました。親鳥は予防接種を受けてるとか、安全面でも一応気を使っているようですが、れいなは触ったこともあるようで、かわいいよーと言ってました。でも「初めは9こいたのに、逃げちゃって今は4こ」といってたけどどういう意味だ?

大きい学校(小学校)に連れて行ったんじゃないの?と言っても「逃げた」というばかり。もしかしてかえったけど生き残れなかった?

どうか大きい学校にいますように(笑)
page top
たまってるものも利用できそうです
日本の赤十字も義援金を受け付けているとのことで、そちらにも寄附をしました。いても立ってもいられないというか、そういう気持ちに突き動かされている気がします。

他にも何か・・・と思い調べてみたら、クレジットカードの利用で貯めたポイントが義援金に交換できるのを発見。ちなみに私が使ってるのはセゾンカードです。

マイレージも・・・と思って調べてみたのだけど、KLMとVirginにはそのような記載はなし。でも、アメリカの赤十字ではいくつかの航空会社のマイレージを使って募金ができるようです。イギリスの赤十字には残念ながらありませんでした。日本往復できるだけたまってるマイレージ、寄附できるならしたかったです。

今遠くからできることの中で一番効果があるのは、きっと寄附をすること。救援物資もそうだし、復興のためのお金も、多くて損はない。当初のショックや過熱した報道が収まったあとにも寄附が続くことが大事なんだと思います。半年後、1年後にも義援金を送りたいと思ってます。
page top
自分たちでできること
連日の地震被害の報道、見ていると胸が張り裂けそうですが1日中PCでニュースをみています。寝る時は、どうか翌朝起きたときに新しく悪いニュースが入っていないように、生存者が救出されたという明るいニュースが入っているようにと祈りながら眠りにつく日が続いています。

イギリス在住のママ友からメールが来て、子供の通う学校や職場にも募金のお願いをしてみるとのこと。私もイギリスの赤十字(British Red Cross)には募金をしたけれど、それ以外に何ができるのかと考えていたところでした。れいなの学校にも相談してみようと思います。

ダンナが勤めている会社は日本にもあり、そこから物資の提供ができないかも聞いてもらうことにしました。

それから、子供地球基金では、寄付金だけでなく、子供が必要としている物資の寄附も受け付けているそうです。

1人1人のできることは小さくても、それが積み重なれば大きな力になる。

遠くイギリスからも日本の復興を支えたいと思います。
page top
遠くからも
昨日の朝起きてダンナとママ友からのテキストで大地震のことを知り、慌てて父に電話&PCを開きました。

電話は通じなかったものの、すぐに父からメールが届き、一安心しました。友人もメールやFacebookなどで無事が確認できました。

同時に3チャンネルのニュースが見られる

https://dl.dropbox.com/u/8248054/view.html

などでずっとニュースを見ています。

お隣さんがわざわざ様子を聞きにきてくれたり、ダンナの友達が一斉に携帯にメッセージをくれたりと、色々な人の心遣いがありがたい一方、遠くにいるとニュースをみて心配することしかできないけれど、せめて義援金など、自分たちでもできる支援があればと思います。

被災地の方々の救出と安全確保、被害の拡大がこれ以上ないことを祈るばかりです。
page top
自宅でテイスティング
バレエ鑑賞に隣の大都市(笑)リーズに出かけ、大好きなチョコレート屋さんでうっかり買いまくり(笑)。

何を隠そう、私はダークチョコが大好き。で、お店でカカオ50%~100%までさまざまなカカオ含有率の薄い板状のチョコが並んでました。原産国も表示。

味比べをしようと思い、3つ購入(3つ以上で割引だったの、爆)
チョコ
65%、70%、そして100%。

ラベルに120時間concheって書いてあったのだけど・・・一体。

で、調べてみたら

『チョコレートを作るプロセスにおいての重要なステップであり、品質を保つためのステップとしても必要不可欠です。コンチングとは、砕いたカカオから抽出したペーストを大型タンク(コンチェ)で練り上げ、酸味を取り除く工程のこと』ということらしい。サイトによっては72時間もコンチングすることも!みたいに書いてあったけど、このチョコは120時間。無敵です。

ちょこっとずつ割って味比べ。
100%は無糖ココアを塊にした味なのは知っていたものの、つい勢いで買ってしまったことをやっぱり後悔。90%くらいにしておけばよかったかなー。

ダンナは65%がおいしいと。ダンナはホワイトチョコ好き(笑)
私は70%がおいしかったかなー。口に入れてからチョコの味が来るまでにちょっと時間がかかるんだけど、来た時の味がなめらか&濃い。

手のひらサイズ、厚さ5mmくらいのこのチョコたち、1本£3.00(約450円)。長持ちするけど、ガンガン食べるものでもない気がする。

そんなとき、濃くてピュア?なチョコが食べたくなったらコレ。
チョコ2

150g入って£1(約150円)程度の製菓用チョコ。しかも庶民派スーパーの自家ブランド(笑)。これが意外とおいしいのです。濃いので1かけで満足するし、お買い得です。ははは。

page top
意外とのあに
れいなとお手紙交換をしていたのだけど、ポストを作ると盛り上がるという話を聞き、やってみました。

クリスマスに使い切らなかったラッピングペーパーでワイプ(お尻ふき)の箱を包んで・・・
DSCN0907.jpg

後ろにはフラップをつけ・・・

DSCN0908.jpg

お手紙を入れておいたら、れいなものあも大興奮!

DSCN0909.jpg
マミーにお返事書くの。

『マミーお手紙どうもありがとう』ってちゃんと書いてあって、ああ、成長したな~としみじみ(笑)

でもれいなはそんなにハマってない気がする。私がお手紙を入れておくと嬉しそうにとんでいって手紙を読むけど、近頃返事を下さらない。

逆にのあが『手紙を入れる』『入れた手紙を(マミーかれいなに)配達する』ことにはまってしまい、毎日やってます。

そんなに喜んで頂ければ箱も本望でしょう。
page top
文化的な日
ママ友に誘われて、バレエを観に行くという何とも贅沢な土曜日を過ごしました。

小学校の頃、どういうわけか1年間バレエ教室に通ったり、バレエを題材にしたマンガ(笑)にはまったこともあったりしたものの、実際にバレエを観に行ったのは2、3回。しかも最後に行ったのは約10年前・・・

宣伝を目にする度に見たいなーと思ってはいたものの、ダンナが嫌がるのでいつも実現せずだったこともあり、今回のお誘いはまたとないチャンス!

マチネ公演だったので、ついでに(?)ランチもしちゃおう~ということで、不良ママ3人、子供たちを置いて集合。気になっている高級レストランAnthony'sがカフェを出しているとのことでそちらへ。

Corn Exchange(かつての穀物取引所)は円形の建物で、中に小さなお店がたくさん。
leeds6-3f722.jpg

Leeds_Corn_Exchange_05.jpg
吹き抜けになっていて、半地下部分にレストランとカフェ、シャンパンバー、パティスリーなどが入っていました。カフェではサンドイッチやサラダ、スープなどがリーズナブルな値段で楽しめます。

photo2
スイートポテトのスープ、日本のサツマイモ並みに甘くてとろーり♪しかもこの量。サラダは数種類盛りつけてもらうこともできるし、好きなのを1品選ぶこともできました。

不良ついでにグラスのプロセッコも頼みました。ははは。

お腹がいっぱいになってところでメインイベントの会場へ。そこで待っていたのは誘ってくれたママのダンナ様。実はこのママ友、観に行ったバレエ団でかつてプリンシパル(最高位)だったお方なのです☆で、ダンナ様は舞台監督さん!というわけで、開演前の舞台裏まで案内してもらい、舞台から客席を見たり、出演者のダンサーたちに会ったりと考えられない体験までさせてもらいました~♪

photo.jpg
(どうしても回転できなかったのだけど、載せちゃいます)空っぽの客席。これが埋まってて自分にみんなの目が向けられてる中で踊るってどんな気分なんだろう。

気分が盛り上がったところで本番です。今回の演目はクレオパトラ。今までに見たことのある2作品はどちらも『バレエと言ったら』的なもの。「音楽家と言ったらモーツァルトとベートーベン」くらいに初心者級(笑)一方クレオパトラは新しい演目とのことで、衣装も動きも音楽も新鮮でした。

12歳以上じゃないと観られないということだったのだけど、確かに。殺しあり、男女の絡みありのスリリングな大人のバレエでしたよ(笑)。でも、久しぶりのバレエということもあって2時間ちょっともあっという間。

いやー、素人なので解説は何もできませんが、人が作り出すものってすごいねー。自分の身体を使ってああいうことができるなんてね・・・感動です。

もっとおしゃべりしていたかったけど、夕食を作るという何とも現実的な問題が目の前にちらついていたので早々に解散となりました。

これからは子供がいても好きなもの、興味のあるものをもっと観るようにしようと心に決めたのでした。誘ってくれたママ友に大感謝の1日でした♪
page top
ひなまつり
今日はひなまつりでしたね。

日本語のプレイグループもあり、おひなさまの歌を歌ったり、ひなあられを食べたりしてちょっとひな祭り気分を味わいました。

で、引き続きお友達の家にお邪魔してランチ。
DSCN0895.jpg
ほら、おいしそうでしょ~。のあ、お代わり爆裂3杯!

DSCN0892.jpg
れいなもお友達と楽しそう。

で、夕食はれいなのリクエストにより、
DSCN0896.jpg
じゃじゃーん。貴重品うずらの卵でお雛様。イギリスでは普通のスーパーではうずらの卵にお目にかかれません。これは高級スーパー(笑)で買ったもの。

でもお雛様っぽいピックがなくて・・・

裏返すと

DSCN0897.jpg
ゾウ。

他のお三方はタコ、ペンギン、ウサギのピックでした~ははは。

今度日本に帰ったらそういうものもちゃんと先回りして購入しようっと。

来年のひな祭りまでれいなが健やかに育ちますように。

page top
子供でも嫌なのね(笑)
ダンナ、来週から新しい職場にうつるため、今週はお休み。で、お天気のいい平日の午後、車に自転車を載せてお散歩に行きました。

原っぱに出たところでれいなは自転車を降り、「ちょっとあそこ走ってくる」

原っぱ1

で転んだ。

『マミ~!起きられない~!』と言う本人。何だか汚れているように見えたのでとりあえず戻ってくるようにコールをかけたら・・・

じゃん。
どろ1

ドロドロです。
どろ2

お尻も。
どろ3

お散歩はここで終了。10分かけて車のあるところに戻り、着替えさせました。パンツまで濡れてましたよ~。

のあ
れいなはおっちょこちょいだね~。僕はそんなことしませんよー。

その後プレイエリアで遊び、

うま
回る馬みたいのとか、

れいなが暖炉に見立てたオブジェ?に木を入れたり
暖炉

ダディの胸に決死のダイブをしたり(笑)
のあジャンプ

たくさん遊びました~。

でも次の日には思い切り寒くなり・・・ああ、春だなあと思った私が愚か者でした。イギリス6年目(早!)なのにねぇ~、まだ学ばない私w
page top
パフェ!
相変わらず質素なおやつ生活をしているれいなとのあ。

リクエストにお応えしてパフェを作りました。

プレーンのヨーグルトを入れ、シリアルを入れ、フルーツ、ヨーグルト、別のシリアルを重ね、最後にイチゴを乗せます。

以上!

はい、召し上がれ~!
DSCN0872.jpg
ひゃ~!と奇声を上げる2人。

DSCN0878.jpg
DSCN0880.jpg

プレーンヨーグルトでそんなに嬉しいか。嬉しい間はそれでよしv

ところで、れいなの顔が先週からものすごいことになっています。
実は先月軽いアトピーだと診断され、入浴剤や保湿剤を出してもらってようやく収まりかけたところだったのに、突然小鼻にじゅくじゅくしたものができて、あっという間に顔中ぷつぷつに。

再びGPへ。今までの医者は「とびひです」の一言で抗生剤を出されて終わりだったので違うお医者さんに見てもらいました。クリニックには数名のGP(医者)がいて、予約を取るときに指名できます。誰でもいいから診て欲しいってこともできます。

今回のお医者さんは、とびひ=日本で一般的に言われる、感染性の強い皮膚感染症に限らず、鼻水とかに含まれる細菌が皮膚の弱いところで繁殖してしまって起こる感染症の場合もあるという説明もしてくれました。で、とりあえずこの腫れ&荒れを抗生剤で治してから、落ち着いた頃にまた受診してアトピーの根本原因を探りましょう、と次の予約までその場で入れてくれました。

うーん。頼もしいじゃないか、この先生。これからは他の用件でもこの先生指名で行こうかな。

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。