イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
戻ってきてまーす
2週間のアメリカ休暇を満喫して、イギリスに戻ってきました~。

初めの2日は雨に降られたけど、それ以外はほぼ毎日キャミで過ごし、夏を大満喫。

妹の住んでいる街はボストンから2時間ほど内陸に行ったところにあります。大学がいくつもあるからか、東海岸で歴史もあるからか、落ち着いた感じのきれいな街並みで、お店もチェーンよりも個人営業のかわいい&おいしいお店がたくさんありました。

しかも妹の家から歩いて5分くらいでメイン通り。うらやまし~。「ちょっと雑貨見に出かけてきまーす」って感じでお出かけできちゃうのが素敵。

NYやボストンには行ったものの、基本子供たちメインで公園などでたくさん遊んだホリデーでした。
妹と妹の彼にも子供たちに遊んでもらったので私はかなり楽ちーん♪でした。

帰りは夜便だったのだけど、翌日は100年に1度とも言われるハリケーンが近づいてきてるとのことで高速の下り線は結構混んでいて、空港では翌日のフライトがちらほらキャンセルに!何とか離陸できてよかったです。
焦って食料を買い込んだ妹の彼、空振りでしたー。私と妹はかなりドライに横やりを入れていたのだけど、その通りになっちゃったね~(笑)

帰りは無事、のあの嘔吐もなく帰ることができました。

家に着いたのは午後2時頃だったのだけど、のあは5時まで昼寝をし、さらに8時から翌朝11時半までぐっすり。疲れてたのかなぁ。ちなみにれいなも11時半まで、夜中まで起きて仕事をしていた私も完全に気絶して、のあが起こしにくるまで寝てました。

それにしてもイギリス、寒すぎ。どうしてこんなに寒いのか。
スポンサーサイト
page top
いざ、狩りへ
気温が下がってきたらしいけど、まだまだ夏を満喫しています。

この日は『狩り』に行きました。

P1010723.jpg

さて。何を狩りにいったかと言うと・・・

P1010724.jpg

桃!たわわに実っています。枝がしだれてるのは重み?!

P1010731.jpg
ダディの背が高いのはこんなとき便利。

P1010735.jpg
とったどー!

P1010727.jpg
下界では味を知ってしまったアダムのあはひたすら桃をかじる・・・

P1010753.jpg
おいしそうでしょ?甘いおいしい桃でした。やっぱり太陽がこれだけ出る土地だとこんなに甘い実になるのねー。イギリスじゃ無理だわw
page top
NYパート2
NY最終日、お岩さんが起きてきた!

P1010647.jpg

その前の日の朝、眉毛を蚊に刺されていたのだけど、丸1日大丈夫だったから安心していたら・・・1日経って大変なことに!日本でも蚊に刺されたところが全てパンパンに腫れていたので、それだろうと思ったんだけど、あまりにひどいのでNYに住んでいる友達に聞いたところ、Duane Readeというマツキヨのようなドラッグストアーで、医者がいるとことがあると教えてくれました。ちなみに、Broadwayと50th Streetの角にある店舗に入っています。

診てもらうのに$160と言われたので、初めに薬剤師に相談したら、速攻で「頼むから医者に見せてくれ」と言われ(笑)、待つこと10分、お医者さんに診てもらうことができました。日本での蚊のことを話したら、それが一番可能性として高いということで、経口薬のステロイド剤と抗ヒスタミン剤を出してくれました。これで一安心。

電車の中でも街中でも周りの人にガン見されて、「虐待だと思われてる?!」なんて軽い妄想に陥ったりした1日になりました。

大好きなメトロポリタン美術館に行く予定がれいなの目騒動で時間が潰れ、前述の友人とランチに向かうことに。日本で買ったガイドブックに載っていた「行列のできるハンバーガー屋さん」、午後に行く博物館のすぐ隣だけど怪しいな~と思っていたら、NY在住10年の友達がお勧めしてくれたので待ち合わせしました。

P1010652.jpg
Shake Shackは今ではマンハッタンに数店舗あるそうな。週末には建物に沿って長蛇の列とか。私たちは平日だったからか、10分くらいで注文できました。

P1010653.jpg
ダブルバーガーで$7と良心的なお値段。しかもバンズはほんわかで甘く、お肉は超ジューシー、ハンバーガーには興味がない私でもぺろり、もう1ついこうかしらというくらい美味でした。

お腹を満たした後は、子供たちためにAmerican Museum of Natural Historyへ。
今まで来ようと思ったことすらなかったけど、子供たちが喜びそうな恐竜の骨とかがたくさん。ちなみに、ベン/スティラー主演の『ナイト・ミュージアム』の舞台となった博物館です。

子供たち、1Fの剥製のところと恐竜の部屋はかなり喜んでいました。剥製のエリアは「動物園」呼ばわりだったしw

地下鉄の駅の表示もかわいいです。
P1010649.jpg

そんなこんなで2日間という短い間だったけれど、たくさん歩いて、久しぶりのNYを子連れバージョンで楽しみました。

ちなみに、地下鉄は全く子連れにフレンドリーではありません。かなり大きな乗換駅じゃないとエレベーターもないのでダンナがバギーを担いで階段を登ったり下りたり・・・誰も手伝ってくれない!とダンナはご立腹。まあアメリカでも遜色のない身長ですからね・・・w

page top
NYへ行って来ました。
妹のところからNYまでは約3時間半。途中の駅まで車で行って、そこから電車に乗って3泊の小旅行をしてきました。

NYは5年ぶり4回目。前回はその時に婚約して(プロポーズされたのはその時に小旅行にいったワシントンDCだったけど)、今回は子供たちと。初めてのときは家族で、2回目は友達と、3回目は彼(ダンナ)と、4回目は子供たちとって何だか人生の縮図のようです。

いろいろとホテルを探していたとき、NYに住んでいる友達にAirbnbというサイトを教えてもらいました。自分のアパートや家を貸してくれる人たちの物件が載っていて、ホテルよりも格安だし、キッチンとかも使えるから子供連れには最適。マンハッタンはあまりにも高いので、お隣のブルックリンの住宅街で安全なエリアを教えてもらって、そこで物件を探しました。
P1010523.jpg
3階のほとんどがその人の家でした。

P1010524.jpg
映画で見るNYのアパートっぽいでしょ?!

お風呂場にカビ!とか、キッチンのまな板真っ黒!とかちょっとひくところもあったけど、部屋はきれいで広かったし、駅からも近かったし、周りにお店もあってよかったです。世界中に物件があるので、また機会があったら利用しようと思います。

歩いて20分のところに大きな公園があって、連れて行ったら水遊び場が!
P1010512.jpg
びしょびしょ!ダンナが着替えを取りに戻るはめに。

P1010513.jpg

翌日はNYお決まりコース、
P1010552.jpg
この方に会いにボートに乗り(といってもボートから見ただけ)、ワールドトレードセンター跡地に行きました。

そしてお約束の(?)中華街。たまたまめくっていたガイドブックで目にした「ペキンダックハウス」、大好物なのでこれは行かなくては!ということで地下鉄に乗って、テクテク歩いてようやく到着。

P1010581.jpg
2歳にして北京ダック。

午後は83th StreetにあるChildren's Museum of Manhattanへ。ちょうどおサルのジョージの展示があり、子供たちはいろんな遊具で遊んでました。おままごととか、影絵遊びとか、1日遊べそうなところです。日本人ママたちも結構いました。小さい子供連れにはぴったりかも。

NY日記、続きます。
page top
りんごをひとつたべました。
晴れ続きだったのに、私たちが着いた翌日から雨。雨、雨。ずーっと雨。

で、近くにあるエリック・カール美術館に行きました。妹が数年前に2時間も並んで、本人にサインをしてもらった本をれいなに送ってくれたことがありました。

中に入った途端、子供たちを虜にしたのは・・・

P1010409.jpg

はらぺこあおむし!英語では、The Very Hungry Caterpiller。英語でも日本語でも持っている、定番の本。

この隣に子供向けの図書館があり、手前にはギャラリーがあります。ギャラリーはさほど大きくなくて、入って右と左に分かれており、右はゲスト展示、左はエリックカールの展示もののようでした。

もっといつも読んでる本の絵がたくさんあったり、子供たちが触ったりして楽しめる展示かと思ったら、とても大人向けの展示でした。触っちゃダメで、壁に額に入って飾ってあるのみ。

とはいえ、アートルームがあって、そこで好きなように絵をかけるようになっていました。

妹の彼の絵心・・・

P1010424.jpg

それをみて真似っこしたれいな。
P1010428.jpg
一瞬ダンナが描いたのかと思いましたよ。

そして、何の見本もなくれいなが描いた「あおむし」。なかなかです。
P1010433.jpg

のあはクレヨンでぐるぐる描いて魚だと言っておりましたが、画伯(=れいな)の絵に慣れている母はその絵心を理解することができませんでした(笑)

ギャラリーは撮影禁止なのだけど、廊下にもいくつか飾ってありました。

P1010416.jpg
くまさん、くまさん、なにみてるの?の本に登場する動物たち。 英語では、Brown bear, brown bear, what do you see?で、ずっとこのリズムで色と動物が変わっていくので、子供が読み方を学ぶのに読みやすい本だと思います。れいなも好きでした。


あと、うちにはくもさんおへんじどうしたのがあるのだけど、自分のことに忙しくて全然返事をしないくもの話。The Very Busy Spiderです。個人的には、返事をしないことはとても良くないことだと思うし、子供にも結構厳しく教えているので、この本はちょっと・・・な後味を残します。

そして、今回買ったのは 10このちいさなおもちゃのあひるです。前から気になっていたのだけど、実物を見たことがなかったので買わずにいました。ショップにあって、しかも大きい版の本には最後にしかけがあったので即決定♪ 子供たち、毎晩読んでもらってます。

ちょっとかわいくない絵だよなーと思ったこともあったけど、やっぱり子供にはこの色とりどりと、はっきりした表情がいいのかもしれない。

エリックカールはもう卒業かなーと思っていたけど、まだまだお世話になりそうです。
page top
大惨事で幕を開ける
さも快適なフライトだったかのように前回の日記を締めくくりましたが、実はフライトラスト2時間で大変なことが起きました。

この4年間何度も子連れ旅行をしてきたけれど、これほどの惨事は未だかつてありません。

初めのフライトでお昼寝をしたのあが、珍しくまた眠そうだったので、抱っこしていたら30分くらいして突然「オエッ」。

え?と思った瞬間、フルスケールの嘔吐を立て続けに3回。

私の方を向いて寝ていたので、もろにかぶりました。

結構食べていた上に、時間も経っていなかったのでものすごかったです。詳細は控えますが・・・

そしてそれを隣で見ていたれいなも、もらいゲ○。幸いダンナが袋を渡して間に合いました。嘔吐が収まってみると、身動きが取れないくらいの大惨事。しかも今回に限って子供たちの着替えを忘れてた!!

着替えを使うことなんて1度もなかったのに、初めて忘れたときにこんなことになるなんて、どれだけツイていないのか。

私はと言うと、トップスもベルトも嘔吐物にまみれていて、トップスなんて重みがすごかった・・・臭いも。どうやって脱ごうか一瞬悩みましたよ。通路の向こう側に座っていた人たち、ダンナがどいて私が見えるようになったら凍ってました。フルに1分は見てたと思う。

不幸中の幸いだったのは、キャミマキシワンピの上にトップスを着ていたこと。スカートにもかなり被害が及んでいたけれど、重ね着していなかったら下着になるしかないくらいひどかったのです。

ちなみにこんな服装をしたのはこの日が初めて。これなら寒いイギリスでも意外とイケルじゃない♪と思っていたところだったのです。

おかげで?全てが一段落ついたときにはフライトも残り1時間になっていました。席も周りも非常に臭く、自分の臭いのが辛かった・・・免税店で香水を買っててよかった!ほどの幸運は持ち合わせていませんでした。

こんな目に遭うこと自体、ツイてないか。

ちなみにのあはちょっと熱があったので、それでかなぁ。とりあえず薬は持ち合わせていたので、それを飲ませて、今はもうすっかり元気です。
page top
お久しぶりです。
長らくブログを放置していましたが、ただいまアメリカはボストン近郊に来ています。近くと言っても、車で2時間。イギリスなら地方が変わるほどの距離だけど、アメリカだと余裕で同じ州。規模が違います。

今回の目的は妹に会うこと。去年のお正月以来会ってないし、アメリカに来たのも5年前だったので、いい機会ということで決定しました。

今回のエアラインはアイスランド航空。存在すら知らなかった(汗)。直行便の3分の2の値段だったのと時間が善かったので決めたのだけど、ルートがすごかった。

まずイギリス北西部のマンチェスター空港からスコットランドのグラスゴーまで40分。降りる人はここで降り、私たちは機内で30分ほど待機。さらに90分ほど乗ってアイスランドに到着~。1時間ちょっと待って5時間フライトでボストンに到着です。

出発する前の日に気づいたのは、機内サービスがソフトドリンクだけということ。軽食とお酒は有料。

で、おにぎりやらサンドイッチやらを作って持ち込んだら、子供にはミールサービスがあってこれまたびっくり。しかも結構おいしかった。子供たちももりもり。子供向けの番組も結構良かった。珍しく食いついてました。
IMG_0362.jpg


機内でサンドイッチに金払うの嫌だとか言うからたくさん食料を持ち込んだのに、ダンナのやつ、気づいたら機内でビール買ってた!!

でも日本フライトの半分の時間なので、気持ちも楽でした。
窓から見える景色はとてもきれいでした~。

IMG_0365.jpg

IMG_0369.jpg


実は今年日本に帰るときにDSを買おうか真剣に迷ったのだけど、今回は買う寸前で見送りました。ママ友が何人か機内用に持っているのだけど、2歳と4歳だと早いかなーと思ったりしてます。

いくらソフトが教育ものだとしても、ゲーム機を小さな子供に与えることに抵抗があって。でも一概に悪いとも言えないだろうし、ためになるソフロもあるだろうし。ルールを決めればいいのかなーとも思ったりしてます。

話が逸れましたが、2週間妹と彼が住むアパートの空家を借りられるようにしてくれたので、住むように滞在できるので快適です。

電車でNYにも行くので楽しみ。子連れだからやめようかと思ったけど、今度いつになるか分からないので決行します。

ブログをお休みしている原因である仕事は長丁場な上、出発前に提出するはずの分が終わらなかったので持参です(涙)。納期は10日後なのだけど、精神的にね・・・

ぼちぼち仕事もしながらたくさん遊んで、ブログもアップできたらと思っています。
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。