イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
やらないと決めたはずなのに
れいなのときに買った「エジソンのお箸」、補助器具がついていて、2歳からでも使えるのだけど、そのためにれいなは普通のお箸の練習に結構苦労しました。変な持ち方で普通のお箸を持つくらいなら、ちゃんと持てるようになるまでお箸は中断した方がいいと思い、実際そうした時期も。

結局本人が練習したいと言うので、毎食1つでいいから正しい持ち方で何かをつまめたらその日はおしまい、という方法をとりました。で、4歳ちょっと前くらいからちゃんと持てるようになりました。私は父親に小学校の頃思い切り起こられながら泣きながら夕食を食べてお箸の練習をさせられていた記憶があったので、れいなには怒らずに教えたいと思ったのだけど、やっぱりつい強く言っちゃうときもありました・・・(反省)

そんなだったので、のあはもっと大きくなってからでいいや、と思っていたら、今日「のあもお箸」といわれてしまった・・・。私もダディもれいなも使ってるんだもの、使いたいよねぇ。でも普通のお箸を渡したら絶対持てないから、また『魔の2歳児』絶好調ののあは大変な騒ぎになるのでは・・・と思って結局エジソンのお箸を渡してしまいました。

初めはちょっと使いにくかったようだけど、
P1020746.jpg

こんな嬉しそうな顔で食べました!
P1020748.jpg

うーん。エジソンのお箸、取っておいてよかったのか、処分しておいた方が良かったのか・・・まあ先の苦労のことは考えないことにします。
スポンサーサイト
page top
ついFacebookに・・・
ブダペストから帰ってきて仕事を2本片付けて・・・気づいたらもう前の更新から8日も経ってましたw

Facebookに近況を載せて気が済んでしまう今日この頃・・・。コメントや「Like」をしてくれる人も多いし、ブログとなるとちゃんと座って書かないといけない感じだし、写真も載せないととか考えちゃうし。何よりも書くだけの内容と分量がないといけないし。と言い訳しつつ、書くことがない日々ってだけじゃないかとちょっと愕然としてみたり。

れいなの学校が今週から始まり、真っ暗な中起きだして時間に追われながら子供たちを急かしながら出かける毎日です。のあのプレイグループやお友達と遊ばせたり、クリスマスの買い出しに出かけたりといろいろと雑用はあるものの、大きなイベントはない感じ。

と書いて思い出した。土曜日にれいなと一緒にバレエ「くるみ割り人形」を観に行くのでした。10年くらい前にロンドンで熊川哲也が踊るのを観に行った以来のくるみ割り。うーん。楽しみ♪
page top
ブダペスト3日目
3日目、祝日で閉まっていたマーケットまで歩行者天国のショッピング通りを30分ほど歩いて到着。
P1020561.jpg

P1020551.jpg
新鮮な青果がたくさん。

P1020554.jpg
ピクルス屋さんも!

P1020556.jpg
2Fから見た図。結構大きいです。観光客も多かったけど、地元の人もたくさんいました。
私はハンガリー産のサフラン(激安)と、粉末パプリカを購入。

P1020557.jpg
こんなかわいいお菓子も。お祝い用?買ってみれば良かったと今になって後悔(笑)

P1020546.jpg
中心部からマーケットまで真っすぐ伸びている歩行者天国、Vaci通りにあった看板。やくざの入れ墨にしては龍がずいぶんかわいいですが?

P1020582.jpg
何やら撮影している人たちを発見。って・・・ダースベーダーもどき?
ちなみに、うちの子たちが後ろの方で走ってます。

P1020584.jpg

ブダペストで一番大きな教会、聖イシュトヴァーン大聖堂。
P1020599.jpg
紀元1000年にハンガリーを建国した初代王で、のちに聖人となったイシュトヴァーンの片手が安置されている(!)とのこと。

聖イシュトヴァーンって誰だ?!と思ってあちらこちら読みながら歩いていたら・・・あったあった!英語名は Stephenだってー。うちのダンナじゃないか(笑)ここまで名前が変わるとわからないものね~。

で、その御手はレントゲン検査もされて、本物の人の手だということが証明されているらしいという写真とハンガリー語の説明アリ。きっと年代調査もしたんだろうね。でもさ・・・。ダブルのガラスケースに入っていて、ダンナ(身長188cm)の目の高さに安置してあるから、周りの電気の反射で見えないったらありゃしない。

お金を払うと2分間電気がつくらしいのだけど、どちらにしてもアップでは見えないのに800円近く払うのもどうかと思い、やめました。ケチらないでみせてくれればいいのに!

P1020596.jpg
子供たち、ろうそくを買って奉納(?)
P1020597.jpg
「ちょっと、ちゃんとお祈りしてる?」

ブダペストでの最終夜、リバークルーズディナーに行きました。

P1020623.jpg
子供たちは無料。スタッフの人が飲み物や食べ物についていろいろ説明してくれたり、子供にはこれが食べやすいかも、といろいろと親切にしてもらいました。子供たち、ガッツリ食べましたよ。

P1020621.jpg
拭いても拭いても曇る窓(笑) これは国会議事堂。

P1020651.jpg
王宮の丘とくさり橋。

1時間半ほどのクルーズ、生演奏もついて、良かったです。ハンガリー料理もいろいろと食べられたし、バッフェ&観光客向けとはいえ、おいしいと思ったので個人的にはよしでした。景色もとてもきれいだったし、子供たちも船でご飯を食べたことに喜んでました。

歩きに歩いた3日間でしたが、あっという間に過ぎてびっくり。明日は帰る前に国会議事堂ツアーチケットを購入できるかどうか・・・頑張りますv


page top
ブダペスト2日目
またまた快晴のブダペスト。イギリスよりも若干暖かい気がします。14度くらいって言ってた気が。

メトロに乗って国会議事堂に行こうと思ったら・・・最寄りの駅に乗り入れてる3本の地下鉄の色が日本語のガイドブックで間違えていたため、ホームに行ってうろうろ・・・。かわいいお姉さんがこちらを気にしてくれてたので質問したら、英語で教えてくれました。親切~。で、色の表示が間違えていたためにホームが違っていたことが判明。違うページのは合ってた・・・w

ガイドブック、しっかりしてくれ!昨日のラビリンス閉鎖も書いてなかったし。

で、無事国会議事堂についたのだけど、チケット売り場らしいところが開いておらず、しかも観光客がうろうろ・・・。後で小さい公園で出会った日本人の在住者に聞いたところ、昨日と今日はall saints dayという祝日らしく、お休み。そして11月からローシーズンで毎日は開いていないらしい。

P1020457.jpg

目を離した隙に犬に遭遇(汗)子供たち、触る気まんまん。私と飼い主が近くに行ってなでなでしました。どちらかというと私が子供をダシに触りたかったのだけどw

国会議事堂は、また最終日に来ることにして、次の目的地、マーケットへ。川沿いを走るトラムに乗りました。
P1020468.jpg
こんな日常、素敵~。

公園で2人を遊ばせていたら、ハンガリー人と結婚してここに住んでいる日本人パパに遭遇。話をしているうちに、今日は祝日なのでマーケットも閉まってるとのこと(泣)予定変更で電車を乗り継いで市民公園へ向かうことに。

P1020485.jpg
れいなはぶりっこ、のあは写真を避けたいお年頃?

市民公園の反対側には動物園。子供たちが動物園を希望したのでそちらへ。水族館、遊び場などもあってかなり充実してました。

P1020509.jpg
至近距離のラクダ、思ったよりもふわふわしてました~。のあはなぜか虎に夢中。百獣の王もそっちのけ。

今日も1日歩き通し。お店も全部閉まっていたので、明日に回された予定もたくさんです。明日も頑張らなくちゃ。

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。