イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
実はこっちの方が向いているのか?
子供たち(とダンナ)を置いて出張の第1週目が過ぎました。子供がいない生活、楽しすぎる(笑)
家事もなければ育児もない。業務が終われば自分のペースで何でもできて、あまりに楽過ぎて子供たちに会いたい〜(涙)となることはありませんでした。私、母親としてどうかしてるかも。

子供たちが学校に行く前に毎朝電話で話をしたのだけど、3、4日目にはのあが途中で悲しそうに「でもマミーどうしてここにいないの?」と聞いてきたのはかわいそうになりました。

金曜日、予定よりも早く帰宅したはいいけれど、やっぱり仕事のあとの2時間ドライブはさすがに普段主婦をしてるだらけたアラフォーにはきつかったらしく、何もせずに寝かせてくれ〜!状態でした。とはいえ、のあの誕生日&誕生日パーティーを翌日に控え、しなくちゃいけないことはてんこもり。

というわけで、仕事はものすごい楽しいしやりがいはあるけど、All or Nothing系の私には、バランスよくすべてをこなし、バランスよくできないことには目をつぶるということがでいないので、二足のわらじは履けそうにありません。

次回はのあの誕生日について書きたいと思います。下の子を産んで4年も経つなんて・・・気づいたら還暦迎えてそうなくらいの時間の流れ方だわ。
スポンサーサイト
page top
キャリアウーマン(笑)
この3週間、日本から1年間の予定できた友人の住居・車探しなどに奔走していました。今日やっと引っ越しが済み、一安心です。春休みの大半を一緒に遊んであげなかったのに、文句も言わずに元気に過ごしてくれた子供たちにも感謝。

で、来週から4週間、自宅から2時間弱のところで仕事になりました。遠いので通いは無理。平日は泊まりx4週間の生活になるとオファーと頂いた時に判明し、私を薦めてくれた人には感謝しつつ、無理だよなーと思って断る方向でいました。

でも、ダンナは「せっかくだからやればいいじゃん」と前向き。去年の有給が残ってるし、持ち越せることになったので、2週間有休を取るからそんなに大変じゃないから、と言ってくれました。ありがたいね〜。

でも(また、「でも」)、ダンナは細かいことに気が配れない人(男性はたいていそう?)。インスタントコーヒーの粒とかこぼしても、パン屑とか落ちてても拭かない(最近になって老眼が原因かもという疑惑が浮上)、お手拭きを毎日替えない、などなど今まで泊まりがけで仕事をしたときにも「むきぃぃぃぃ!」となることがたくさんありました。

私は主婦業が本業。だから自分なりにしっかりとやっているつもり。やり方もあるし、大げさに言えばポリシーもある。でも、ダンナのアプローチは、まるで私の仕事は取るに足らない仕事だという姿勢が見え隠れするような気がしてならない。だから、外で仕事をして帰ってきて「むきぃぃぃ!」となると私も嫌だし、ダンナも嫌な思いをする。それに私が勤務の仕事をしないのは、子供の日本語を出来る限り伸ばしたいから。4週間も日本語から離れたら、ただでさえ日本語が弱めののあはどうなっちゃうのか。。。など諸々の理由から、仕事は受けたくない、とダンナに訴えたところ。。。

「君がパン屑に目をつぶれれば、『いつも子供と一緒でストレスが溜まる!』とか『私のキャリアはもうない』とか普段いろいろと抱いている不満が解消されるんだよ。それに日本語は毎日電話で話せばいいじゃん」

と。うーん、まあそうなんですが。

ダンナはどこまでも前向き、私はどこまでも後ろ向きなタイプ。

でも(また「でも」)、確かに子供から離れて思い切り仕事ができるし、大好きな通訳の仕事は滅多に来ないので、断るのは大変もったいない。日本語のフォローはそう簡単にいかないと思うけど、まあ仕方ないかなぁと。

ということで、月曜日からバリバリのキャリアウーマンになります(古いしちょっと違う気もする)。
別件で翻訳の仕事も受けたので、それが終わるまでは昼は通訳、夜は翻訳をしながら頑張ります。合間に読書やパックやマニキュアなどもやって独身キャリアっぽい生活を送るのがちょっと楽しみです☆

page top
野生児?
先週末の話ですが、こちらに来てから行こう行こうと思いつつ一度も行っていなかったGolden Acre Parkへ行ってきました。数十年ぶりに寒かった3月がやっと過ぎ、この週末はぽかぽか陽気(と言ってもジャケットは必須)でした。

P1060604_convert_20130411045646.jpg
どこかの森林のようですが、整備された公園です。

P1060611_convert_20130411053236.jpg
2人とも長い枝を見つけ、歩き始めました。そしてお約束は橋の上からその枝で水をつつく(笑)

P1060614_convert_20130411055729.jpg
我が家の子分(のあ)は子分を従えて嬉しそう。こちらではリードなしで歩いている犬が結構います。そして全然人に飛びつかないし、他の犬を追いかけたりもしません。うちのエマはまだまだ信用できないので延びるリードを買いました。

P1060623_convert_20130411063718.jpg
魚釣り中。

P1060632_convert_20130411064306.jpg
ジャングル探検してみたり、

P1060620_convert_20130411062910.jpg
木に登ってポーズをとってみたり。

ぐるっと軽く一周コースで1時間ちょっと、しっかり歩きました。遊具のない公園だったのでちょっと心配だったのですが、それはそれで子供はいろいろなものを遊び道具にしながら遊ぶんだなーと改めて実感。
P1060636_convert_20130411064526.jpg
併設されたカフェでエネルギー補給もばっちり。子供たちはちょっとお疲れ気味?

P1060644_convert_20130411064620.jpg
と思いきや、れいなは帰りの車の中で歌を歌いまくり。
が、30分後、家に着く頃には2人とも爆睡。

自分が自然が豊富なところで育ったからか、こうやって子供らしく育ててやりたいと思ってしまいます。
気軽に行かれる公園がたくさんあるのはイギリスで子育てをする醍醐味かな。
page top
イギリス水準。。。
4カ月のエマ。ずいぶん毛が伸びてボーボーになりました。

photo copy 2
(どんなに写真を反転させても、アップすると反転される謎の問題発生。クリックしてもらえるとちゃんと表示されます)

photo copy 2
(また逆さま!)

で、訪問トリマーさんをお願いしていたのだけど、当日になって「住所を教えて下さい」とのメールを送ってきた。でも私は一日中あれこれと用事があってメールをチェックしていなかったため、予約時間の30分前に住所を送ったため、「私がメールを見たのは予約時間後だったため、リスケにして下さい」と何とも憤慨な返事が!

予約をしたのは3週間前。その時に書き留めるとか、そういうことをしないのか?!しかも、「どういうわけかあなたのメールにアクセスできなくて住所がわからなかった」と。じゃあどうやって私にメールを送れたのか。。。

そのために家に戻って来たのに、リスケ!しかもその人はいつも「1カ月先までいっぱい」みたいな返事をしてきた人なので、またさらに1カ月待てない!もう他の人に頼むからいい!と怒りメールを送ったところ、

「That's fine (それで構いません)」という返事が。ごめんなさいと書いてあったけど、それに加えて「でも私もメールを2回したし」という言い訳も。ありえん。商売人としてありえん。

というわけで、イエローページオンラインで近所にあるのを見つけ、電話をしたら次の週OKとのこと。で、イメージ写真を持って預けてきました。

1時間半後(日本よりも早い)、お迎えに行ったら・・・


なんとも微妙な仕上がりのどこやらうちの犬が出てきました。

じゃじゃーん。
photo_20130406053902.jpg
まあかわいいと言われればそう言えなくもない・・・気がする。

でも、胴体が薄いクリーム色(プードルではアプリコット)で、足先と耳が茶色(レッド)だというのが顕著に現れてしまった感じ。(写真をクリックして正しい方向でご覧下さい)
photo copy

エマの掲載広告ではこの子はレッドだったのだけど・・・思ったよりも早く色が後退しました。まあどうでもいいけど。

いや、ツートンはあまりよくない気がする。

ちなみに今回のお値段は£25(約¥3750)。他で調べたら、£30~38(約¥4500〜¥5700)が相場のようなので、格安だったのが敗因か。。。お尻周りも剃ってなかったし・・・日本だったらあり得ない。リボンもバンダナもつけてもらってなかった。全然いらないけど。

これがイギリスの水準か。日本だったらあり得ない気もするけど、プードルを飼うのは初めてなので、なんともいえない。それに、実家のシュナウザーたちもとんでもないカットにされたこともあったし。

というわけで、次回は街を走行中に隣に赤信号で停車した出張バンに頼もうと思います。派手に「出張トリミングします」と電話番号が載っていて、市外局番がうちのだったのです。こういう広告の仕方、意外と効果あるのかもね。

page top
春が来ました〜
イースターの日曜日、お天気も良かったので蒸気機関車?に乗りに行きました。

思っていた以上にちゃんとしたやつでびっくり。
P1060593_convert_20130401211508.jpg

ブリストルで作られたらしく、3年半住んでいた私とブリで産まれたれいなで大盛り上がり(笑)
P1060595_convert_20130401211853.jpg

P1060537_convert_20130401050459.jpg
操縦室?でもパチリ。

何だか不思議なところで折り返しを2回して、よくわからないコースでしたが、約20分ほどの列車の旅。イースターだったこともあり、イースターバニーが登場してチョコエッグ(また)をプレゼント。
P1060554_convert_20130401052636.jpg
「見て〜!来たよ!!」

バニーの中身はおじさんでした。ヨークシャーなまりのドヤ声(笑)
P1060559_convert_20130401052906.jpg

P1060563_convert_20130401053052.jpg

れいな、興奮気味。

実は2人ともまだもらったチョコを食べて食べさせてもらっていません。だってちょっと大きいし、中にドロドロが入っているんだもの。

ちょっと寒かったけど、お天気も良くて春が来た感じ♪

ほんとうーにこじんまりでしたが、ちょこっとだけ動物お触りコーナーもありました。のあは例のごとく拒否。
P1060577_convert_20130401053346.jpg
あとでれいなに聞いたら、今月頭にれいなとのあの学校にも来ていた人だったみたい。無邪気におばさまに言ってあげたらきっと喜んだろうに〜

P1060590_convert_20130401211255.jpg
獲ったどー!

最後に。こんなものが置いてありましたが・・・一体何??
P1060598_convert_20130401212454.jpg
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。