イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
そろそろかなぁ
れいなは6月で4歳ですが、未だにアイスクリームや生クリームのケーキを食べさせたことがありません。チョコレートも学校で食べた、と事後報告をされたり、ほんと~うに特別で1口食べたこととかはありますが、それ以外はなし。パンにバターを塗って食べるのもこの1年くらい(家では料理に使うのみ。外で出されたら仕方なく、という感じ)のことです。

理由はいろいろ。味覚を育てるという他にも、

ー味を知ってしまったら後戻りはできない(笑)
ー食べる必要のあるものではない、むしろ糖分や油分が高いので消化器官にも負担。糖分、油分は食物に自然に含まれてるものから摂ればいいのでは?
ーいつかは食べるけど、食べ始める年齢は遅いことは損にならない(と思う)

などなど。のあもいるから、れいなだけ食べてのあはダメってわけにもいかないという理由もあるし、大人のおやつを食べ慣れているためにほのかな甘さのおやつとか全然受け付けない子とかも見てるし・・・

ブリストルにいた頃、普段一緒に遊んでいた幼なじみグループではおやつはまずフルーツ、その後に子供用(赤ちゃん用)のビスケットやライスクラッカー、という感じでみんなが同じだったため、れいなは3年間そういう環境で育ってきました。おやつをあげないわけじゃないし、ケーキだって手づくりで砂糖控えめ、水切りヨーグルトで作り、見た目はともかく、大人ですらおいしいと思うものを食べさせてきたので、かわいそうだと思ったことはありません。

北部に引っ越してきて、年上のお友達が増え、ナーサリーに行くようになり、周りの子達が食べるものを欲しがるようになってちょっとこの環境を維持するのが難しくなってきています。

もうすぐ4歳だし、心の中では「もういいかなー」と思うこともあるのだけど、いいことにしちゃうと安易な道を取ったようで、屈服したようで・・・という気持ちもあるのです。純粋に3、4歳の子供がチョコレートやアイスを食べる、ということに抵抗もあります。古いのかなぁ。あれだけの糖分が一気に身体に入るなんて・・・想像しただけでちょっと怖い。

以前お友達の誕生日パーティーにいった時、いろいろなものがテーブルに並ぶ中、れいなは私の顔を見て『食べていい?』みたいな顔をしたことがあり、安心した反面、ちょっとかわいそうかなーなんて思ったりもしました。今ではパーティでは食べたいものを食べさせてあげることにしたけれど、一緒に遊んでるお友達がおやつタイムにうちではあげたくないおやつを食べてる場合、ちょっと困ってしまうのです。

今まではチョコを見てもアイスクリームを見ても、「れいな、もっと大きくなってから食べるんだ~♪」といいながら卵ボーロを食べたりしていたのだけど最近ではそうでもなくなってきた。

お友達が食べてるなら自分も食べたい、ってなるのは当たり前。世間的に見て、あげてない私の方が圧倒的少数派。今まではそんなにごねなかったのに、お友達と遊んでた今日はどんなに説明しても涙を浮かべて抵抗。ダメと言った手前、あげられなかった(のあもいたし)けど、心の中では「もういいんじゃない?」とも思ったり。

もうこの歳なら家では今まで通り、外では解禁、ってしちゃった方がいいのかなぁ・・・私がこだわりすぎ?踏み切るのにも勇気がいるのです。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

izumi
ちえさん、
素晴らしいです!!

私もほんとはそうやりたかったぁ…

んですが、旦那が極端なほど砂糖菓子好きで、ジェリービーンズ、グミ、アメ、チョコレート、と、とにかく砂糖を溶かして作った食べ物ばっかり好んで食べて、それをちっともなんとも思っていなく、そんなわけで子供達にも私の目を盗んでちょくちょくあげてしまってるんですよね。

かなり小さいときからあげてるので、もう5歳になる今となっては普通に食べてしまってます…

ガムとかアイスクリームとかもね。もちろん。



周りの子供達が食べてる中でれいなちゃんだけ頑張ってきて、それもそろそろ限界かなって思うのもわかりますよ。
こっちの人はすごいものをあげてますよね。

こればっかりはれいなちゃんの気持ちもいろいろでしょうけど、れいなちゃんの気持ちも尊重しつつ、頑張って納得いく方法が見つかるといいですね。
名無しさん | URL | 2011/04/06/Wed 03:57 [EDIT]
日本にいるなら周りも意識が高いけど、海外だと難しいよねえ。でもアメリカ人やイギリス人の食生活を見れば明らかなように(笑)、幼児の頃に味覚を育てるというのは決して無駄じゃないと思う。

うちは幸い夫もアイスや生クリームケーキなどの甘いもの系は全然食べないので、「ウエ~これは美味しくないよ」とか一緒に洗脳してくれて今は助かってるけど、フルタイムで現地の学校に行くようになったらどうなるんだろ。

お友達のお誕生会に行ってケーキとか配られても、みんなの前で自分の子の分だけ取り上げるわけにもいかないし、かといってすごい色のアイシングのケーキとか、大人の私でさえ口に入れたくないもんね、、、うちはハロウィンやバレンタインのチョコ・キャンディは全部没収してるけど、お呼ばれのときのバースデーケーキだけは特別ということで周りの雰囲気を壊さない程度にあげてる(見てない隙にアイシングをこそげ取りつつ)。

ところで私は幼稚園くらいの頃ボテトチップスを食べたらあたってしまい、それ以来チップスとかスナック菓子全般食べられないんだけど、アメリカで育つならいっそのことそういう体験でもした方が健康的にいいのに思ったりもするよ(笑)



Reiko | URL | 2011/04/06/Wed 15:33 [EDIT]
ダークチョコ
うんうん、わかる、その気持ち。

うちもビスケットすら家では食べません。そのかわりいい子にしていたり、お片づけしてくれると、ダークチョコひとかけら。。。ものすごくいい子だと2回あげたりします。普通のチョコは甘すぎてあたしも食べられないのであげませぬ。小さい子にチョコあげてはだめっていうのは砂糖なのかな?

あーバターもそうなんだねー。うちもホームメイドのホットクロスバンズをトースト&バターはおやつになってます。朝はだいたいご飯だし。

娘がプライマリーに行きだして、すごくお腹すかして疲れてでてくるので、徒歩で帰るときはスイーツ1,2個帰り際にあげるようになりました。

パーティはもうほっておいているんだけど、娘はあまいものあまり食べれないみたい。これってやっぱり家であげてないからなんだろうなって思います。(とびいは別だけど)

もう今は上の二人は学校&幼稚園でチョコとシリアルでなんか作ったりして帰ってくるんだよね。自分たちで作ったものは取り上げられないし、もうどうしようもないです。いつもわたしは「うわぁぁぁー」といいながら彼らは食べています。。。
Roomy | URL | 2011/04/06/Wed 21:24 [EDIT]
素晴らしい!
これアメリカ人の母たちが読んだらひっくり返って腰抜かしますね。お母さん4歳までよくぞ頑張りましたね、偉い!
砂糖の取り過ぎは頭悪くなるし、生クリーム類は血液汚れるから、うちも我が家なりに頑張りましたが、キンダーに行き始めお付き合いが始まると少し柔軟にする必要性が出てきましたね。子供が「食べてみたい」って気持ちになった時はそうさせてあげた方がいいかもですね。心配は無用ですよ!ホントに「3つ後の魂百まで」で、そういう風に育った子はどうせ甘い物・どぎつい物はそれ程食べれませんから。(笑)

CAで一人娘を純粋にオーガニックだけで育てて来た友達が同じ様な悩みを持っていましたよ。そこは夫婦でImmuneSystemを研究している学者夫婦だからもう凄かった。でも結論は、お友達のお家と学校では子供の意思に任せて自由に食べさせる事にしたそうですよ、心のケアーの問題で。

この間は脅かしてごめんなさ~い。「温泉旅行のプレゼント」なんて涙出そう!Luckycharmsさん、うちの子になって欲しかった。(笑)うちの子達もそれができるお年頃になったら、少しは私も楽しみが増えるかなぁ?この間までは母の日に朝食を作ってくれていた息子がティーンネジャーに突入し、今母はお金は出しても口は出せませ~ん。
はら | URL | 2011/04/07/Thu 00:35 [EDIT]
>Izumiさん
マディちゃんは欲しがりませんか?下の子はダメだけど・・・っていうのも難しいかられいなにもあげない方が楽だなーと思ったりするんですけどね。
うちは幸いダンナに説明したときに同意してくれたので、甘いものや加工食品(瓶詰めのビーフスプレッドとか)も義両親にも勝手に与えないようにって言ってくれたので楽でした。やっぱり環境が揃ってないと難しいですよね。

>Reiko
一緒に遊ぶ子達は日本人ママなのよー。だから私が厳しすぎるんだろうなぁって思ったりするわけなの。イギリス人だったらもっとやばいんだろうなーって。れいなはつい最近BDパーティーとかに呼ばれるようになったから、今までそういう場面に遭遇しなかったというのもあったんだけど、さすがにこれからはねぇ。私もアイシング剥がしたことある(笑)
ポテチにあたったんだ・・・油?ほんと、チョコとかアイスでそういう目に遭って欲しいよね(鬼)

>Roomyさん
私もあげるならダークチョコの方が純度も高いし・・・と思ってるんだけど、一度食べたら食べたがるかなーと思って遅らせていたの。私は甘いものもバター類も大好きだし、それで体型気にしたりもしてきたし、子供の頃の脂肪細胞って将来の肥満とかを決めるっていうのを聞いたことがあって、味覚を育てるのとともに、そういうのをちゃんとしてあげるのって親として子供にしてあげられることかなーと思ったんだよね。
れいなも時々『学校でパンケーキ作ってチョコソースかけた」とか恐ろしいこと言ったりするけど・・・もう仕方ないんだろうなぁ。れいなはそろそろいいかなーって思い始めてたから、友達といるときは解禁してもいいかなーと思うんだけど、のあにあげないって訳にはいかないし、どうしよう~ってなるんだよねぇ。

>はらさん
一緒に子育てしてきたママ友がみんなそうだったから楽だったんです。ダンナも賛同してくれたから義両親やうちの父も勝手にあげたりしなかったし。
でもおっしゃる通り、『食べたい』という気持ちが出てきているし、お友達が食べてるのに自分はダメ、というのはやっぱり無理になってきてるので、身体だけでなくて気持ちを大切にするという観点からそろそろ解禁かなーと思ってます。
母の日、温泉旅行は一回だけですよ~(笑)。あとはお酒とかお菓子とか、結局一緒に食べられるものあげたり(爆)。朝ご飯作ってくれるのいいですね~。それを夢見て頑張りますv
名無しさん | URL | 2011/04/07/Thu 16:39 [EDIT]
遅まきながら・・・
遅まきながら私もコメントさせてー。
Solaも幼稚園に入ったら、何でも食べていいよって言ってきたの。
日本に帰って見て、あれ?日本の方が、むしろアバウト?って思ったくらい、回りはガンガン甘いとか、食べてるよ。むしろ、ブリに居たときの方がオーがニックスとか、砂糖の変りに果物の甘さで味付けしたお菓子とかが懐かしい。こっちでは、そういうもの、見ないよ。普通に7ヶ月からの赤ちゃん用お菓子にも砂糖。
で、話を戻して、のんは、Solaにあんまり我慢させると、その反動が怖いよって言ってて、なるほどなぁと。ブリに居たときは、周りの友達に恵まれてたから、自然に果物とかのおやつができてSolaも意識することがなかったけど、こっちでは、違うから、いつも「ごめんね、Solaはまだ食べれないんだ」って断るのが、Solaが切なそうで。で、Solaも幼稚園入るころに、解禁がいいのかなぁと。
早速、入園式でコアラのマーチをもらって、チョコの味を食べたよ。
すごく、嬉しそうに。
たぶんチョコの味が・・・というよりも、大人の仲間入りをしたというか、そういうのが嬉しかったんだと、思うなぁ。
基本は、体に優しい素材で続けたいなぁと思ってるけど、友達がくれたりする場合は、もらって食べてもいいのかなぁと。
それ | URL | 2011/04/13/Wed 14:37 [EDIT]
>それさん
そうそう、今までは周りのお友達も食べてなかったから、親が食べてる分には納得してた部分があったみたいなんだけど、仲良しの子達が食べてると・・・ね。うちも基本は今まで通り、でもお友達といる時は多少緩く、にしようと思ってるよー。
名無しさん | URL | 2011/04/18/Mon 19:34 [EDIT]

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。