イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Certificate of No Impediment to Marry -婚姻要件具備証明書
イギリスで結婚するにはフィアンセビザを在日英国大使館に行って申請しなければならず、そのビザで入国して半年以内に結婚し、その届けを出しetc etcとかなり煩雑。

一方、日本のお役所に婚姻届を出し、その証明となるものとその他書類(これを揃えるのが大変なんだけど)を持って在日英国大使館へ行けば配偶者ビザの申請ができ、入国してすぐに働くことも可能だし、手続きもちょっとだけ楽になることが判明。

というわけで、配偶者ビザをゲットする方向で決定しました。さて。まずこっちでやらなければならないこととして、Certificate of No Impediment to Marry なるものを発行してもらうというのがあります。

その人の住んでいる地区のお役所に「この度誰々が誰々と結婚しますが依存ありませんね」という張り出しを2週間ほどし、問題なく期間が過ぎれば「結婚してオッケー」というお墨付きをもらえるというもの。イギリス人は戸籍がないから2重婚を防ぐためなのかも。

再来週、この手続きのためにお役所に面接に行く予約を入れました。私はパスポートだけ持っていけばいいみたい。発行されたら和訳して、日本で婚姻届を出すときに一緒に提出します。

これから用意しなければならない書類の数々を考えると、これはほんの序の口かも。

それにしても、「結婚具備証明書」って・・・通訳してたころを思い出してしまいました。何文字熟語?!みたいな言葉、日本語は簡単に作れちゃうことが多いですよね。そして余裕がないときはそんな和訳を自分もしてしまったりも・・・
スポンサーサイト
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。