イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
りんごをひとつたべました。
晴れ続きだったのに、私たちが着いた翌日から雨。雨、雨。ずーっと雨。

で、近くにあるエリック・カール美術館に行きました。妹が数年前に2時間も並んで、本人にサインをしてもらった本をれいなに送ってくれたことがありました。

中に入った途端、子供たちを虜にしたのは・・・

P1010409.jpg

はらぺこあおむし!英語では、The Very Hungry Caterpiller。英語でも日本語でも持っている、定番の本。

この隣に子供向けの図書館があり、手前にはギャラリーがあります。ギャラリーはさほど大きくなくて、入って右と左に分かれており、右はゲスト展示、左はエリックカールの展示もののようでした。

もっといつも読んでる本の絵がたくさんあったり、子供たちが触ったりして楽しめる展示かと思ったら、とても大人向けの展示でした。触っちゃダメで、壁に額に入って飾ってあるのみ。

とはいえ、アートルームがあって、そこで好きなように絵をかけるようになっていました。

妹の彼の絵心・・・

P1010424.jpg

それをみて真似っこしたれいな。
P1010428.jpg
一瞬ダンナが描いたのかと思いましたよ。

そして、何の見本もなくれいなが描いた「あおむし」。なかなかです。
P1010433.jpg

のあはクレヨンでぐるぐる描いて魚だと言っておりましたが、画伯(=れいな)の絵に慣れている母はその絵心を理解することができませんでした(笑)

ギャラリーは撮影禁止なのだけど、廊下にもいくつか飾ってありました。

P1010416.jpg
くまさん、くまさん、なにみてるの?の本に登場する動物たち。 英語では、Brown bear, brown bear, what do you see?で、ずっとこのリズムで色と動物が変わっていくので、子供が読み方を学ぶのに読みやすい本だと思います。れいなも好きでした。


あと、うちにはくもさんおへんじどうしたのがあるのだけど、自分のことに忙しくて全然返事をしないくもの話。The Very Busy Spiderです。個人的には、返事をしないことはとても良くないことだと思うし、子供にも結構厳しく教えているので、この本はちょっと・・・な後味を残します。

そして、今回買ったのは 10このちいさなおもちゃのあひるです。前から気になっていたのだけど、実物を見たことがなかったので買わずにいました。ショップにあって、しかも大きい版の本には最後にしかけがあったので即決定♪ 子供たち、毎晩読んでもらってます。

ちょっとかわいくない絵だよなーと思ったこともあったけど、やっぱり子供にはこの色とりどりと、はっきりした表情がいいのかもしれない。

エリックカールはもう卒業かなーと思っていたけど、まだまだお世話になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。