イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ペットショップではない?
日本で犬を飼う場合、ペットショップなどに展示された仔を見て買う人が圧倒的に多いと思います。うちは1匹目は祖母が預かっていた行き先のない犬を引き取り、2匹目はペットショップで一目惚れ、3匹目はトリマーさんのお店で売っていた仔に騙され(笑)ました。

こちらでは、ペットショップで大々的に売っていることはありません。違法かはわからないけれど、ネットなどでも「ペットショップに子犬を流す人は全うなブリーディングをしていない」と言われています。ブリーダーやオーナーさんのところに直接出向いて、親や育った環境を見るべきだというのが一般的な見解のようです。他には、保護されている犬を引き取ることもできます。

KC(ケネルクラブ)には各犬種のブリーダー情報も載っていますし、他にも子犬をサーチするサイトがいろいろとあります。うちはKCに登録しているブリーダーに連絡し、さらに検索サイトできちんと親の情報などを提供しているものを選んで連絡しました。

結局、飼い犬(血統書付き)に、雄犬と交配させて子犬を産ませたオーナーさんから買いました。自分のペットである血統書付きの雄犬を種犬として宣伝する人も結構いて、うちの子犬のパパもチャンピオン犬で、種犬としてオーナーさんが交配してもらったとのこと。遺伝性の病気の検査もしたとのことで、その証明書も渡されました。

子犬を見に行くために広告を見てオーナーに連絡し、見に行って話を聞き、内金を入れて(笑)帰ってきました。
で、8週以降に引き取りに行くというシステム。うちは私が仕事がたまたま入ってしまったために、10週目に引き取りに行きました。

ペットショップで運命的な出会い!の方が簡単に、すぐに犬が飼えるけれど、親とか、育った環境とか分からない部分も多いと思います。実家で飼っていた2匹は、特に問題もなく成犬に成長したので、取り立てて悪いことだとは言えませんが、やっぱり自分でリサーチして、連絡して、わざわざ下見に行って、オーナーと話して、母犬や兄弟犬と一緒にいる子犬を見るのもいいなーと思いました。直接いろいろな質問もできるし、育った環境も見られるし、子犬も8週までは母犬と兄弟犬と一緒に育つので、精神的に?安定するとか。

どの方法で飼っても、大事な家族の一員になることは変わりないんですけれどね☆

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

イギリスはブリーダーのお家で買うのがスタンダードなんだね。日本はまだまだペットショップだけど私は珍しい種類の猫だったから(その当時はね)ブリーダーさんをネットで探しておうちまで見に行きましたよ。住んでた環境や食べていた餌、育ての親から直接注意事項などが聞けるのは本当に安心だよね。予定していた子が体調不良で結局もっとかっこいい子をもらってきてしまったというハプニングもブリーダーならではだったなと思います。
pome-lo | URL | 2013/02/13/Wed 04:43 [EDIT]
>pome-loちゃん
メインクーン(だったよね?)希望で探してたの?ブリーダーさんだと買うというよりも里子を譲り受けるって感じだよね。もっとかっこいい子って(笑)。体調不良もちゃんと言ってくれるのもブリーダーならではだね。
luckycharms | URL | 2013/02/13/Wed 11:25 [EDIT]

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。