イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
母の日
3月10日(日)は母の日でした。こちらの母の日はキリスト教のしきたりに関連していて、Lent、四旬節第4日曜日に当ります。

「マミーは起こされるまで起きちゃダメだよー」と言われていた当日の朝。トレイに朝ご飯を乗せて子供たちが部屋に来てくれました。ベッドにはカードやプレゼントが並んでました。うれしい〜。

のあもれいなも学校で母の日のためにプレゼントを用意してくれていました。のあは学校で野菜の種をまいた鉢とカード&似顔絵。
DSCN3331_convert_20130311225950.jpg


れいなは去年に続きカードと詩を学校で書いてきていました。
DSCN3333_convert_20130311230015.jpg

そして今年のプレゼントはこれ。
DSCN3334_convert_20130311230118.jpg

「この中には私の気持ちと愛情が入っています。この包みは開けず、大切に保存して下さい」と書かれたカードと一緒に渡されました。紙で風船を折り、中に息を吹き込み、最後にキスをしてからシールを貼ってその気持ちを中に閉じ込めたそう。かわいいな〜。先生たちも毎年いろいろなアイディアを見つけてくるものです。


実は数日前に朝ご飯のリクエストを聞かれ、ワッフルが食べたいと答えていたのですが、ダンナは作り方が分からないというので結局シリアルで、という話になりました。私が逆の立場だったらネットで作り方見たり、たとえ冷凍でも買って焼くけどな〜。そういうちょっとした気遣いがダンナにはないらしい。ちょっとがっかり。やっぱり期待しちゃダメなのね。

母の日の前にもれいなが作ったカードをもらいました。母の日づいていたらしく、右側にはこんな予告とも取れる絵が(笑)
photo copy

母になって5回目の母の日、大変なことの方が多いと思う「元・子供嫌い」な私ですが、子供たちからもらう笑顔が何よりだと実感する日なのでした。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。