イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
亭主元気で
留守がいい、なんてCMが子どもの頃やっていて、「なんてひどい!」って思ってたけど、専業主婦になって9年、子どもたちが大きくなってきて、言い得て妙だと思う今日この頃。

旦那は7時前にオフィスに着き、メールの処理&社食で朝食を食べるのが日課。なので6時半には出かけてしまいます。朝ごはんを作る必要がないので、私が起きるのはそのあと。夕食は基本的には一緒に食べられる時間に帰ってきてくれるので子供達にとってはいいんだけど。。。ご飯作るのがめんどくさいw

主婦なのに!とお叱りを受けそうだけど、子供達と私だけなら超和食(鯖を焼いたのとお味噌汁とか)でいいけど、魚はシャケと白身魚しか食べられない旦那。しかもイギリスのスーパーで買える魚の種類は限られており、メニューが限られてしまう。

ちなみに、スーパーにはすでにパックされた魚も売っているし、大きいスーパーだと店内に魚屋さんみたいのがあり、氷の上に切り身が乗っている。普段と違う魚を買いたいなーと思って行ってみたら、「たくさん種類あるけど、どんなのが好き?」と言われたものの、ちょっと次元の違う「種類の多さ」に固まってしまった。

だって切り身は大きく分けてタラなどの白身魚x3種類とシャケ、マグロくらいなどしかない。なのに、お店の人は「たくさんある」という。聞いてみると、タラの切り身、スモークされたタラの切り身、スモークした上に黄色く色付けされたタラの切り身(見栄えがいいから、とか言ってたけど。。。w)で3種類あると思っているらしい。私にしてみたらタラ=1種類。鮭もチリパウダーがかかったやつ、中にバターが入ったやつ、などいろんなバリエーションがあるものの、日本人からしてみたら鮭は鮭。アジとかぶりとか鯖とかないもんか?

マーケットに行けばあるけれど、普段はスーパーで事足りるので、結局赤身か白身か、のレベルになってしまう。

脱線しましたが、というわけで旦那がいるときはボリュームもあって、みんなが喜ぶようなものを作ることになるのでちょっとめんどくさい。

出張とか、今日は地方に行くから(うちも地方だが)遅くなる、となると万々歳。子供達はチャーハン、私はつまみ系、とか、旦那が苦手な鯖をがっつりメインにしたりとかできる。しかも食費もかからない。年に1、2回ほど1週間中国に出張があるんだけど、そのときなんて幸せ〜(笑)ご飯は適当だし、夜も完全フリータイム(いつもだけどw)。

長期出張とか単身赴任とかないものか。と旦那に言ったらえらく凹んでた。

そんな今日もイギリス南部に日帰り出張。がっつり鯖ご飯にしましたよ。そしてワイン片手にこれを書いているのです。そろそろ帰ってくるかなぁ。
スポンサーサイト
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。