イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
引っ越しの危機
ブリストルの引っ越し先が決まり、この2週間のうちにローンや法的手続きが済んで引っ越せるというときに、うちが頼んでいる弁護士から調査結果なるものが届いた。

内容は、「家の建っているまさにその場所は埋め立て地で、ゴミの埋め立て地だったと同時に『未知の物質』の埋め立て地に使われていたらしい」ということ。汚染物質や有毒ガスが発生する虞がないとも言えないのでプロに相談した方がいいかも。とのことだった。

『未知の物質』って何ですか?? どんなものがそれなのか。気になって仕方がない。

ブリストルからリーズに帰ってきたのは金曜日の夜。1週間分の郵便を開けていたらこれが出てきた。二人とも「がーん」。でも月曜日まで何もできない。

いずれにしても来週弁護士に電話して状況を確認しないと引っ越すにも引っ越せない。もしも入居をやめる場合はまた家探しに振り出し・・・。がーん。

ダンナは「また家探しになったらキミは『もう探したくない!今まで見た中で決めるの!きぃぃ!』ってなるんでしょ」と鋭い突っ込み。そう、さっさか決めたい私とのんびり吟味派のダンナ。

いったいどうなることやら
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

おっと、大変。
事前に防げたということでよかったとも考えられる。
しかし、未知の物質!?そんなこと言われても・・・という感じだね。
その後どうなったか教えてね~
問題ないことを祈ります。
かじ | URL | 2006/08/11/Fri 23:25 [EDIT]
>かじ
そうなの!大変なんだけど先に分かったのはいいことだったんだと思う・・・
luckycharms | URL | 2006/08/15/Tue 14:42 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。