イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
働く女性&愛すべき妻&優しいママでもいいじゃん
BBCニュースでアメリカのForbes誌の記事を取り上げていた。内容は「キャリアのある女性はいい妻にはなれない」というもの。街の声も出ていたのだけど、インド系の男性で「キャリアと結婚するか、家族と結婚するかどっちかでしょう。両方とも手に入れることなんてできないのだ」と言い放っていた人がいた。夫ではなくて家族と言っていたことに文化的背景を強く感じた。ちょっと昔の日本っぽいかも?
一方、女性たちは「キャリアかどうかではなくて、愛情や協力体制などが重要だ」と。

ニュースキャスターは女性と男性のペアで、女性キャスターも「カワイイ」というよりは「強くてかっこいい」感じ。この記事に関してコメンテーターが2名来ていたのだけど、2人とも女性。女3名対男1名でちょっと多勢に無勢な感じでかわいそうだったけど、かなり活発な議論が3分くらいの短い時間でされていた。

キャリアのある女性は男性と対等だから男性は脅威を感じる。だからキャリアの女性より、ない女性と結婚した方が安心できる。

と女性の1人がいっていた。ふむふむ。確かにそんな気もする。

キャリアがある女性は、専業主婦が家事につぎ込む時間を仕事につぎ込んでいる。でも、やり手の男性だって仕事のできない男性と比べると仕事に打ち込む時間は多いわけで、そういった意味では「いい夫」にはなれないということでは?

というコメントも。確かに!よく言った~!

コメンテーターは「まだこんな古典的な考え方の男性がこの世に存在していること自体が驚きで、珍種に違いない」と怒っていた。それもそうね。

このトピックはどこの国でも熱いのね・・・

うちのダンナは私が仕事し始めたらどう感じるんだろう・・・。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。