イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
クレーマー大魔王
ダンナは結構文句を言うことが多い。私にではない。私はダンナに文句を言うことが多いのだけど、ダンナはカスタマーサービスに電話をかけて文句を言うのがお得意。

今回はベッド。ゲストルームに置くダブルベッドは収納を増やすため、下の土台が引き出しになっているものを買うことにした。片方を壁にくっつけて置かないとスペースがないので、引き出しが片側に2つ付いているものを探していた。インターネットで購入する際に、カスタマーサービスに電話をして、両側に1つずつではなく、片側に2つ引き出しが付いていることを確認して申し込んだ。

ところが・・・・さすがイギリス。テキトーに答えたに違いない。

引き出しは両側に1つずつ。 これでは収納が不十分。

ダンナは速攻で電話。返品承りか、引き出しが4つ(両側に2つずつ)ついているものに交換(差額は払わないといけない)すると言われ,マジ切れ。 

「おたくの社員が間違った情報を教えたからこんなことになったんでしょう。土台の半分を引き出し付きのに交換してくれ」 

ええええええ~ それはさすがにどうかと思いますが!と引いている私を尻目にひたすら交渉。交換引き取りも時間がかかると言われたらしく、しまいには「来週お客さんがくるから買ったのに、こんなことなら他で買えばよかった」だって。客なんて来ませんが!? 

しまいには上の人が電話に出たらしく、差額なしで両側に2つずつ引き出しが付いてる土台を来週中に持ってきてくれることになった。

とっても嬉しそうな顔をして「ほらね~♪」だって。 よくやった!とほめてあげたけど・・・超クレーマーじゃん!

日本での彼を知っている方たち、これが知られざる彼の本性です☆

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

ま、世の中、結局「言った者勝ち」だなってつくづく思います。
Good job !
asako | URL | 2006/09/15/Fri 16:27 [EDIT]
ネゴシエーターだ‥。Sさんの新たな一面を垣間見た気がします‥。ま、でも流通業出身のSさん、ご自身もきっとお客さんのクレームを沢山受けてきたご体験がおありでしょうし、「だったら僕も!」って思うのかも(笑)?
Sさんの話しっぷり、アメリカ映画に出てくる弁護士みたい。
いやぁ、でも本当に言ってみるもんですね。相手を根気負けさせるのがコツかな?
bay | URL | 2006/09/16/Sat 01:33 [EDIT]
うん、ああ言えばこう言う魔人だとは思っていた。
お姐 | URL | 2006/09/16/Sat 06:08 [EDIT]
ホント自己主張したもん勝ちだね。頑張って主張して上手くいったときってホント嬉しいよねー。ベットって大きな買い物だもも。大きな買い物ほど慎重になりたいのに適当に応えられたらそりゃあ怒るよね!良かったね。
めえめえ | URL | 2006/09/16/Sat 06:10 [EDIT]
> asako
そう、ほんとgood job でした。クレームしてここまで実を結んだのは初めてかも(笑)

>bay
ほんとに根負けさせたって感じだったよ。だって「あなたはルール通りに応対してるんだろうから君の上司と話がしたい。get me your supervisor」って言ってた・・・私がテレオペでそんなこと言われたらちょっと悲しいかも

>お姐
そうね、確かに。そして私もああいえばこういうタイプだから家の中は結構バトルです

>めえめえ
こっちのお客様対応係は私たちを客だと思ってない節があるよ。だから「俺知らねー」って感じで答えたに違いない。
luckycharms | URL | 2006/09/16/Sat 10:59 [EDIT]
クレーマーでありながら、相手をうんと言わせる交渉術でもある。仕事では十分生かせそうだ。見習いたいわ。
きっとだんな様、仕事場ではかなりのものね。
かじ | URL | 2006/09/17/Sun 05:02 [EDIT]
>かじ
どうなんだろうね~。逆にやり込められてたりして(苦笑)
luckycharms | URL | 2006/09/17/Sun 14:32 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。