イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
発見&再発見
今日はイギリスで発見&再発見したうまうまについてです。

広告で見て探していた「冷凍むき枝豆」。やっと見つけた!
soya_cta.jpg

茶豆派の私にはちょっと物足りないけど、ちゃんと枝豆だった~♪蒸したにんじんと塩こしょうで食べたら意外とおいしかったです。そのままスプーンですくって食べてもおいしいし、何気に日本の味発見な気分。

そしてこれはイギリスじゃなくてアムステルダムの空港で買ったのだけど,昔好きだった Corte D'orのヘーゼルナッツチョコのダークチョコ版。(なぜか縦にアップロードできず)
IMGP6206.jpg

買ったのも忘れてたんだけど食べてみたら覚えていた以上にナッツごろごろでチョコもダークでうまし!ひとカケでやめるの大変でした。ソニプラとかで見た気がするのでお試しあれ。

そして最後は偶然発見したもの。アメリカのアップルソースが好きな私。これまたソニプラとかに売ってるのだけど、イギリスでアップルソースと言うとお肉に添えるソースしかなくて、ビンも小さい。多分味も違うはず。アメリカのはこんな感じ。
usa_jar_motts_natural_77.jpg

粗めにすりおろしたリンゴなんだけど、家ではどうも作れないでいた。

話はちょっとずれるけど、去年のクリスマス、お祝いしなかったため&私が日本にいたため,彼の両親から山のようにもらったプレゼントもまだ開けていない。というわけで今週末「クリスマス」をすることになりました。スープからデザートまで作るので,デザートのアップルクランブルを前日に下準備したところ,大発見!

「アップルパイ用リンゴ」を買って煮詰めてみたらななななんと!リンゴたちがマッシュポテトのように影も形もなくなっていた!ぎゃ~!!!と叫んだらダンナが来て、「そうなるもんだよ」だって。アップルパイのフィリングもクランブルの中身も歯ごたえもリンゴの姿もないぐちゃぐちゃ煮なのがイギリス風らしい。どうりでおいしくないんだ,アップルパイ。

というわけで、どこを探してもなかったアップルソースがこのリンゴでできることが分かりました。煮くずれて泥みたいにならないリンゴを探すのは今後の課題だけれど・・・
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

私もこの枝豆ダイスキ!
剥いてあるから料理にも手軽に使えて良いよね。

このまえ、『Laverbread』なる岩海苔の缶詰めを買ってみたョ。ウェールズ産!
まだ試してないんだけど自家製『海苔の佃煮』が作れるかとちょっと期待してます・・・
ロン | URL | 2007/01/05/Fri 22:37 [EDIT]
食材ってどこに行っても永遠の課題だね。。。
見た目が一緒でも味が違ったりするし。不思議よね。
昔巨大な米なすが嫌で、こぶりのなすを発見して喜んで使ったら、
すんごくすんごく苦くて、お料理まるまるダメにしたことがあったよ。
良いリンゴに出会えるといいね♪

それにしても、この枝豆には感動かも!
asako | URL | 2007/01/06/Sat 04:57 [EDIT]
>ロンさん
ウェールズの海苔,聞いたことはあるけど,買うなんて勇気ある!私は「ごはんですよ」を買いましたよ

>asako
ほんと、見た目一緒でも全然違ったりするのよね。郷にいれば郷に・・・とも思うけど,やっぱり食べ物の執着心はなかなかね
luckycharms | URL | 2007/01/06/Sat 08:53 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。