イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
悩めるところ・・・
イギリスでは無痛分娩を選ぶ人が結構多いらしい。「痛みを我慢してこそ母親の実感がわく」云々の観念もない。というか、私もない。なんて男性側からの視点かしら,と私は思ってしまう。だって10ヶ月も自分の体の中で育てて、その間自分の体もいろんな変化があって,胎動を感じて・・・・っていう過程の中で母親の実感とかが湧くのではないでしょうか?

無痛分娩ではない場合でも笑気ガスなどを使えるらしいけど,「恐怖感が緩和される」などの効果はあっても痛みを緩和させるパワーはさほどないらしい。無痛分娩じゃなくても頑張れるかも!と思っていたけれど、実体験を読んだりしてるうちにちょっと自信がなくなってきた。

日本での無痛分娩とこちらのはちょっと違うらしい。大きく違うところは日本は計画出産となるため、病院に入って誘発させて、破水させて・・・というパターンが多いみたいなのだけど、イギリスは病院に行くまでは普通の出産と同じ。なので陣痛が来て,間隔が短くなって『もう病院に来てください」と言われてから行って・・・という流れらしい。

なので全く痛くないわけではないらしい。それはいいんだけど・・・こっちの麻酔が効き過ぎたりしないのかしら?とかも心配。下半身の感覚がなくなると陣痛も感じられなくて押せなくて時間がかかって・・・と更なる問題が発生しないこともないらしい。

ダンナは君のチョイスだからどっちでも支持すると言ってくれたのだけど,前に助産婦さんに聞いた時,なぜか反対されたのよね。産むのは私なのに~。もう一度いろいろ聞いてみなくては。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

陣痛ですでに相当痛いらしいからね。。。
最後の最後に麻酔って意味あるのかしら?って思ってしまうよね~
と言いつつも私は経験がないからわからないしな。
皆の話を聞いてると、いざ自分が挑むとなったら怖くなっちゃうかも。
イギリス式体験談をしっかり要チェックだね!
asako | URL | 2007/02/14/Wed 14:21 [EDIT]
>asako
Yの壮絶な話とか,NYのN子の長時間出産とか聞いてると,緩和できる痛みは緩和しようかと・・・。どうやらお産は3段階らしくて,だいたい第2ステージ以降が最高潮に痛いらしい。病院に着いたらすぐ麻酔を頼む人もいれば、2時間ぐらい粘ったけどもうダメ~ってなる人もいるみたい。
luckycharms | URL | 2007/02/14/Wed 15:49 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。