イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
憤怒けいれん~その後
れいなが憤怒けいれんを起こしたことはこちらに書いた通りですが、数日前にまたやったのでGPに連れて行きました。

「Breath Holding Spellsが出てるみたいなんですけど」と言ったら、「え?何が?」で始まった問診。もちろんちょっと不安になりました(笑)

どんな状況でどんなことが起こるのかを説明したら先生はおもむろにPCに向かって入力。見てみると「GPオンライン」とかいうシステムで調べて一生懸命読んでる!

そしてしばらくして「ん~特に何をしなければいけないとかということは書いてなくて、たいてい2歳くらいまでには収まりますから」だって。

それくらいのことはネットですでに調べ済み。経験した人とやりとりしたりもしたし。でも貧血の恐れもあるって書いてあったので血液検査をしてもらった方がいいかも、と思ってそれも言ってみたら、

「でも貧血のようには見えませんよ。」だって。

みるからに貧血じゃあもう重度でしょうが・・・。

というわけでここで先生に匙を投げた私(笑)。貧血の気が出た場合はどこを見ればいいのか(下瞼の裏の色とか)を聞いて帰ってきました。

日本だと貧血かどうかを見るために血液検査、最悪の場合のため脳波のチェックもしてくれるらしい。ああ、小児科に直接かかれる幸せって・・・こんなにも遠いものだったのね。
NHSは無料だけど、私は毎回診察料を払ってもいいから日本のようにすぐに専門医に見てもらえるようなシステムの方がずっといい。

GPは町のお医者さん、みたいな感じなので自分が病気になっていっても何か見落とされる気がして不安で仕方がない。これから年を取る一方なのに、この国に住むのは心配です。

<本日のれいな>
本を引っ張りだしていたら埋もれてしまいました。
DSC_0788.jpg


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

プライベートに行くっていう手もあるけど、
まだDrop-in Clinicに行ってます?多分毎週2回くらい、
子供を連れてHVに会える時間が
クリニックにあるはずなので
そこでHVに色々と聞いてみるっていうのはどうでしょう?
UNO | URL | 2008/03/01/Sat 10:05 [EDIT]
GPってこういうときは困るね、ホント・・。
NHS DIRECTに電話してみたら?Nurseだけど、もっと親身に話を聞いてくれるし、そこであやしいことがあったらGPにReferしてくれるから、彼らももっと真剣に扱ってくれるとおもうけど。
私はGPシステム嫌いじゃないよ。風邪ひきました・・て、行って、ついでに、間接がおかしい、とか、ここの皮膚がただれてるんですけど・・・って、日本では、内科、整形外科、皮膚科・・と、ばらばらに訪れなければいけないのに、ここはGPが全部やってくれるから・・・。
ひよ | URL | 2008/03/01/Sat 12:48 [EDIT]
今参加してるママ&ベビーのグループの一人のママさんのベビーガールがその症状になって失神してしまい救急車で運ばれたそうです。

そのママさんはその時のことをグループでHVや私達に話したのでその時はその症状についてHVの方が説明てくれました。

うちGPのドクターは何でも知っててとても頼りになるんですが、もしGPのドクターがいまいちなら近くのベビークリニック(週1とかでHVが開いてるもの)でHVさんに相談した方がよく知ってると思いますよ。
choux bun | URL | 2008/03/01/Sat 12:55 [EDIT]
>UNOさん
もう行ってないの(笑)、しかもbaby swimmingと重なってて。でも行ってみようかな。

>ひよさん
そうね。実は昨日もあのあとやったのよ・・・今回は結構ひどくてビビった。今度したらNHS Direct電話してみよう。
GPの使い方、確かにそういう手もあるよね。
>choux bunさん
確かにHVの方が子供のことならもっとよく知ってそうですね。今度行ってみようかな
luckycharms | URL | 2008/03/01/Sat 16:32 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。