FC2ブログ
イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
春の雪
三島由紀夫作『春の雪』を読みました。
映画で観ようかと思ったのだけど、”映画化は無理と思われた作品”云々と宣伝されていたので、自分のいつものルール通り、原作を先に読んでみた。

三島由紀夫の本はそれまでも何冊か読んでいましたが、ちょっと難しくていつも結末を読んでも”ふーん””三島文学を読んだわ”という気持ちにしかなりませんでした。今回もそうなのかしら?と思って本を買おうと思ったらなんと4部作なんですね・・・知りませんでしたw

というわけで4冊買って、一冊目の『春の雪』をニューカレドニアにもって行きました。冒頭から人物の性格、考え方などを精緻に書き連ねてあって、”おお、三島文学に帰ってきた~”と思いました。

竹内結子が演じる聡子、妻夫木聡が演じる清顕の感情の動きが事細かに書いてあり、確かにこれを演じきるのは大変だろうな~と思って読み進めました。

映画の予告からは想像もできない結末でした。聡子の心理・行動は理解できましたが、結末はやっぱり”ふーん・・・こう締めるのか”という気持。

私には難しすぎるのかな?あと3冊頑張って読みます。映画も是非観たいです。観た方、いかがでしたか?
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。