イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
クリスマスとエコの関係
うちの義両親のクリスマスはすごいです。何がってプレゼントの数。

『何が欲しい?』と聞かれ、1つだけ答えた一昨年。「あとは?」「あとは?」と次々聞かれ、3つくらいリクエストを出しておいたのだけど、結局もらったのはその3つに加えてチョコレートの箱やらカレンダーやらで多分5,6個は楽に超えていたと思う。

クリスマスのために9月くらいから少しずつ買いだめしておき、当日はダダーン!!とプレゼントの山、という何ともイギリス人らしい(というのかしら)やり方をする彼女たち。れいなにもひたすら買おうとするのでむやみやたらに物をもらっても・・・と思うのだけど、去年もリクエストしたもの(これだけでも5,6品)に加えて勝手に買う小物たちを合わせるとやっぱり10個は超えていたような。

今年もどうやらそのパターンらしい。ああ、憂鬱だなぁ。はっきり言っていらないものをもらったときが一番困る・・・なんて恩知らず?できれば気持ちだけもらっておきたい。

大人のプレゼントは何が欲しいかはっきり教えてもらって、それを用意する/自分たちで買っておいてあとで精算(何だかとてもビジネスライクですが、欲しいものがちゃんと手に入るので実はよい)するようにしてます。それでもそれ以外にも義両親からは来るのでやっぱりすごいことに・・・・。

私たちも用意したプレゼントを包んだのだけど、3 for 2で買った4mのラッピングペーパーの筒の3本目がすでに終わりそう。これはどういうことなのか。。。ちなみに去年のクリスマスプレゼントはこんな感じ。
IMGP7348.jpg

ちなみに義両親&うち&義妹家族(子供1人)です。今年はもっとある気がする。
せめて巨大なツリーがあったらまだ雰囲気が出るのになぁ。

今年も25日の朝のリビングで姪が大喜びでプレゼントに書いてあるラベルを読んで、それぞれの人に渡していくんだろうな。そして捨てられるラッピングペーパーの量はハンパないんだろうな。そりゃそうだ、4mロールがうちだけで3本なくなったんだから・・・。リサイクルに出すとはいえ、この1日のためだけにもったいないなぁと思ってしまうのはワタシだけでしょうか。
スポンサーサイト
© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。