イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゆき!なのに出かけなくちゃいけないなんて
ここ数日寒い日が続いていると思ったら、ロシアの方から寒波とともに雪がやってきました。イギリス東部や北部はかなり降っているみたいだけど、南西部ブリストルはうっすらと積もってる感じ。

とはいえ、イギリスらしく?ダラダラと吹雪いてみたりやんでみたりが一日続いています。

DSC_0183.jpg

ちょっと吹雪いてみちゃったりも。
DSC_0187.jpg

こんな日は確実に引きこもり決定なのに、今日に限ってミッドワイフ(助産師)の検診の日。しかも12週ぶりの!! 

というわけでまっすぐの道を歩いて10分のところにあるクリニックですがもちろん車で行ってきましたよ。

エコーしてくれるわけでもなく、尿検査、採血、血圧と子宮低長を測ってベビの心音を聞いて終了。次は6週後です。

イギリスでは、初産の場合、出産まで10回、経産婦の場合7回検診があるのが標準らしいです。妊娠するとそのクリニックでMaternity NotesというA4サイズの冊子を渡されます。妊娠中の基本的な注意事項などが書いてあって、検診の度にもっていってミッドワイフに血圧やらを記入してもらいます。

たいていミッドワイフのいるクリニックと、実際に出産する病院とが異なるため、出産のときにも忘れずにこの冊子を持って行きます。

れいなのときには、分娩中こと細かに進行具合などを書き込んでいて、『イギリスもやるな』とか「これ、すごい思い出になるじゃん!」と思ってたのに、出産したら記録のためとかなんとかで没収されました・・・。一目でいいからみたかった~。

ちなみに、子供が産まれると今度は通称Red Bookという冊子を渡されます。いわゆる母子手帳で、子供の体重、検診、予防接種などを記入してもらうものです。これもいつか没収されちゃうのかなぁ。

というわけで、次の検診は出産がもっと間近になった34週です。2人目だからまあいいか、と思うけど、やっぱり日本みたいに4週ごととか検診してもらうのもいいよなぁーなんて思ったりもするのです。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

No title
えええええ。遅ればせながら、おめでとうございます。
お二人目ができたとは、知らなかった!
お元気ですか?
ブリストルもスゴい降りましたねー。
今日、ASDA、パニックの買い物客で一杯でしたよー。
クリスマス時期もそうだけど、イギリス人、すぐパニクります。
UNO | URL | 2009/02/06/Fri 19:12 [EDIT]
No title
>UNOさん
お久しぶり♪元気ですよー。
そういうUNOさんも今日ASDAに行ってたの??
この前JUMPで会ったときもあんまり話す時間なかったから2人目のこと言ってなかったんだね~。4月末だからもうすぐだよー。
luckycharms | URL | 2009/02/06/Fri 19:38 [EDIT]

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。