イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ストレス性膀胱炎
私じゃありません。実家で飼っているミニチュアシュナウザーのこはるです。この1年ほど結石の手術をしたり、目が悪くなってきてたりと9歳になってだいぶおばあちゃんになってしまったこはるですが、れいなとのあがきてかなりストレスがたまっている様子。

血尿がでた!と父が獣医さんに見てもらったところ、『急性膀胱炎』とのこと。『孫が来てるんだよね』って言ったら『あ~、そのストレスだね』だって。

確かに目が見えなくなってきてる分、動きの急な子供が怖いのは分かるし、れいなものあもこはるが近くに来るとすかさず手を出して触りたがるからすごい嫌な目に遭ってるんだと思う。

れいなはやたらと「こはるー、ジャンプして遊ぼ~」とか、「こはるも一緒に○○しようよー」とか友達みたいに話しかけるので目が見えなくなってるこはるは怖いみたい。

CIMG2029.jpg
『チャーンス!』

でもこはるも時々れいなに噛み付く真似をしたり、のあが遊ぶプレイマットの上におしっこをしたりとちゃんと仕返しはしている様子。そしたらじいじ、「そうか~かわいいなぁ~」だって・・・じいじ、変わったのぅ。

あまりにストレスがひどくなったら隔離って病院で言われたらしいけど、まだ1ヶ月半以上いるからねぇ、こはるには頑張ってもらわなくちゃだめかな。


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。