イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Piccalili
220px-Piccalilli.jpg



Sunday Dinner (1/29参照)で書いた、Picaliliについてです。辞書をみたら、Piccaliliとのこと。そして説明の一番下に”正しいスペルは c が2つ。よくPicaliliと c を1つと間違える人が多い”と…そりゃ私のことです。

さて・・・その辞書によると、Piccalili(ピカリリー)とは細かく切った野菜とマスタードをピクルス状にしたもの。野菜はキャベツ、ガーキン、カリフラワー、オニオンが使われることが多い。これらの野菜をマスタード、ビネガーやターメリックなどにつけ込む。

ふむふむ。がーきん って何?? 

お肉の付け合わせに使われることが多く、その発祥は18世紀、イギリスかインドとのこと。

ちなみに、ガーキンとは、ミニキュウリのことでした。ピカリリーといい、ガーキンといい、”食べ物で遊んじゃいけません!”みたいな名前です。

味は、酸っぱ甘酸っぱいというのが的確(?)かどうかは別として、意外と茹でた野菜と食べても、お肉につけてもおいしいのです。見た目はすごいけど。ピクルス嫌いな私は、ピクルスを避けてタレだけをすくって食べています。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

読んだだけで唾液が沸いてきました。
夜食を食べ出さないうちに寝るとしましょう。
お姐 | URL | 2006/01/30/Mon 15:48 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。