イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イギリスの教育制度
イギリスでは3歳になってからの9月より国の補助金で保育料15時間相当が無料になります。それはチャイルドマインダー(正式に登録されてるベビーシッターのようなもので、たいていその人の家で子供を見てくれます)でも、託児所でも、公立の保育園(ナーサリー)でも使えます。

ちなみにイギリスの教育システムは、何だかとても複雑(な気がする)。

3歳の9月:ナーサリー(上に小学校がつながってる場合がほとんど。学校に直接申し込む、週15時間)
4歳の9月:レセプション(フルタイム6時間?ここからは入学は自治体に申し込む。学区あり)
5歳の9月:Year 1(いわゆる小学校1年生)スタート

ただ、1日子供を預かってくれたりする、0歳児から預かってくれる保育園もあるし(ただし高い)、3歳の9月から教会などで週に何回か(午前か午後、とか)で価格も安めのナーサリーもあり。こういったところに行かせる人もいるし、れいなのように小学校にそのまま上がれるナーサリーに行かせる人もいます。

そして私が今いる地区では、

Infant School:3歳~7歳まで→Junior School:7歳~11歳→Senior School:11歳~何歳だ?(爆)

または、
Primary School:3歳~11歳まで→Senior School:11歳~

のどちらかのコースを進んでいきます。

来年の9月からレセプションのため、自治体から手紙が来ました。1月までに希望の学校上位3校を書いて申し込みます。この学校があなたのCacthment(学区)ですよ、と書いてはあるものの、他の学校を希望してももちろんOK。我が家は、大通りに出て右に行くとその学区の学校で、左に行くとれいなが通い始めた学校があります。住宅の感じも歩いてる人の感じも左の方が良さげ(笑)

日本にいるときは感じなかったけど、イギリスでは近所を歩いてる人を見ると何となくその人が属するグループみたいのが分かる。それぞれの学校の成績とか、調査報告を読むと、やっぱり良さげな学校の方は入った時点での子供たちのレベルが全国平均以上。イマイチな方の学校は、入った時点のレベルは平均以下。全国の平均より低いって結構不安・・・

イマイチな学校の方が150mほど遠いのに、学区校との連絡があったのだけど、うちはいい方の学校に行かせたいのでそちらのナーサリーに入れ、そのまま上がれるように願っている訳なのです。

自治体の係の人に問い合わせたところ、約束はできないけれど、その人が働いている間でナーサリーからそのまま上がれず、違う学校に通うはめになった子はいなかったということなので、どうか最悪の事態は免れますように・・・

第2、第3希望も近所にある(でも歩いては通えない)、そして学区校よりも成績/調査報告のよいInfant schoolを選びました。infant schoolから次に上がるjunior schoolもうちの地区は結構優秀なので、子供の出来はどうであれ、いい学校を確保したいなーというのが実体が分からないながらの親のもがきなのです。

ところで、れいなも月曜日からナーサリーに通い始めましたが、それについてはまた改めて。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

れいなちゃん、よさげなナーサリーが家の近くにあって良かったですね!3歳だから日本で言う3年保育の幼稚園の年少さんですね。幼稚園から小学校にトコロテン式に上がれるのは凄くメリットありますよ。長男が偶々そんな感じだったので、小学校に上がった時クラスの半分以上は顔なじみで凄く楽でした。

私も帰国して次女の幼稚園を横浜の青葉台で捜していた時は、色んな幼稚園に子供達を見学に行きました。子供達がきちんとしていて生き生きと楽しそうにしている所を選びました。ちえさんが上で書いていらっしゃる事、凄く日本と似てますよ、皆制服だしね。イギリスも日本と同じ島国で小国だからでしょうね。日本も学校のカラーがあるから選ばないと子供は周りの影響を受け易いから学校選びは慎重ですよ。。アメリカはやはり大陸だからちょっと違ってますよね。それに親達も学校にかなりインボルブさせられるからガラス張りで何でも凄く分かり易いし。私、今は息子の学校の事何一つ分かりませんよ。分からなくても回っていますが(笑)アメリカじゃ、こんな事ありえませんからね。
はら | URL | 2010/11/02/Tue 21:29 [EDIT]
ホント。
私も子どもができるまでプライマリースクールとジュニアスクールとインファンとなんかの違いがわからなかった(恥)

こちらもなんだか複雑だけど、まぁ田舎だからチョイスなし。カソリックの学校もあるけど、もちろんカソリックじゃないしね。
こちら、キンダーが4歳からで、しかも学費が要る・・・3歳児は週2回いけるんだけど、これも学費が。
この点はイギリスのほうがいいなぁ・・・
てるこ | URL | 2010/11/03/Wed 06:25 [EDIT]
なるほどねぇ
国によって、いろいろ制度が違うんだね。
やっぱり、悪いけどできるだけいい学校に入れたいっていうのは
親として当然だよね。
私も子供がいたら絶対私立に入れるもの。引っ越ししてでも。
うちの地元の公立は最悪だからさぁ。だからこんな大人になっちゃったわ(笑)
元OPS | URL | 2010/11/03/Wed 06:48 [EDIT]
15時間無料保育なんてうらやましー!フルタイムで働いてたって保育料半分近く返ってくるってことよね。いいなーいいなー。アメリカもほんとこういうところに税金使って欲しい。

うちのところは、5歳でキンダー(キンダーといってもお勉強や宿題が始まるので、日本の小学校1年に相当)行くまで全部自腹だよ~ 今住んでるところは学力の差(=貧富の差?)が激しいから、レベルの高いプリスクール(幼稚園)は値段も高いし。アメリカの教育ってほんとお金次第だから、先生の質も生徒の質もお金がある人とない人の差は歴然で、これがすごい嫌。

日本だと小学校くらいまでは、どこの学区に行ってもほぼ同じ、それなりの教育が受けられるよねえ?イギリスの教育事情の話も、興味深い。また聞かせてね。
Reiko | URL | 2010/11/03/Wed 14:42 [EDIT]
>はらさん
引っ越すときに公立校のレベルが小中高と比較的高い地区を選んだんです。でもやっぱり私立とは比べ物になりませんね。親がたくさん関わる学校っていいですよね。こっちはもっと厳格というか、古い感じがしますよね。いろんな理由からちょっとアメリカに引っ越したい気持ちが高まってます(笑)

>てるこさん
AUSは無料じゃないんだ?!日本みたいだね・・・それも辛いかも知れないw ほんと国によって全然違うんだねー。

>元OPS(お姐、笑)
うちも本当は私立に入れるつもりだったのよ。だからこの市を選んだの。でも3歳から18歳まで、しかも2人を私立にやる金額を計算して一瞬意識が遠のいたわ・・・で、もっといろんな経験をさせるためにお金を使おうってことになって公立の道を歩むことにw 
こんな大人って・・・お姐は立派な大人ですよ

>Reiko
アメリカのキンダー=イギリスの1年生と同じだね。こっちも5歳になった9月からなの。でもその前が有料っていうのは辛いねぇ。日本と同じってことだね。イギリスはその点公立校のナーサリーは無料だけど、仕事してない私なんかは午前3時間保育でも支障ないんだよね。一日預かってくれる方が嬉しいけどね(笑)
アメリカの学校にそんなに格差があるのにはびっくり。貧富の差もすごく激しい国だもんね・・・
luckycharms | URL | 2010/11/03/Wed 17:22 [EDIT]

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。