イギリス北東部での生活について。2007年6月に女の子を、2009年4月に長男を出産しました。2012年12月生まれのミニチュア・プードルもいます。イギリス北東部ヨークシャー地方に住んでいます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
みんなどうやって?
クリスマスが近づき、れいなもナーサリーからたくさんのクリスマスカードを持って帰ってくるようになりました。れいなは家に帰ってきてバッグを靴置き場にしまってくれるので、毎日バッグを開けて中身チェックするのを忘れてしまいます。

で、今朝たまたまバッグの中に手袋が入っていることを思い出して開けたところ、カード数枚と紙切れが入ってました。最後にバッグの中身をチェックしたのは・・・水曜日かも(爆)

DSCN0564.jpg
これ全部れいな宛て~

で、紙を読んでみると・・・がーん。パーティーの招待状でしたぁ。その時間はれいなのスイミングが入っていたので結果的には行かれなかったのだけど、返事もしないままになっている上に、ナーサリーに送りに行かなくちゃいけない。でも子供の顔はおろか、母親もどの人か分からない・・・

とりあえず送りに行って、れいなに「○○ってどの子?」って聞いてみたんだけど、「いないよー」と何とも頼りないお答え。

で、仕方ないので家に帰って書いてあった携帯にメールを送りました。

不思議なのは、れいながもらってくるカードに「Leina」とちゃんと名前が書いてあること。どうやって名前を知るんだろうー。こっちなんて数名しか名前知らないのに。

仕方ないので、もらったカードにお返事する形でクリスマスカードを書いています。

んー、みんなどうやってるんだろう。9月から学校にいればみんな覚えられるものなのか?ろくにあいさつする人もいないから覚えられないのかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

先生に
先生にね、生徒の名前リストをもらうのよ。(爆)
「カードを書きたいからリスト頂戴」
って。それで、「招待状もらったんだけど○○てどの子?」って。

でもよほど仲良しじゃなければうちはパーティーの連絡は携帯だった。
子供が始めての学校ってホントわからないことだらけ~!
先生にクリスマスプレゼントもっていったり、学年末のプレゼントもっていたりも知らないとかなり気まずいんだよね・・・
てるこ | URL | 2010/12/13/Mon 21:57 [EDIT]
ウチのナーサリーは親が見学(参観)できる週が割り振られてて、クラスごとの子供の名前と参観予定が書かれた表を入学してすぐ貰ったよ。

んで、カードを書いて纏めて先生に渡すと子供が毎日家に持って帰る連絡用のファイルに入れて渡してくれるの。

この時期は先生たちも大変なんだろうね(笑)
ロン | URL | 2010/12/13/Mon 22:03 [EDIT]
>てるこさん
なるほど!攻めていかなくちゃいけないのね~

ほんと全然分からないことだらけだよー。しかもママ友いないし(笑)
先生に感謝する日(週?)みたいのもイギリスにはあるよね??いつなのかもしらないけどw

>ロンさん
へーいいナーサリーだね。うちはバッグにどかっと入ってくるだけー。ママ友もいないしね・・・ははは。
luckycharms | URL | 2010/12/14/Tue 20:28 [EDIT]
そうそう。私もはじめの年は、えええどうやって??って、びびっていましたよ。
今年は、クラスのドアの前に子供の名前のリストが張ってあった。
でも、全員同じ日に来てるわけじゃないから、いったいどの子?ってカンジなんだけどね~。
娘に聞いても、よっぽど仲のいい子でない限りは「フレンドじゃない」とか「知らない」とか言うし・・・。じゃぁ、どうしてこの子からカードが来るのよ??っと、なんか詰問してしまったり・・・。

私もよくあるよ、招待状に気づかないこと。そして後ほど陳謝する・・・でも、Textなんだけどね。
ひよ | URL | 2010/12/14/Tue 21:08 [EDIT]
>ひよさん
そうかー。やっぱりぼやっとしてちゃだめなのね。ほほほ。
結局テキストで謝ったんだけど、その後もどの人か分かんないのよね(笑)白人じゃないのは私だけだし、れいなのママは私って分かってると思うんだけど、向こうからも声かけてくれないから。ってもしかして向こうもどれがれいななのか分からないのかもねー
luckycharms | URL | 2010/12/14/Tue 21:11 [EDIT]

© ヨークシャーの片隅から. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。